2005年 3月号

特集 : 障害児教育のこれから

-一人一人のニーズに応じて-


 近年、障害児教育においては、児童生徒等の障害の重度・重複化や多様化、より軽度の障害のある児童生徒等への対応や 早期からの教育的対応に関するニーズの高まり、高等部への進学率の上昇、卒業後の進路の多様化などが進んでいます。
その中で、柔軟で弾力的な制度の再構築、教員の専門性の向上と関係者・機関の連携による質の高い教育のためのシステム作り などの検討が進められています。
   そこで、本号では、特別支援教育の考え方や障害の多様化への対応等についての研究者の 論文、学校における実践などを通して、一人一人のニーズに応じたこれからの障害児教育の在り方について考えます。

特集論文  「特別支援教育」とは  独立行政法人国立特殊教育総合研究所
 企画部総括主任研究官
                        (政策調整)
 藤 本 裕 人
 本県の障害児教育について  神戸大学発達科学部教授  中 林 稔 堯
 新たな職域の開拓を目指して  県立こやの里養護学校長  大 林 惠 子
施策解説  本県における障害児教育の取組  県教育委員会事務局
                 障害児教育室長
 小 田 繁 雄
 兵庫県立障害児教育センター
      (ひょうご学習障害相談室)の
                        主な事業等について
県立障害児教育センター
随  想  聴覚障害学生の心理的成長と
                                 支援について
 兵庫教育大学大学院
        連合学校教育学研究科
 甲 斐 更 紗
 先生,僕らもサッカーがしたい!  県立いなみ野養護学校教諭
 県知的障害養護学校
         サッカー連盟事務局長
 市 位 辰 三
 目や耳の不自由な子どもたちも
    いっしょに楽しめる「共遊玩具」について
 株式会社トミー
                 社会環境チーム
 社団法人日本玩具協会
              共遊玩具推進部長
 高 橋 玲 子
実践報告  分教室の取組  県立のじぎく養護学校
           わかあゆ分教室教頭
 吉 田 義 明
 川西養護学校教育相談部の取組  川西市立川西養護学校教諭  橋 本 正 巳
 家庭・学校・地域のつながりを深める
                                         交流教育
 小野市立河合小学校教諭  藤 原 秀 文
 活き活きと生きる力を育むために  三木市立三木中学校教諭  山 内 忠 昭
特別企画  平成16年度グリーンスクール表彰   県教育委員会事務局義務教育課
えすぷり  本創りの夢の周辺  株式会社いしずえ編集部長  早 崎    勇
かるちゅあ  野生動物の保全と動物園  神戸市立王子動物園
       動物科学資料館調査役
 博士(医学)獣医師学芸員
            CBSG日本メンバー
 権 藤 眞 禎
魅力あふれる授業づくり  文化財に関心を持たせる日本史授業  県立御影高等学校教諭  水 嶋 正 稔
教職員の
メンタルヘルス
 躁病(躁状態)について  神戸大学大学院助手
 神戸大学医学部附属病院
              精神科神経科医師
 山   本  泰  司
連載講座  実践「心の教育」(58)
     学校教育とカウンセリングマインド(10)
 県立但馬やまびこの郷
     主任指導主事兼指導課長
 福 本 千 歳
連載研究  「総合的な学習の時間」の授業づくり(54)
   地域と連携した
              「総合的な学習の時間」の取組
 家島町立坊勢中学校教諭  古 好 貴 智
土と芽  五孔のしらべ  明石市立野々池中学校教諭  寺 岡 錠 平