2005年1月号

特集 : 受け継がれる震災の教訓

-震災から10年を経て-


本県では、阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、学校防災体制の整備・充実、震災に学ぶ防災教育の推進、心のケアの3点を柱とする「新たな防災教育」の取組を進め、命の尊さやボランティア精神の大切さ、他者を思いやる心など、豊かな心を育む教育を推進してきました。
   震災から10年を経た今、本号では、震災と復興を通して学校が築いてきたものや何を受け継いでいくべきかをとらえ直し、震災の教訓をふまえたこれからの教育の在り方について考えます。
  

巻頭言  新しい年を迎えて 兵庫県教育長   武  田  政  義
提言  震災から学んだこと 文化庁長官   河  合  隼  雄
 忘れられない1月17日 元内閣総理大臣   村  山  富  市
特集論文  防災と学校の役割 富士常葉大学長   コ  山       明
 復興から見えてきたもの 県立但馬やまびこの郷
                            所長
  馬  殿  禮  子
随想  震災で知ったこと 作家
社会福祉法人のぞみ会
    「浜風の家」理事長
  藤  本  義  一
 震災で学んだこと 俳優
NPO法人阪神淡路大震災
   「1.17希望の灯り」代表
  堀  内  正  美
施策解説  阪神・淡路大震災から10年 県教育委員会事務局  企画調整課担当課長
実践報告  学校防災体制の充実 養父市立関宮小学校 教諭   坂  本  和  宏
 震災体験を活かした防災教育の推進 神戸市立歌敷山中学校
                              教頭
  中  溝  茂  雄
 阪神・淡路大震災の教訓を受け継ぐ 県立舞子高等学校    教諭   三  浦       巡
 震災から丸10年
 EARTH発足5周年によせて
淡路町立岩屋中学校 教諭   田  中  大  善
 忘れない  あの日を!
          そなえよう  越木岩!
西宮市立北夙川小学校
                             教諭
  山  根  佐代子
えすぷり  「おじ・おば代行」がお仕事です まつい心療クリニック 院長
  松  井  律  子
かるちゅあ  小さな句読点の歴史 東京女子大学文理学部
          日本文学科  教授
  金  子       彰
魅力あふれる
授業づくり
 猪名川町の産物・特産品を教材として・・・ 猪名川町立猪名川中学校
                             教諭
  辻      真佐美
教職員の
メンタルヘルス
 適応障害について 神戸大学大学院助手
      医学部附属病院
          精神科神経科医師
  山 本 泰 司
連載講座  実践「心の教育」(56)
     学校教育とカウンセリングマインド(8)
県立但馬やまびこの郷
                       指導主事
    見  忠  宏
連載研究  「総合的な学習の時間」の授業づくり(52)
  「総合的な学習の時間」で広がる
                                        健康教育
姫路市立城巽小学校
                       養護教諭
  松  山  優  子
土と芽  生徒たちと共に学び共に育つ 県立宝塚西高等学校  教諭   門  山  和  則