2004年5月号

特集 : 安全・快適 いきいきスクール

     -よりよい学習環境を求めて-

 

子どもたちの「生きる力」をはぐくむ学校づくりを進めていくには、まず、子どもたちの生命や安全を守り、子どもたちが充実した楽しい学校生活を送ることができるように学習環境を整えることが大切です。そのためには、学校内のみならず、家庭や地域も学習環境の一部としてとらえ、ものばかりではなく、人や時間、カリキュラム等も含めて考えることが必要です。
 
そこで、本号では、学校、家庭、地域社会が連携・協力して、子どもたちが生き生きと学べる、安全で快適な学習環境づくりの方途を探ります。

 

特集論文

 学習環境デザイン

岩手県立大学
  ソフトウェア情報学部  教授

 鈴 木 克 明

 子どもの安全を守るPDCA

三井住友海上グループ
   インターリスク総研
                     
主席研究員

 小 林     誠  

 子どもの安全確保と開かれた学校

県立芦屋国際
          
中等教育学校   校長

 森 野 正 路

随  想

 子どもが主体

宝塚市立宝塚第一小学校
育友会 建て替え委員会
              元委員長

今朝丸 由 紀

実践報告

 本の力と子どもの可能性を信頼して

姫路市立豊富中学校    校長

 渡 邊 久 晃

 特色あるクラブ活動の実施について

洲本市立洲本第三小学校 
                   校長
洲本市立青少年センター所長

 船 瀬 芳 信

 インターネットテレビ会議システムを
               使った交流授業

県立こやの里養護学校 教諭

 石 丸 幸 代

 精神的健康と適応力の増進に
                              
役立つ教育相談

播州カウンセリング研究所
                 代表

 住 本 吉 章

 学習環境の整備と教師のコーディネート力

姫路市立城北小学校    教諭

 馬 場    

特別企画

 美術館の新空間
      『美術情報センター』について

県立美術館総務営業部門
   美術情報グループリーダー、
(
)ひょうご中小企業活性化
センター 産業情報部
       情報システム課長

 永 恵 信 行

 コーチング自論(持論)

叶_戸製鋼所秘書広報部
            主任部員

 萩 本 光 威

魅力あふれる授業づくり

 「書く力」を育てる取り組み

和田山町立和田山中学校
              教諭

 福 田 秀 則

連載研究

 「総合的な学習の時間」の授業づくり(45)
                 
共生社会の実現をめざして

県立西宮香風高等学校 教諭

 中 村 忠 生

教職員の
メンタルヘルス

 パニック障害について

神戸大学大学院助手
医学部附属病院精神科
                      
神経科医師

 山 本 泰 司

連載講座

実践「心の教育」(48)
           
カウンセラーと学校教育相談(3)

大阪学院大学 助教授

松 本    剛

土と芽

 夢は必ず実現させる

県立西宮高等学校教諭
県教育委員会事務局
          
高校教育課指導主事

 萩 原 健 吉