平成28年度造園科通信

造園科 花とみどりのフェスティバルに庭の展示

2016年4月29日(金)

加古川の日岡山公園で開催された「花とみどりのフェスティバル」のガーデニング展に3年造園科が参加しました。
テーマは「蹲踞のある庭」で、26日は「乱張」と言う石張りと石組み作業、27日は「つくばい」と「植栽」を行いました。

 

平成28年度ものづくりマイスター事業への取り組み

2016年6月2日(木)

造園科では、今年度も造園技能士を受験するメンバーを中心に5月から週に一度、厚生労働者委託若年技能者人材支援事業「ものづくりマイスター」事業に取り組んでいます。今年は3級受験者が過去最も多く20名、そして2級受験者過去最も多く8名の受験者います。マイスター認定講師から縄の結び方や竹垣の作り方、石の設置技術、樹木の植え付けなど授業ではなかなか学べない造園技法を細かく手ほどきを受けながら学んでいます。この活動は7月下旬まで行います。

 

2年造園科 レタリング検定に挑戦

2016年6月5日(日)

日ごろ授業で造園図面作成のための基礎学習として、レタリング検定に挑戦しました。文字を大きくして、正確に写し取る技術や用紙にペンで墨入れする技術を生かし、今後の造園製図に役立てていきたいです。

 

3年造園科 淡路・神戸見学研修

2016年6月6日(月)

淡路景観園芸学校、淡路花さじき、ノエビアスタジアム神戸の3か所に見学研修に行きました。淡路景観園芸学校では、景観園芸や園芸療法などについて講義を受けた後、学校内の施設を見学させていただきました。5感を使った庭などを体感することが出来ました。
淡路花さじきでは眼下に広がる景色を楽しむことが出来、緑化空間の持つ癒し効果に触れることが出来ました。
ノエビアスタジアム神戸では、スポーツフィールドの管理について教えていただきました。特に芝の管理では、プロの厳しさとよりよい環境を目指す向上心を教えていただくことが出来ました。大変良い研修になりました。

 

3年造園科 有馬実習

2016年6月13日(月)

環境マネジメント類型と都市プランニング類型のメンバーが有馬ロイヤルゴルフクラブに花壇苗植え付け実習に行きました。ベゴニアやペニュニアなど私たちが育てている花苗を持っていき、クラブハウス前などに植え付けをしました。
とても広く、またグリーンがとてもきれいで、とても印象的でした。

造園科2年 明石公園・庭園見学

2016年8月19日(金)

明石公園に庭園見学に行きました。明石公園は県農の発祥地として石碑があります。また、屋上庭園では効果や施工・植栽の注意点を学び、武蔵の庭では滝や亀島などを見学することが出来ました。

1年造園科 庭園見学 姫路好古園

2016年8月22日(月)

8月22日(月)に、1年造園科が姫路・好古園に庭園見学に行きました。
庭園規模の大きさ、たくさんの種類の灯籠や生垣に驚き、姫路城を借景にしたお庭に感銘を受けました。日ごろ授業で学んだことを、実際に見ることでさらに知識を深めることができました。

造園科3年 相楽園・庭園見学

2016年8月26日(金)

神戸・相楽園へ見学に行ってきました。都市部にある回遊式庭園として有名で、ハッサム邸などの洋館や船屋形といった貴重な文化財も庭園と一緒に学ぶことも出来ました。

造園科 高校生花とみどりのガーデンショー

2016年9月14日(火)

淡路花祭[秋]をテーマに淡路島各種で行われるイベントの一環として「淡路花さじき」を舞台に「高校生花とみどりのガーデンショー」が開催されます。このイベントに造園科メンバーが代表して「石を中心にした庭」を作庭してきました。小雨降る中の作業で大変でしたが、日ごろ練習している石組みや石張り技術をふんだんに使いました。
開催期間が09月17日(土)〜11月06日(日)と非常に長いので、機会があればぜひ足をお運びください。
詳細は「淡路花祭2016秋」のHPでもご確認いただけます
http://www.awajihanamatsuri.com/event/detail.php?t=e&k=1408085291

造園科 2016ひょうごまちなみガーデンショーin明石

2016年9月23日(金)

【環境マネジメント類型】:シンデレラをテーマに洋風ガーデンを作成しました。最初は不安いっぱいでしたが、お城も一から作り、植栽もヨーロッパ風を意識してデザインしました。華やかな庭が出来たと思っています。楽しんで見てもらえると嬉しいです。
【造園スペシャリスト類型】:和をテーマに作庭をしました。造園業に就職する予定のメンバーもおり、今回初めて石を割り、乱貼りにも挑戦しました。今持っている力を出し切った庭が作れたと思います。
明石公園で10月2日まで展示されています。立ち寄られた際にはぜひご覧ください。

造園科 2016ひょうごまちなみガーデンショーin明石

2016年9月26日(月)

ガーデンコンペ部門にて最優秀賞(明石市長賞)受賞!!


ひょうごまちなみガーデンショーのイベントの一環のガーデンコンペ部門に造園科造園スペシャリストコース5名が作庭した庭が、最優秀賞に選ばれました。
日ごろ練習していることや、図案から構成→製図→材料集め→構成(事前組立)→作庭まですべて自分たちの力で考え、やり遂げたことが評価され嬉しいです。
開催期間が9月24日(土)〜10月2日(日)までと短いですが、機会があればぜひ足をお運び下さい。

詳細は「ひょうごまちなみガーデンショーin明石」のHPでもご確認いただけます
http://www.hyogohanamachi.jp/gardenshow/

造園科 「ものづくり兵庫」技能競技大会出場

2016年10月1日(土)

この大会は、若年技能者(おおむね35歳まで)の技術向上推進のために、兵庫県下の技能者を集い、毎年1回開かれる大会です。造園や大工、溶接など各種部門があり、本校造園科1・2年各2名が造園部門に代表として参加してきました。
緊張して、日頃の練習成果を出しきることは出来ませんでしたが、良い経験をしました。
結果は12月2日にインターネットにて発表されます。 兵庫県職業能力開発協会HP

造園科 第54回技能五輪山形大会(造園部門)

2016年10月22、23日(土、日)

奨励賞受賞!!


3年生造園科の2名が兵庫県の代表として、技能五輪全国大会に出場してきました。日頃の練習の成果を発揮し奨励賞をいただきました。ありがとうございました。

造園科 いなみの特別支援学校陶芸班 交流授業「多肉植物の寄せ植え」

本校造園科3年生の環境マネジメント類型12名と、いなみの特別支援学校の陶芸班10名で交流学習を行いました。陶芸班に皆さんが作ってくれた植木鉢に、本校の多肉植物を植え、オーナメントなどで飾りました。植木鉢は手作りなので、全て表情が違います。協力して作成することが出来、オリジナリティあふれる作品に仕上がりました。いなみの特別支援学校での作品展や本校の県農祭でも販売する予定にしています。
また11月4日にいなみの特別支援学校に行って、陶芸を教えていただく予定になっています。楽しみにしています。

造園科 いなみの特別支援学校 陶芸班との交流

2016年11月4日(金)

交流第2回目を行いました。支援学校を授業風景や施設を見学したあと、陶芸体験を行いました。作り方を丁寧に説明していただき、楽しくつくることが出来ました。
 2回の交流でしたが、たくさん話も出来ましたし、お互いの勉強していることを教えあうことが出来、とてもいい体験になりました。

造園科 1年総合実習 サツマイモ掘り

2016年11月10日(木)

造園科では、「農業と環境」の授業の一環でサツマイモを栽培しています。5月に植え付けしたいサツマイモを収穫しました。イモのつるを切るところから始まり、小さいころしたイモ掘りとはまた違った体験になりました。苦労した分、大きなおイモが収穫でき、嬉しかったです。

造園科3年 有馬ロイヤルゴルフクラブ

2016年11月14日(月)

春に続き、2度目の実習に行ってきました。今回はパンジー・ビオラなどの秋の花苗を使って植え付けをしました。門を入ってすぐに、「ARIMA ROYAL」と葉ボタンで描いたのがポイントです。お花を植えて明るくなったとお客様に喜んでいただけたとゴルフ場の方に聞いてとてもうれしかったです。

造園科2年 野口北小学校での交流

2016年11月15日(火)

2年造園科が、野口北小学校に行き連携事業を行いました。普段の実習を活かして、校庭のカイズカイブキの剪定、花壇の植え付け交流など、3年生の子供たちと楽しく過ごすことが出来ました。教えることの難しさを学ぶと同時に、一生懸命取り組んでもらえることの嬉しさを実感できました。

造園科 小高連携事業 平岡北小学校での交流事業

2016年11月28日(月)

造園科3年生が平岡北小学校で、校庭樹木の剪定と花壇植え付け交流の実習を行いました。昨年も実習を行った学校なので「春に花がきれいだった」と校長先生に言っていただき、とても嬉しかったです。子どもたちも一緒に楽しんで実習に取り組んでくれ、楽しいとたくさん言ってもらえました。大変貴重な体験が出来ました。

3年造園科 京都庭園見学

2016年12月12日(月)

3年造園科が京都庭園見学 に行ってきました。
見学した庭園は、枯山水庭園で有名な大徳寺大仙院、龍安寺方丈庭園や池泉回遊式庭園の鹿苑寺(金閣寺)庭園です。石や樹木の表す意味や庭から読み取れる思想などを感じながら庭園を見学することができ、冬の京都で究極の造園世界を堪能しました。

3年造園科 課題研究発表会

2017年1月20日(金)

3年間培った知識と技術をもとに調査・研究をパワーポイントでまとめ、プレゼンテーションを行いました。
庭園作成・花壇作成など、グループごとに分かれ発表が行われ、生徒たちはより専門的な知識を深めることができました。また、自分たちの発表を人に伝えることの難しさも体験することもできました。2年生も来年度に向けて真剣に耳を傾けていました。

2年造園科 エクステリア・ガーデンデザイン講習会

2017年1月24日(火)

ガーデンプランナーの先生に来ていただき、エクステリア・ガーデンデザインの講習を受けました。実際の仕事内容・施工例・デザインのポイントなどを詳しく教えていただきました。依頼者の気持ちを考え、住宅と調和させると同時に、庭を要望に合ったものに作り上げる難しさを学ぶことができました。

2年造園科 四つ目垣制作の練習

2017年2月2日(木)

特別非常勤講師として長石造園の先生に来て頂き、2年生造園科が四つ目垣の制作実習をしました。初めはロープで、結びの基本的な練習を行いました。次にシュロ縄という縄を使い、「男結び」という結び方を講師の先生に教えて頂き、生徒たちは意欲的に取り組むことができました。

造園科 県庁緑化

2017年2月3日(金)

2年造園科の7名が県庁2号館と3号館の間の通路にて室内装飾を作成しました。
テーマは「床の間と飾り棚と盆栽」です。盆栽を用いた落ち着いた作品で、多くの種類の盆栽を組み合わせて表情豊かになっています。県農の誇る盆栽を多くの方に知っていただけたら嬉しいです。
兵庫県教育委員会のHP「ワンショットニュース」でもご確認いただけます
兵庫県教育委員会HP

造園科 黒松剪定講習会

2017年2月7日(火)

2年造園科12名が、姫路造園緑化組合主催の黒松剪定作業の講習会へ行きました。場所は、「灘のけんか祭り」で有名な姫路の松原八幡神社にて行いました。造園のプロの方々に、 剪定の基礎から応用の技術まで教えて頂き、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。講習会を通じて、剪定の奥深さを知ることができ、今後の剪定実習にも活用していきたいです。

造園科 県庁緑化感謝状贈呈式

2017年2月9日(木)

造園科2年生の2名が代表し、県庁緑化の感謝状贈呈式に出席しました。兵庫県公館での厳かな贈呈式では、県農の生徒が県下の農水産高等学校の代表として挨拶をしました。県庁には、盆栽を使い床の間をイメージした壺の庭を展示しており、多くの県民の方に農水産高校の魅力や植物や自然の魅力を発信することが出来たと思います。今後も、より多くの方に、県農や農水産高校の魅力を発信する展示を行いたい、と抱負を述べることが出来ました。

造園科 2年生 四つ目垣の作成

2017年2月20日(月)

兵庫の達人招聘事業でお呼びしている長石造園の先生に、「いぼ結び(男結び)」を教えていただき、その応用として「四つ目垣」を作成しました。作成した垣を評価していただき、アドバイスなどもいただくことが出来ました。まだまだ練習しないといけない部分もありますが、学習の成果を発揮することが出来ました。

2年造園科 樹木医に学ぶ「マツ枯れ病のメカニズム」

2017年3月7日(火)

「ガーデン志方」の樹木医・志方先生にマツ枯れのメカニズムについて教えていただきました。マツ枯れ病は、マツノザイセンチュウがカミキリムシを媒介にして広がっていきます。マツ枯れは全国的に大きな問題で、その対策が重要視されています。実際に学校のマツに予防剤を打ち、生徒も体験することが出来ました。また、マツ枯れになってしまった材からマツノザイセンチュウを抽出する実験を行いました。日本の庭園にとって特別な存在であるマツを健全に生育させるためには、病害の科学的なメカニズムを知り、対策をしていくことが大事であるとよく分りました。今後も、様々な視点から造園を学びたいと思います。