植物育種研究会




活動は放課後に毎日行っています。子どもたちに自然に触れる機会を増やし、豊かな感性を育てることが目的です。生物工学科の授業で学習する植物バイオテクノロジーを応用して、主に兵庫県の県花であるノジギクを用いてわずかな花の色や葉の形の変化を観察し、品種改良を行っています。このノジギクを用いて小学校などに出前授業を行っています。