平成29年度生物工学科通信

生物工学科 ラッピング講習会

2017年4月27日(木)

園芸科と生物工学科の生徒対象にラッピングの講習会が行われました。販売実習に向けた事前の講習会です。神戸松蔭女子大学の学生さんや東播磨地域の農家の方も参加し、非常に賑やかな講習会となりました。講師の兵庫県グリーン協会の理事長の岡崎進氏も生徒の呑み込みが早いと驚いておられました。

生物工学科 母の日「花マルシェ」で販売実習

2017年5月13,14日(土,日)

5月13日(土)〜14日(日)に東急ハンズ三宮店で、母の日「花マルシェ」が開催され、本校生物工学科の生徒が、植物バイオテクノロジーで学んだ無菌培養の技術を応用し、ガラスの実験器具に多肉植物を寄せ植えした「ボトルプランツ」を販売しました。
加古川農業改良普及センター、東播磨の花農家、松陰女子学院大学の花田ゼミの学生さん、本校の生物工学科が連携し商品化した、加古川市の生産物をPRしました。

生物工学科 姫路市立植物園 サギソウ研究の連携

2017年6月5日(月)

生物工学科ではサギソウの保存技術の開発に関する研究を行っています。姫路市立手柄山植物園と連携して研究を進めていくにあたり、研究担当の生徒が植物園でのサギソウの栽培状況や培養の工夫について園の方から教えていただきました。

生物工学科 神戸ベイシェラトン 父の日マルシェへの出品

2017年6月15日(木)

6月18日(日)に神戸ベイシェラトンで開催される「父の日マルシェ」にて、加古川の農家の方々が農産物を販売されるのにあわせて、県農生物工学科もボトルプランツと地元酒造会社との共同開発した日本酒「花てがみ」の販売を行います。
神戸ベイシェラトンのホームページでも紹介されています。
神戸ベイシェラトンHP

生物工学科 夏季集中実習(茎頂培養による無病化技術の習得)

2017年7月27日(木)

夏季集中実習として生物工学科の2年生が、カーネーションとイチジクの茎頂培養を行いました。
植物はウイルス病に感染してしまうと品質や生産性が低下してしまいます。そこで植物の茎頂を摘出し無病苗(ウイルスフリー苗)を作出することで病気を治療することができます。茎頂の摘出はクリーンベンチでの無菌操作となるため、ピンセットやメスなどの操作技術が必要となり、多くの生徒が摘出に時間がかかり苦労していましたが、『植物のお医者さん』を目指して、一生懸命に取り組みました。

生物工学科 育種研究会(新品種の開発を目指して)

2017年8月17日(木)

生物工学科の育種研究会では、東播磨の花苗生産者の方から依頼を受け、新品種の開発を行っています。今回の活動内容は、お預かりしている『MIKI』という品種とニチニチソウの交配(つぼみ受粉)を実施しました。上手く受粉していれば1〜2ヶ月後には種子を採取できるので、これからもしっかりと栽培管理を行っていきます。

生物工学科 選択B草花 『寄せ植え作成』

2017年9月20日(木)

9月23日(土)から開催される「ひょうごまちなみガーデンショーin明石」のガーデンコンペに出展する寄せ植えを作成しています。
授業だけでなく、休み時間や放課後を使って、自分たちで決めたテーマに合う鉢の作成や草花を選び、試行錯誤しながら一生懸命に取り組んでいます。 完成した寄せ植えは10月1日(日)まで明石公園に展示されるので、機会があればぜひ足をお運びください。

生物工学科 まちなみガーデンショーin明石 『ノジギクの配布と見学会』

2017年9月24日(日)

生物工学科の生徒が24日(日)に、県農発祥の地である明石公園でノジギクの無料配布と会場に展示されている草花の見学会を行いました。
ノジギクは育種研究会のメンバーが無菌培養による大量増殖技術を用い栽培したもので、県花のノジギクをたくさんの人たちに知ってもらう目的で配布しました。
見学会では、科長によるガイドツアーが行われ、寄せ植えの基本や草花の栽培方法を学びました。県農発祥の地で農業を学ぶ、いい機会となりました。

花酵母研究会 「県農花てがみ」の成分分析

2017年11月3日(金)

花酵母研究会では、毎年「県農花てがみ」という日本酒を醸造しています。 高校生である私たちは、日本酒を飲んで味を確かめることができません。しかし授業で学んだ高速液体クロマトグラフなどの分析技術を用いることで、飲まなくても日本酒の味の特徴を知ることができます。これからも美味しい日本酒を皆様にお届けできるように、実験を続けていきます。

生物工学科 農産物の栽培管理

2017年11月21日(火)

1年生は総合実習でハクサイの栽培管理を行い、2年生は草花の授業でボトルプランツ(多肉植物の寄せ植え)を作成するなど、県農祭で販売する農産物の準備を着々と進めています。 また東門の花壇には、生徒が育てたパンジーやビオラを定植しました。上段には、無菌培養技術を用いて栽培したノジギクが満開の花を咲かせています。県農祭にお越しの際は、是非ご覧ください。