令和3年度 県農なう

入学式

2021年4月8日(木)

本日、兵庫県立農業高等学校全日制課程に280名が入学し、新入生代表生徒が力強く宣誓を行いました。 校長先生から「努力は必ず報われると3年後の卒業のときに胸を張っていえるよう高校生活を有意義なものにしていってください」という式辞がありました。また来賓祝辞としてPTA会長より、「各学科の学習を通じて命の大切さを学び、周りの方々への感謝を忘れず、なにごとにも一生懸命に取り組み、夢の実現に向かって頑張ってください」と応援メッセージをいただきました。県農での3年間を有意義なものとし、充実した学校生活が送られるよう皆さんの活躍を期待しています。

着任式・始業式・表彰伝達

2021年4月8日(木)

本日、令和3年度着任式ならびに始業式が行われました。学校長から「新型コロナウイルスの影響で体育館で式を行うのは約1年ぶりとなりました。今年度は農業クラブ全国大会の運営を事務局として成功させるべく、県農生一人ひとりが協力して頑張りましょう。競泳の池江選手が病気からの完全復活を遂げ、東京五輪内定が決定した際に”努力は必ず報われる”と発言していたようにみなさんも高校生活を有意義に過ごし、様々なことに挑戦していってほしい。」という式辞がありました。その後、表彰伝達を行いました。
表彰伝達一覧表はこちら→
受賞された皆さん、おめでとうございます!!

食品科学科 堆肥入れ

2021年4月5日(月)

2年生が畑に堆肥を入れ、土作りを行いました。動物科学科の家畜の排泄物を利用しており、校内で畜産資源を循環させています。この畑では1学期に1年生がキュウリを栽培します。先輩から後輩に引き継がれた畑で育つキュウリは、奈良漬の原料になります。

農業環境工学科

2021年4月5日(月)

4月5日(月)に2年生対象に出前授業を実施しました。講師として兵庫県測量設計業協会加古川支部から、(株)播磨設計コンサルタント・ミツヤ設計株式会社の社員の方々に来ていただきました。座学では、測量の基礎から最新測量までを丁寧に説明していただきました。またドローンで測量をおこなった3D映像も見せていただき、とても充実した講義でした。外では、トータルステーション、電子レベル、GNSS測量といった学校では触れることのできない最新機器を使用した測量を教えていただきました。2年生のスタートとして専門科目への興味をさらに深く持つことのできた授業となりました。

生物工学科 カトレア原種展 終了式

2021年4月2日(金)

姫路市立手柄山温室植物園で毎年開催されているカトレア原種展は盛況のうちに終えることができました。前回は新型コロナウィルスの影響で開催ができませんでしたが、その分今回の展示では多くの来場者に楽しんでいただけたようです。次回のカトレア原種展は令和4年3月26日(土)〜3月31日(木)の開催予定です。詳細については植物園のホームページ(https://himeji-machishin.jp/ryokka/greenhouse/)でもご確認いただけます。

園芸科 果樹 ナシの摘花

2021年4月2日(金)

果樹園でナシの摘花(てきか)を行ないました。ナシは一般的に3月中旬頃から芽がふくらみ始め、4月上中旬頃に開花します。今年は、気温の関係なのか少し早めに開花するような状態です。ナシは一つの芽から多くの花を咲かせますが、その中でもよい形・大きさの果実になりやすい花の位置があります。その位置を意識しながら摘花作業を行ないました。モモ・ナシ・サクラが同時期に咲く光景がとてもきれいでした。

琴部

2021年4月2日(金)

地域の方から箏を寄贈していただきました。美しい音色に、琴部の生徒たちは感激。お稽古にも力が入ります。これからも大切に使わせていただきます。 生徒の皆さんには、校内祭でこの音色を披露します。

農業環境工学科

2021年4月1日(木)

新2年生が春休みの当直でレベル測量の検定試験をおこないました。 1年生の時に学んだレベル測量を正確に(誤差5mm以内)、速く(15分以内)、おこなえるか全員が挑戦しました。何回も再検定をおこなった生徒もいましたが、無事全員クリアし、自信をもって2年生へと進級することができました。