平成30年度県農なう

生物工学科 米のDNA鑑定 

2018年4月6日(金)

生物工学科の新3年生が、DNA鑑定技術を学びました。 サンプルの調整からPCR法によるDNAの増殖、アガロースゲルによる電気泳動などのすべての実験工程を行い、これから課題研究などで必要な知識や機器の取り扱い方法を学ぶことができました。 このことにより近年問題視される食品の偽装から消費者の安全を守ることができます。

始業式・着任式

2018年4月9日(月)

平成30年度1学期が始まりました。着任式で19名の新着任の方々の紹介後、着任者を代表して泥事務長から挨拶がありました。 始業式では、校長先生から新年度を迎えるにあたり、「生徒の皆さんには、もう一度自分の将来や生き方を考え、夢の実現のために様々なことにチャレンジしてほしい」というお話をいだだきました。新入生の先輩としてよい手本になるように学校生活を送ってください。

入学式

2018年4月9日(月)

本日、兵庫県立農業高等学校全日制課程に280名の生徒が入学し、新入生代表生徒が力強い宣誓を行いました。 校長先生から「夢と希望に満ち溢れた今日の日を忘れず、県農でさまざまな活動を通してたくさんのことを学び、夢の実現のために3年間努力してほしい」とお話しをいただきました。 来賓を代表してPTA会長より、「各学科の学習を通じて命に大切さを学び、人として生かされていることの感謝忘れず、無限の力で夢の実現に向かって頑張ってください」と応援メッセージをいただきました。 昨年度120周年を迎えた伝統ある県農で、3年間有意義な学校生活が送れるよう皆さんの活躍を期待しています。

対面式

2018年4月11日(水)

本日、対面式が行われました。 生徒会長挨拶の後、1年生代表生徒が「県農での学習を通して命の大切さを学び、将来の進路実現に向けて取り組みたい」と挨拶をしました。 在校生からは、各学科の学習内容や農場当直についての紹介があり、体育大会や県農祭など学校行事について説明がありました。 新しく始まる学校生活、先輩方を手本として、県農生として頑張ってください。

兵庫県サイバー犯罪被害防止教室

2018年4月11日(水)

本日、兵庫県警察本部サイバー犯罪対策課の警察官の方をお招きし、サイバー犯罪被害防止教室を行いました。ネットやSNS上のトラブルや犯罪に巻き込まれない、また加害者にならないためのさまざまなポイントを、実際に起こった事件や犯罪をもとにわかりやすく教えていただきました。ネットやSNSがきっかけで自分自身の安心・安全がおびやかされることが決してないよう、今日学んだネット・SNSの正しい使い方を意識していきましょう。

部活動紹介

2018年4月12日(木)

新1年生対象に部活動紹介が行われました。 運動部は実際の練習内容を実践したり、文化部は活動内容の報告したり、工夫を凝らした発表になりました。部活動以外にも生徒会・農業クラブなどの紹介がありました。 新1年生はこの機会に、積極的に部活動見学などに参加し、新しいことにチャレンジしてほしいです。

食品科学科 奈良漬けのキュウリ栽培開始

2018年4月12日(木)

当直でキュウリの播種をしました。これから約2か月間の栽培管理は1年生が「農業と環境」の授業で行います。今年も伝統の奈良漬け製造に向けて、栽培がスタートしました。

動物科学科 全日本B&Wショウ

2018年4月13日(月)

酪農研究会が、静岡県で行われた全日本ブラックアンドホワイトショウおよびセントラルジャパンホルスタインショウに出場しました。牛の品評会である本大会に1頭出品しました。 結果、第2部で4位、学校対抗未経産の部で第3位を獲得することができました。日々の飼養管理や調教の成果を出すことができ、大変うれしく思います。今後も努力を重ね、より高みを目指していきます。

1学年 集団生活訓練にむけて出発

2018年4月16日(月)

先ほど、新1年生が集団生活訓練に向けて出発しました。 1泊2日という短い日程ではありますが、集団生活の中で協調性や責任感を身につけ、元気に帰ってきてほしいです。

生物工学科 ランの人工交配

2018年4月18日(水)

2年生の総合実習で、ランの人工交配を行いました。お気に入りのランから花粉塊を採取し、色や形の異なるランと交配し新品種の作出を目指します。今回、交配したランがうまく受粉すれば、半年後に無菌播種を行い、新品種を育成していきます。

農業環境工学科 平岡北小学校との交流@

2018年4月19日(木)

今年度も平岡北小学校3年生と交流を行います。今日から7月にかけて一緒にスイートコーンを栽培します。今回は、小学生に播種を指導しました。スイートコーンの種子を手に小学生は丁寧に播種していました。これから間引き、中耕除草などの栽培管理を行い夏休み前に収穫する予定です。

離任式

2018年4月20日(金)

4月20日(金)の5・6時間目に離任式が行われました。 離任される先生方お一人お一人から、「出来ないことより、出来ることを増やすために努力をしてほしい」など生徒に向けてのメッセージを送っていただきました。 生徒代表者からは、「先生方から学んだことを忘れずに、これからも頑張ります」と先生方へ感謝の気持ちを述べ、花束の贈呈を行いました。 離任される先生方、生徒の成長を支えていただき、本当にありがとうございました。

食品科学科 奈良漬けのキュウリ鉢上げ終了

2018年4月24日(火)

当直でキュウリの鉢上げを行いました。苗の数が多かったですが、一本ずつ丁寧に胚軸を折らないように作業をしました。ゴールデンウィーク明けに定植を行う予定です。

3学年 進路別説明会

2018年4月27日(金)

3年生を対象に進路別説明会を実施しました。 進学希望者は、大学・短期大学・専門学校など分野別で説明を受け、就職希望者は、全体説明の後、マナー講座や面接講座を受講しました。 3年生はいよいよ希望進路を確定させていく時期なので、積極的に質問をするなど真剣に参加していました。

文芸部 第7回「いかなごのくぎ煮文学賞」ジュニア短歌部門入賞

2018年5月1日(火)

毎年春に開催されるいかなごのくぎ煮文学賞のジュニア短歌部門に本校生徒が特選として選ばれました。「いかなごの匂いの群れが泳いでる魚となってゆく帰り道」は春に各家庭から香るくぎ煮の中を自分もくぎ煮の気分になって帰る楽しい気持ちを表現しています。

生徒総会・農業クラブ総会

2018年5月2日(水)

本日5・6時間目に生徒総会、農業クラブ総会が行われました。それぞれの総会において議長が選出され、昨年度の行事報告・決算報告の後、今年度の行事・事業計画・予算について提案があり、承認されました。農業クラブ総会では、執行部の活動内容についての紹介後、研究会(13部門)の説明もあり、農業クラブ活動を知る良い機会となりました。

表彰伝達

2018年5月2日(水)

生徒総会、農業クラブ総会終了後、表彰伝達が行われました。本日、表彰された内容は以下の通りです。

部活・研究会大会名順位・成績
卓球部兵庫県卓球選手権大会女子シングルス第5位
農業クラブ東北復興・パネル展(希望の環プロジェクト)感謝状
文芸部第7回いかなごのくぎ煮文学賞ジュニア部門短歌特選

受賞された皆さん、おめでとうございます!!今年度の生徒の活躍に期待ください。

卓球部 平成30年度春季東播大会兼県総合体育大会東播地区予選会

2018年5月4日(金)

5月3日(木)〜4日(金)明石中央体育館において開催されました。 女子シングルスでは昨年度に続き、優勝し2連覇達成。ダブルスも準優勝。男子においてもダブルスで1ペアが県大会への出場権を得ることができました。また団体戦においては敗者復活戦に回ってしまいましたが、男女とも県大会出場を決めました。6月に姫路で行われる県大会に向けて心身ともにレベルアップできるよう精進していきます。

生物工学科 母の日マルシェに向けて商品作り

2018年5月8日(火)

生物工学科の生徒が5月12日(土)・13日(日)に三宮の東急ハンズで開催される「母の日マルシェ」に向けて商品を作り始めています 授業で学んだバイオテクノロジーの力を利用し栽培した多肉植物を実験器具に寄せ植えするなど、工夫を凝らした商品が店頭に並びます。 当日は、生徒が実際に店舗に立って、販売実習を行いますので、機会があればぜひ足をお運びください。

農業科 唐辛子の販売に向けて

2018年5月9日(水)

ここ数年の激辛ブームの影響で、国内でさまざまな品種が出回るようになり、農業科でも、6月上旬よりさまざまな唐辛子の苗(1本50円)を販売する予定です。 トウガラシの辛さを表す単位としてスコヴィル値(SHU)というものが使われ、一番辛いといわれている品種のドラゴン・ブレス・チリは248万SHU、有名なハバネロは25万〜45万SHUです。
農業科では現在10品種(下表参照)の唐辛子を栽培しており、スコヴィル値もさまざまです。

種類スコヴィル値(SHU)苗の数
オレンジ・ハバネロ35万
ハバネロ(大)25〜45万
ハバネロ(小)25〜45万
黄金トウガラシ10万
内藤トウガラシ5万
韓国トウガラシ1万
魔女の杖2500〜8000
インドジンウソツカナイ2500〜8000
メヒカーナ2500〜8000
ハラペーニョ2500〜8000

是非この機会に、プランター栽培も可能な唐辛子を栽培してみてください。

食品科学科 奈良漬けのキュウリ定植完了

2018年5月11日(金)

「農業と環境」の授業でキュウリの定植を行いました。これから灌水・除草や誘引を行い、本格的に栽培がスタートします。今年も良質な奈良漬け用キュウリが生産できるように頑張ります。

授業参観・PTA総会

2018年5月12日(土)

本日、PTA総会が行われました。また、多数の保護者の方々に授業を参観していただきました。昼食時には、食品科学科の生徒が製造したクリームパン・あんぱん・牛乳とともに、琴部・吹奏楽部の演奏をお楽しみいただきました。

生物工学科 東急ハンズ「母の日花マルシェ」

2018年5月12日(土)・13日(日)

母の日に、東急ハンズのエントランスで、東播磨の花卉農家さんと一緒に、販売実習を行いました。生物工学科からは、多肉植物をガラス容器に寄せ植えしたボトルプランツなどを販売しました。 両日とも、商品作成に携わった生徒が実際に店頭に立ち、商品説明や栽培管理方法などの商品PRを行い、たくさんの方に興味をもっていただくことができました。

生物工学科 「食品化学」脂質の定量

2018年5月16日(水)

3年生の食品化学の授業で、ソックスレー脂肪抽出法による脂質の定量を行いました。 この実験では、食品中に含まれる脂質の量を知ることができます。実験に使用するサンプル(試料)の決定や、実験器具の設置などすべて自分たちで行いました。今回習得した技術を活用して、課題研究などを行っていきます。

農業鑑定競技

2018年5月18日(金)

本日、全校生徒対象に、校内で農業鑑定競技を実施しました。 農業鑑定競技とは、日頃の学習で得た農業に関する知識・技術の成果を、競い合うものです。出題数は40問で、1問20秒または40秒というわずかな時間で鑑定・判定し、その正答率を競い合いました。

校内美化活動

2018年5月18日(金)

県農の生徒と職員で、校内の道路沿いの「ヤマモモ」の剪定を行いました。 道路に実が落下するのを防止すると同時に、見通しをよくする目的で実施しました。 普段、樹木の剪定をすることのない学科の生徒も活動に参加し、枝拾いや清掃などに熱心に取り組みました。

生物工学科 「総合実習」キュウリの栽培管理

2018年5月24日(木)

1年生の総合実習で、2週間前に定植したキュウリの支柱立てと誘因を行いました。 生育環境の整ったキュウリの生育は早く、来月にはキュウリ当直もはじまる予定で、本格的な栽培管理がスタートしました。

造園科 花壇植え付け実習(有馬ロイヤルゴルフクラブ)

2018年5月28日(月)

有馬ロイヤルゴルフクラブにて、花壇植え付け実習を行いました。造園科で栽培しているベゴニアやペチュニア、マリーゴールドなど2,700ポットを購入していただき、その花苗を植え付けました。クラブハウスの前や正門前など、お客様の目に触れる機会の多い場所を担当しました。完成した花壇を見て喜んでいただき、頑張った甲斐がありました。

農業環境工学科 ため池研究会

2018年5月29日(火)

稲美町の曇川の水質と生息している生物の調査を行いました。 護岸で甲羅干ししている外来生物の代表格、ミシシッピアカミミガメを多数確認しました。調査中、体長50cmを超えるようなコイを見かけ生徒たちは大喜びでした。また、現在研究会で飼育中のドブガイの増殖に不可欠なヨシノボリ等の在来生物も見つけることができました。

全校集会

2018年5月31日(木)

本日1限目、全校集会が行われました。表彰伝達の後、教頭より6月3日の創立記念日について話がありました。「2040年問題などが不安視される中、農業を選んだことを誇りに思い、大きく成長してほしい。」という言葉でした。その後、生徒指導部長よりスマホの取り扱いや通学の様子について注意喚起がありました。

部活・研究会大会名順位・成績
陸上部第71回兵庫県高等学校陸上競技対抗選手権大会女子ハンマー投第8位
東播高等学校第58回陸上競技選手権大会女子ハンマー投第2位
男子ハンマー投第3位
女子円盤投げ第3位
女子砲丸投第3位
卓球部東播高等学校春季卓球大会女子シングルス優勝
女子ダブルス準優勝
水泳部第2回東播地区高等学校春季水泳競技大会女子100m自由形第2位
女子100m背泳ぎ第6位
第3回東播オープン春季水泳競技大会女子200m背泳ぎ第2位
女子50m背泳ぎ第3位
第17回東播地区招待高等学校水泳競技大会女子200m背泳ぎ第2位
男子400m自由形第5位

受賞された皆さん、おめでとうございます!!

生物工学科 イチジク無病苗開発に向けた見学研修

2018年6月1日(金)

兵庫県は全国3位のイチジク生産地ですが、2012年に日本で初めて確認されたイチジクモザイクウイルス(FMV)はイチジクの品質低下を招く重大な病害として全国的に蔓延しつつあります。残念ながらこのウイルスに効果的な農薬はなく、現在考えられる唯一の対策は優良なウイルスフリー苗を無菌操作で育成し、生産者さんに届けることです。 そこで生物工学科3年生の研究チームがイチジク生産現場を視察し、今後進める研究の方向性を見極めるために専門家の方と意見交換をしました。

農業環境工学科 平岡北小学校との交流A

2018年6月7日(木)

平岡北小学校3年生との交流2回目です。今日は、先日播種したスイートコーンの間引きと追肥を行いました。昨日の雨のため圃場は少しぬかるんでいましたが、小学生たちは高校生たちと一緒に丁寧に作業していました。 また並行して本校でトライやるウィークの実習を行っている平岡中学校の生徒もサツマイモの定植を行い、農業環境工学科の圃場は小中高三世代での実習となりました。

生物工学科 中和滴定実験

2018年6月11日(月)

2年生の食品化学の授業で、中和滴定の実験を行いました。 ビュレットというガラス器具を使って、酸性の溶液にアルカリ性の溶液を加え、打ち消しあう量を測定します。今後、様々な実験で分析を行う際の基礎となる操作なので、真剣に取り組むことができました。

造園科 淡路・神戸見学研修

2018年6月11日(月)

本日、3年造園科の生徒が淡路景観学校、あわじ花さじき、神戸ノエビアスタジアムに見学に行きました。景観学校では講師の先生にイングリッシュガーデンについて学びました。フィールドワークでは池に生息する絶滅危惧種などの生物を観察しました。ノエビアスタジアムでは、芝生の勉強をしました。日照時間が足りないことを補うために人工芝や人工の照射装置を駆使して芝の管理がなされていることを学びました。またヴィッセル神戸の選手控え室やインタビュー室を見学しました。実物を見ながらの研修であったため生徒たちもいつも以上に興味を示し高い学習意欲で臨んでいました。

動物科学科 家畜審査競技(肉牛)

2018年6月12日(火)

本校の生徒5人が但馬で開催された家畜審査競技肉牛の部に出場しました。家畜審査とは、肉牛の体型を審査しその得点を競う競技です。みなが日々の努力の成果を発揮し全力で挑みましたが、惜しくも4位という結果でした。この悔しさをバネに、これからも勉強に励みます。

新聞読み方講座

2018年6月12日(火)

朝日新聞社員による「新聞読み方講座」を実施しました。選択D「国語表現(小論文)」の授業で、3年生20名が参加しました。この日の新聞朝刊を開きながら、見出し、リード、本文といった新聞記事の構成や基本的な読み方を紹介していただきました。今後は、学んだことを生かし、「まわしよみ新聞」や新聞への投書にチャレンジする予定です。

農業科 「大田植え」田植え実習

2018年6月12日(火)

農業科全員に加えて食品科学科の3年生、総勢160名以上で酒米「山田錦」の田植えを行いました。田植えは機械ではなく、太鼓の音に合わせて手作業で一つ一つ丁寧に植え付けました。収穫された酒米は、酒造会社「岡田本家」に引き取っていただき、清酒「盛典」の醸造に使われます。

食品科学科 いなみ野いちご畑」でイチゴの収穫

2018年6月13日(水)

 稲美町に在る「いなみ野いちご畑」でシーズンを終えたイチゴの株の片づけと、残っているイチゴの収穫をさせていただきました。株の撤去やイチゴの収穫方法などを詳しく教わり、農産加工類型16人で約3時間作業をしました。地道で根気のいる作業を体験し、農業の充実感、苦労が感じられました。いただいたイチゴは県農祭で販売するイチゴジャムに加工します。

農業クラブ「意見・プロジェクト発表会」校内予選

2018年6月14日(木)

2限目〜4限目に農業クラブ意見発表会・プロジェクト発表会校内予選が行われました。プロジェクト発表では、各学科が日々の研究会活動や課題研究の内容をまとめ発表しました。意見発表では、農業に関する身近な課題や将来の抱負について意見を述べました。予選会終了後の講評では、審査員の先生より発表したすべての生徒に向けアドバイスをいただきました。また各科の研究内容などを知ることができ全生徒にとって、有意義な時間となりました。この予選会で選出されたプロジェクトチームや、意見発表の生徒は、県農代表として7月24〜25日に佐用で開催される県大会へ出場します。県大会に進む、皆さんの活躍に期待します。

校内予選通過は以下の皆さんです。
●プロジェクト発表 第T類 生物工学科、第U類 食品科学科、第V類 造園科
●意見発表 第T類 生物工学科、第U類 食品科学科、第V類 動物科学科

分野T類:生産・流通・経営
分野U類:開発・保全・創造
分野V類:ヒューマンサービス

造園科 「若年技能者人材育成支援等事業[ものづくりマイスター]事業展開中

2018年6月15日(金)

造園科では、ものづくりマイスター制度を利用して、5月下旬から毎週木曜日に兵庫県造園連合会のマイスター認定講師から竹垣つくりや石の扱いなどの指導を受けています。この講習会は7月下旬まで続き、参加生徒は授業ではなかなかできないプロ講師から手ほどきを受けて、日々技能向上を目指しています。

卒業生によるキャリアガイダンス

2018年6月15日(金)

5〜6限に3年生を対象とした卒業生によるキャリアガイダンスを実施しました。本校の卒業生から、進路決定までの道のりや、進学や就職に向けて今からやっておくと役に立つことなど、さまざまな話をしていただきました。生徒からの質問にも1つ1つ丁寧に答えていただき、進路決定を控えた3年生にとってとても大切な時間となりました。

生物工学科 「父の日&県農マルシェ」販売実習

2018年6月15日(金)

6月17日(日)に神戸ベイシェラトンのシェラトンマルシェにて「父の日&県農マルシェ」を開催します。生物工学科の生徒が育てたキュウリや、多肉植物の寄せ植え、地元の酒蔵と連携し醸造した日本酒「県農花てがみ」を販売します。当日は、地元の農家さんと一緒に店頭に立ち、販売実習をおこないます。機会があれば是非お越しください 。
このイベントは神戸ベイシェラトンのホームページでも紹介されています。
神戸ベイシェラトン イベントページ

卓球部 東播予選会

2018年6月16日(土)

標記の大会が6月16日(土)高砂総合体育館において開催されました。 先週行われた県総体では、惜しくも実力を十分に発揮できず団体、個人とも敗退。そんな中で迎えたこの大会。女子シングルスでは総体の悔しさを晴らすかのように優勝。男子も一名が予選トーナメントを一位通過することができ、それぞれが来週姫路で行われる県大会にコマを進めました。

造園科 「農業鑑定ウィーク」

2018年6月18日(月)

造園科では、農業鑑定ウィークとして、3年間で学ぶ造園に関する資材や各種工法などの実物や写真を展示し、授業中、放課後を利用しその名前を覚え、週末に80問の鑑定テストを実施しました。各種石組み方法や石灯籠の名称など難しい名前を必死で覚えテストにのぞみました。また、先週は植物名を覚えるウィークで60種類の造園樹木を必死で覚えていました。

まわしよみ新聞

2018年6月19日(火)

選択D「国語表現(小論文)」の授業で、3年生23名が「まわしよみ新聞」に取り組みました。先週実施した「新聞読み方講座」で学んだことを活かし、持ち寄った新聞の記事を編集して、新聞を作りました。記事を貼り、感想を書き込み、イラストを描き、和気あいあいと編集作業は進みました。完成した後は読者として気になった新聞に「投書」し、編集後記まで書きました。授業の様子は朝日新聞社の方に取材していただき、インタビューされる生徒もいました。完成した「まわしよみ新聞」は本校図書館に掲示しているので、ぜひご覧ください。

農業環境工学科 かんきょう出前講座

2018年6月26日(火)

加古川市の環境啓発推進事業の一環として行われている。小学校への出前講座として3年生3名が市立平荘小学校を訪問しました。グリーンカーテンの効果についてクイズを交えながらわかりやすく小学生に説明していました。会の終了間際小学生からの質問攻めにあい少々戸惑いながら楽しい時間を過ごすことができました。

朝日新聞掲載「まわしよみ新聞」

2018年7月3日(水)

先日、授業で「まわしよみ新聞」に取り組んだ内容が朝日新聞に掲載されました。
朝日新聞デジタルで授業の様子(動画)を見ることが出来ます。

NZ Fraser高校歓迎集会

2018年7月5日(木)

本校と姉妹校提携を結んでいるニュージーランドの「フレーザー高校」から、4人の先生と13人の生徒が来校されました。これから13日までの間、県農でともに学び、お互いの文化を理解していきたいと思います。

フレイザー生徒の授業参加@

2018年7月11日(水)

姉妹校である、フレイザー校の生徒が県農に登校し、県農生と一緒に授業を受けています。 2限目の古文の授業では、カルタとりを行いました。 なかなか言葉が伝わらず、はじめは戸惑っていた県農生も、ジェスチャーを交えながらフレイザーの生徒に説明を行うなど工夫し、とても盛り上がっていました。

2学年 進路別説明会

2018年7月11日(水)

本日3〜4限に2年生を対象に進路別説明会を実施しました。 就職と進学の希望者に分かれて、外部の先生方の話を真剣に聞いていました。 オープンキャンパスやインターンシップを控える生徒にとって、進路を考えるとても有意義な時間となりました。

園芸科 高校生就農講座「淡路島 先進農業見学研修」

2018年7月11日(水)

園芸科3年生の40名とニュージーランドの姉妹校からの留学生1名が、公益社団法人兵庫みどり公社の支援事業である「高校生就農講座」を活用して淡路島の3つの農業経営体を訪れました。  最新鋭の高軒高温室でトマトのロックウール耕をされている株式会社アグリアイランド、併設カフェの開設で来場者の増加と満足度の向上に成功された株式会社淡路島フルーツ農園、そして専業のカーネーション農家として確固たる地盤を築かれているURAフラワーでそれぞれお話を伺いました。グリーンツーリズムを含む農業の六次産業化を体感するとともに、農業で収益を上げていくためのポイントを学べる研修となりました。

フレイザー生徒の授業参加A

2018年7月12日(木)

フレイザー生徒を対象にフラワーアレンジメントの授業を実施しました。 園芸科の先生から、ブーケの作り方などを教えてもらった後、今回は日本のお弁当をイメージして、作品作りに挑みました。好きな花材を選び、試行錯誤しながらそれぞれの作品を完成させることができました。

夏季球技大会

2018年7月12日(木)

本日、球技大会が行われました。どの試合も、暑さに負けず熱戦が繰り広げられました。
結果は、
男子
1位      2・3年動物科学科(合同)
2位      3年農業環境工学科@
敗者復活戦   1年動物科学科

女子
1位      1・3年農業環境工学科(合同)
2位      3年園芸科A
敗者復活戦   2年農業科
となりました。 
どのチームも一致団結し、試験の疲れを忘れる1日となりました。

NZ Frazer高校送別集会

2018年7月13日(金)

ニュージーランドの「フレーザー高校」から留学生を受け入れました。4日からの研修も本日で最終日となり、送別集会が行われました。日本の文化を学ぶだけでなく、球技大会などの行事にも参加したことで、本校の生徒とも深いつながりを作ることができました。

生徒指導講演会

2018年7月17日(火)

本日の3・4時間目に加古川警察の方を講師にお迎えし、非行防止&薬物乱用防止教室を行っていただきました。 実際の事件を元にさまざまな話をしていただき、夏休みを控えた生徒たちに身近に潜む薬物の危険性や、自分の身は自分で守ることの大切さを教えていただきました。

生物工学科 LAMP法によるイチジクモザイクウイルス(FMV)の検出実験

2018年7月17日(火)

兵庫県はイチジクの生産地として有名ですが、2012年に日本で初めて確認されたイチジクモザイクウイルス(FMV)はイチジクの品質低下を招く重大な病害として蔓延しつつあります。 今回は、FMVの感染の有無を確かめるために兵庫県各地(淡路・試験場・本校)で栽培されているイチジクの葉(40サンプル)を採取し、試験場の方の指導を受けながらLAMP法によるFMVの検出実験を行いました。

農業環境工学科 農業クラブ測量競技大会

2018年7月18日(水)

兵庫県学校農業クラブ連盟大会測量競技大会が本校グランド等を会場として開催されました。各校の選手たちは、猛暑の中で競技を行いましたが、日ごろの実習で培った技術力と練習による忍耐力を発揮しグランドで行われた外業、各教室で行われた内業に取り組みました。結果は25日に発表されます。

全校集会・表彰伝達

2018年7月19日(木)

本日2限目に全校集会と表彰伝達が行われました。
本日、表彰された内容は以下の通りです。

部活・研究会大会名順位・成績
陸上競技部第71回加古川市陸上競技選手権大会高校男子3000m1位
第71回加古川市陸上競技選手権大会高校女子やり投げ第1位
第71回加古川市陸上競技選手権大会高校女子円盤投げ第2位
第71回加古川市陸上競技選手権大会高校男子4×100mR第2位
第71回加古川市陸上競技選手権大会高校女子円盤投げ第3位
第71回加古川市陸上競技選手権大会高校女子砲丸投げ第3位
写真部第26回東播支部春季フォトコンテスト努力賞
国語科第29回伊藤園おーいお茶新俳句大賞6名 佳作

受賞された皆さん、おめでとうございます!!

1学期終業式

2018年7月20日(金)

             

本日、1学期終業式が行われました。学校長式辞では、災害にあった高校球児たちの活動についてお話がありました。昨日、指導部長からも「自分の命を大切にできる人が他人の命を守れる」という言葉をいただきました。不測の事態が起こった時も、無理をする必要はないが、自分たちにできることを考えてやらなければならないというお話でした。終業式後、教務部長より計画的な学習や成績について、2学期の学校生活に向けて講話をしていただきました。