平成27年度県農なう

始業式・入学式

2015年4月8日(水)

始業式および入学式を執り行いました。

本日から新学期がスタートしました。新入生280名を加えた全校生831名は、県農生としての誇りを胸に更なる飛躍に挑戦します。期待してください。

対面式

2015年4月10日(金)

新入生280名が2、3年生の先輩達の温かい拍手に迎えられながら体育館に入場しました。

お互いに挨拶を交わした後は、各科代表によるインタビュー形式や三択クイズを通して7学科の学習内容や特色を学びました。

離任式

2015年4月10日(金)

県農から離任される先生方の離任式が執り行われました。

先生方一人一人から県農生の更なる飛躍を願うお言葉をいただき、感動の離任式となりました。

部活動紹介

2015年4月13日(月)

新入生に向けて各クラブから紹介がありました。

新入生のみなさんは部活動に是非入って、楽しく有意義な3年間にしてください。

子豚が誕生しました!!

2015年4月15日(水)

4月11日(土)18時頃、本校で飼育している豚の出産があり、元気な子豚を8頭無事に出産しました。1週間後には1年生の総合実習で去勢を行い、その後は3年生の課題研究において活躍してもらう予定です。

動物科学科の生徒全員で協力し頑張って育てます。

1学年集団訓練

2015年4月15日(水)

本日、1年生が集団訓練から帰校しました。

一泊二日の集団訓練から得たものを生かし、クラス・学科を盛り上げてより良い高校生活にしていきましょう。

造園科 県庁緑化

2015年4月17日(金)

県庁2号館から3号館にかけての廊下を装飾して室内ガーデンを作ってきました。

春らしく洋ランをたくさん使い、明るい作品を作りました。廊下を通る人が足を止め、その度にほめていただき、やりがいのある活動となりました。

フラワーアレンジメント講習

2015年4月17日(金)

本日、3年園芸科の授業で講師の先生を迎えてのフラワーアレンジメントを行いました。

生徒はプードルの形になるように花を装飾していました。

造園科 花とみどりのフェスティバル

2015年4月27日(月)

4月29日(水)加古川市日岡山公園で行われる花とみどりのフェスティバルの会場を盛り上げるため、造園科でモデルガーデンを作ってきました。

テーマは「坪庭」。青石をふんだんに使い、みかげ石の園路を張り石している庭です。

29日当日は県農の花や野菜の苗も販売しているのでぜひ足をお運びください。

生徒総会・農業クラブ総会

2015年5月1日(金)

本日、生徒総会と農業クラブ総会があり、平成26年度の事業・決算報告並びに本年度の事業計画・予算の承認が行われました。

その後、各研究会からそれぞれの活動内容について紹介がありました。

PTA総会

2015年5月9日(土)

   

本日、PTA総会が行われました。

授業参観では、多くの保護者の方々に普段の生徒の様子をご覧いただきました。ニュージーランド研修参加生徒による報告会の後は、PTA総会が行われ、事業・決算報告・新役員紹介等がありました。昼食には食品科学科が午前中の実習で製造した牛乳とパンが配布され、吹奏楽部のアトラクションとともに楽しんでいただきました。

ソックスレー脂質抽出実験

2015年5月9日(土)

5月8日(金)に、生物工学科では脂質の抽出実験が行われました。

身近な食品にはどの程度脂質が含まれるかを調べる実験です。

大がかりなガラスの器具を用いて、適度な緊張感の中で実験を行っていました。

こどもフェスティバル

2015年5月12日(火)

5月5日(火)に、加古川総合文化センターで毎年開催されているこどもフェスティバルに動物科学科の生徒が参加しました。

野間馬、羊、ミニブタを連れていき、動物のふれあい体験や農作物の販売を行いました。

動物とふれあい大喜びのこどもたちを見て、生徒も楽しかったようです。生徒たちもこどもたちから元気をもらいました。

農業科「いちご狩り」について

2015年5月15日(金)

今年度もいちご狩りのシーズンがやってきました。畑は真っ赤な水玉模様になり、近づくと甘い香りを放っています。

5月14日(木)に、農業科の3年生(専攻生徒13名)は入園前の乳幼児と一緒になって、昨年10月から丹精込めて栽培してきた露地栽培用品種「宝交早生」のいちご狩りをやさしく指導しました。普段とは別の表情を見せる生徒たちの姿に頼もしさも感じられました。

今年は合計9団体241名がいちご狩りを体験されます。今後、秋には恒例のサツマイモ掘りも予定しています。

動物科学科「種雄牛」造成計画

2015年5月21日(木)

動物科学科では、全国の農業高校に先駆けて種雄牛の造成を目指しています。このたび兵庫県立農業高等学校同窓会・一般社団法人錦江会より繁殖牛「みつひで号」を寄贈していただきました。この「みつひで号」から種雄牛(錦江土井号)を造成したいと計画しています。現在 みつひで号は、体高120センチ 体重270sで順調に成長しており本年8月から種付けを開始します。

花みどりフェア見学(淡路) 「園芸科」

2015年5月25日(月)

園芸科の1、2、3年生が淡路島で開催されている花みどりフェアに見学に行きました。県農で作庭した庭や日本最大級の温室である「奇跡の星の植物館」などを見学する予定です。

淡路見学研修会 「造園科」

2015年5月27日(水)

5月27日(水)造園科3年生27名が淡路景観園芸学校にて、洋風の庭や五感を刺激する庭など本校の庭では学べないことを実物を見ながら学ばせていただきました。その後造園の持つ多面性のひとつとして庭や公園では生物多様性の維持や絶滅危惧種保護活動ができることを学ばさせていただきました。その後は淡路夢舞台に移動し、様々な団体が出展している庭を見学し、新しいアイデアをたくさん学んで帰校しました。

子どもたちの野菜嫌いをなくそう

2015年5月29日(金)

農業科3年生13名の指導の下、兵庫大学付属加古川幼稚園4歳児クラスの89名が園内の「チャイルドガーデン」にナスとピーマンの植え付けを行いました。今年1番の日差しが照りつける中でしたが、全員が笑顔いっぱいで苗を植えつけました。この取り組みは、「課題研究」の一環で、栽培体験をもとに野菜嫌いをなくすことをテーマに、今後も継続して取り組んでいきます。

日本ミツバチの春の採蜜に成功

2015年5月29日(金)

造園科造園研究会では日本ミツバチの飼育研究をしています。日本ミツバチは蜜を集める量がすくなく外敵にも弱いため、飼育は難しく、蜜も秋に一度しか収穫できないと言われています。研究会では様々な管理方法の工夫によって春と秋の年2回の採蜜に成功しました。今年の春ミツは「まろやかで甘く上品」に仕上がりました。「自然と共生」をテーマに今後も様々なことにチャレンジしていきます。応援よろしくお願いします。春蜜は各種イベントなどで販売予定です。

第2回食農甲子園

2015年6月1日(月)

神戸の元町商店街で今年も食農甲子園が行われました。昨年の大盛況を受けて県農は3ブースと販売や展示の規模を拡大して参加しました。花の苗、野菜、盆栽、卵などなどの農産物を販売したり、お菓子の缶詰作りやお酒の試飲を行ったり、羊の毛刈りショーを行ったりと生徒たちは大活躍でした。

ものづくりマイスター事業への取り組み

2015年6月5日(金)

造園科では、今年度造園技能士を受験するメンバーを中心に5月から週に一度、厚生労働者委託若年技能者人材支援事業「ものづくりマイスター」事業に取り組んでいます。

ものづくりマイスター認定講師から縄の結び方や竹垣の作り方、石の設置技術、樹木の植え付けなど授業ではなかなか学べない造園技法を細かく手ほどきを受けながら学んでいます。この活動は7月下旬まで行います。

農業科「明石市立花園小学校2年生への野菜栽培指導」

2015年6月12日(金)

6月10日(水)に、明石市立花園小学校2年生84名が野菜の栽培学習のため来校されました。晴天にも恵まれ、農業科3年生の露地野菜類型20名が児童とペアになり、ゲームや農場の見学、小学校で各自が栽培している野菜についての説明をしました。また、最後にはトマトの収穫も行い、県農生のアドバイスを聞きながら、児童は真剣な眼差しで家族に持ち帰るトマトを選んでいました。10年以上継続しているこの取り組みは、周囲に田畑のない学校の児童にとって大切な学習の場となっています。

農業科 田植え(校内)

2015年6月12日(金)

6月12日(金)に、3年生が企画・実施し、1年生に指導を行う恒例行事「田植え」が今年も行われました。いつも農場では必ず身に着けている長靴を脱いで、素足で田んぼに入った瞬間、「キャー」という歓喜の声。初めて体験する1年生の生徒も多く、3年生と交互に並んで苗の取り方や植え方、田んぼの中での足の運び方などを教えてもらいながら、太鼓の音に合わせてみんな笑顔になった田植えでした。今年も農業科の伝統と文化が引き継がれました。

農業クラブ 意見・プロジェクト発表校内予選

2015年6月19日(金)

昨日、県大会出場に向けて意見発表・プロジェクト発表の校内予選を行いました。校内予選通過は以下のみなさんです。

  • 意見発表    3Z・1E・3C
  • プロジェクト発表  B・C

県大会へ向けて頑張ります。

   

六甲山牧場で県農ホエー豚料理販売

2015年6月29日(月)

6月28日(日)に六甲山牧場のレストランで、県農の動物科学科と六甲山牧場がコラボして、県農産ホエー豚の料理2種類が提供されました。どちらも大盛況で午後2時半には完売となりました。食べてくださったお客さんからは、「肉が柔らかかった」や「脂の味が全然違う」などの声をいただきました。今後もホエー豚の飼育に動物科学科全員で取り組んでいきます。

防災避難訓練

2015年7月7日(火)

7月7日に防災避難訓練を行いました。

避難経路を確認し、本番さながらに速やかに避難をすることができました。加古川東消防署の方にお話をしていただき、火災から身を守る手段や周りを助ける側の立場になり行動する大切さを学びました。雨天のため、消火訓練は1学年のみとなりましたが、各クラスの代表者が実践し、訓練の大切さを認識することができました。

AED講習会

2015年7月8日(水)

7月6日(月)と8日(水)にAED講習会が行われました。救急車が来るまでの応急手当を映像と実践を通して学び、正しい心肺蘇生法の流れと命の大切さを再確認することができました。

e-ネット安心講座

2015年7月13日(月)

本日、総務省近畿総合通信局の方をお迎えし、1学年を対象に「e-ネット安心講座」が行われました。

ケータイ依存やネットいじめなどインターネットによるトラブルの実態をお話や映像を通して学び、被害者、そして加害者にならないようにその対処法についても理解を深めました。

農業科 東播磨県民局・加古川農業改良普及センター「課題研究」の指導

2015年7月14日(火)

7月14日(火)、農業科3年生・3名が、農業の専門学習の集大成として取り組んでいる「課題研究」について、より専門的な見地から自分たちの取り組みの評価、分析等の指導をしていただくこと、さらに取組内容が地域農業の改善や発展につながるものであるかを検証するため、加古川農業改良普及センターで専門員の先生にご指導いただきました。地域の優れた生産者の取組内容や、自分たちが取り組んでいる研究内容についての客観的な評価、栽培に使用している施設内土壌の分析など、より専門的な内容を学ぶことができました。

第63回兵庫県学校農業クラブ連盟大会

2015年7月15日(水)

第63回兵庫県学校農業クラブ連盟大会、測量競技が本校を会場に行われました。兵庫県農業高校8校が出場し、測量の腕を競い合いました。

炎天下での競技となり、選手たちは汗を流しながら手際よく作業を進め練習の成果を発揮していました。

第63回兵庫県学校農業クラブ連盟 大会速報

2015年7月24日(金)

プロジェクト発表

  • <食料・生産部門>

    最優秀賞 生物工学科 5名

  • <環境部門>

    最優秀賞 生物工学科 7名

  • <文化・生活部門>

    最優秀賞 食品科学科 6名、農業科 1名

意見発表

  • <食料・生産部門>

    優秀賞 動物科学科 

  • <環境部門>

    優秀賞 農業環境工学科 

  • <文化・生活部門>

    最優秀賞 食品科学科 

農業鑑定競技

        
  • 農業の部

    最優秀賞 農業科 

  • 畜産の部

    優秀賞 動物科学科 

  • 食品科学の部

    最優秀賞 食品科学科

    優秀賞 食品科学科、生物工学科 

  • 測量の部

    最優秀賞 造園科 

    優秀賞 造園科 

全校登校日・1学期終業式・全校集会

2015年7月27日(月)

台風の影響で延期されていた終業式を、本日の全校登校日に行いました。

松ア校長より、1学期を振り返って県農生が活躍した素晴らしいお話をしていただきました。2学期に向けて更なる飛躍を期待しています。勉学やクラブ活動等、充実した夏休みを過ごしましょう。

オープンハイスクール

2015年7月28日(火)

夏季オープンハイスクールを実施しました!

122校の中学校から、916名の中学生、保護者、中学校の先生方がお越しくださいました。県農生が主体となり、説明を行うことでより身近に県農のことを知っていただくことができたと思います。

次回のオープンハイスクールは、11月4日(水)・5日(木)です。

ぜひお越しください!

姫路好古園見学

2015年7月29日(水)

7月24日(金)に、1年造園科が姫路・好古園に庭園見学に行きました。

授業で学んだことを、実際の庭園に触れることでさらに深めることができました。

明石公園の「屋上庭園」と「武蔵の庭」庭園見学研修

2015年8月5日(水)

2年造園科の生徒が参加しました。講師の國賀先生には「武蔵の庭」を説明していただき、大滝、亀島といった見どころや、その役石なども解説いただきました。協会の若松先生には屋上庭園について、留意点や植栽の特徴など解説していただきました。とても暑い中でしたが、身近な明石公園において庭園に触れ合う機会を持て大変良い研修になりました。

日本学校農業クラブ連盟 近畿大会速報

2015年8月21日(金)

近畿大会で見事に最優秀を獲得しました。次回は10月21・22日の全国大会に向けてがんばります。応援よろしくお願いします。

プロジェクト発表

  • <環境部門>

    最優秀賞

    生物工学科 7名

  • <食料・生産部門>

    優秀賞

    生物工学科 5名

  • <文化・生活部門>

    優秀賞

    食品科学科 6名
    農業科 1名

意見発表

  • <文化・生活部門>

    最優秀賞 食品科学科

   

生物部・全国総合文化祭結果

2015年8月24日(月)

7月30日から8月1日にかけて滋賀県で開催された全国総合文化祭「びわこ総文」に生物部が参加してきました。

研究内容は「環境DNA手法によるカワバタモロコの生息調査に関する研究」というもので、池の水を分析すると魚が住んでいるかどうかが分かる研究です。この研究発表が評価され、自然科学部門の生物部門の発表では全国4位となる奨励賞を受賞することができました。

香住高校との共同研究

2015年8月24日(月)

8月10日(月)に、生物工学科の光合成細菌の研究チームが 兵庫県で唯一水産科の学べる香住高校に見学に行きました。

香住高校では、毎回漁を行うと利用に向かない小さな魚や 食用に向かない魚などが多く取れます。 これを、本校で実施している光合成細菌の培養に生かせないかと 連携を組んで研究を行うのが目的です。 農業だけでなく、水産分野での光合成細菌の利用が広がりそうな予感にあふれた一日となりました。

科学の祭典

2015年8月25日(火)

8月22日(土)、23日(日)に生物工学科の植物育種研究会と花酵母研究会が地域の子どもたちに向けて実験を行いました。生徒は自分の実験についてわかりやすく説明をしながら楽しく活動していました。

但馬牛の受精卵採取

2015年8月27日(木)

8月21日(金)に本校の但馬牛の受精卵の採取を行いました。

動物科学科では但馬牛の受精卵採取のために、この春から実験やマウスを使った練習を行ってきました。様々な準備を終え、るいざ号とるりこ号を利用し受精卵採取を行うことができました。採取に成功した受精卵は全部で18個。そのうち実際に受精卵移植を行えるものを11個採取することに成功しました。今後もさらに技術を高め、但馬牛の普及に努めていきます。

鳥類研究会がラジオに出演

2015年8月31日(月)

      

ラジオ大阪のChicken Garlic Steakのアカペラモーニング♪に動物科学科の鳥類研究会の生徒が出演しました。

研究会のことだけではなく、動物の飼育や学校の授業のことなどを話しました。番組のホームページでも紹介されていますのでぜひご確認ください。

番組ホームページChicken Garlic Steakのアカペラモーニング♪

2学期始業式・表彰式

2015年9月1日(火)

本日、2学期始業式及び、表彰式が行われました。2学期には体育大会・県農祭といった、たくさんの行事があります。県農生がより一層飛躍していく学期にしたいと思います。

    

造園科・相楽園

2015年9月2日(水)

8月26日(火)に、3年造園科の生徒が相楽園の庭園見学を行いました。相楽園は神戸の都市公園にある日本庭園として有名であり、豊富な種類の石組、灯籠、役木などを実際に確認することができ、庭園意匠の学習をする良い機会となりました。

NHKテレビ番組で造園科が紹介されます!

2015年9月8日(火)

本日、造園科の造園スペシャリスト班10名がNHK「学校再発見バラエティー あほやねん すきやねん」の取材を受けました。

2人のレポーターと一緒にミニガーデンを作りました。

放送予定は9月12日(土)10:50〜「ワンカット劇場」で紹介されます。ぜひご覧ください。

体育大会

2015年9月11日(金)

「心ひとつに 七つの炎 今こそ燃やせ いざ出陣!!」のスローガンのもと、第68回体育大会を行いました。多くの方々にご来場いただき、ありがとうございました。

天候にも恵まれ、生徒一人一人の活気と笑顔が溢れた素晴らしい体育大会となりました。応援団・デコレーション においては、3年生を筆頭に全ての科が一生懸命取り組み、忘れられない思い出となったと思います。この団結力、礼儀を忘れず、今後の学校生活に生かしてほしいと思います。

    

生徒会・農ク選挙、農ク全国大会壮行会

2015年9月25日(金)

本日、生徒会・農業クラブ役員選挙を行いました。

立候補者一人一人の、県農をより良い学校にしたいという意欲や決意がとても伝わる演説でした。応援演説者も立候補者について一生懸命演説を行っていました。

また、選挙の後に農業クラブの壮行会を行いました。

農業クラブは10月21日,22日に群馬県で開催される全国大会に出場します。ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

    

造園科 いなみの特別支援学校陶芸班と交流

2015年9月25日(金)

本日9月25日(金)に、いなみの特別支援学校陶芸班の皆さんと3年造園科環境マネジメント類型の13名が、交流及び共同学習を行いました。

陶芸班の皆さんが焼き上げた器に、私たち造園科が育てた多肉植物を植え付け、コラボ作品を作りました。

器が一番きれいに見えるように、植物や飾りなどを一生懸命に選んで、配置にもこだわりました。とても楽しく、大変良い経験になりました。

    

造園科・生物工学科 ひょうごまちなみガーデンショーin明石に出展

2015年9月25日(金)

9月24日(木)、ひょうごまちなみガーデンショー各部門に出展してきました。

@造園科環境マネジメント専攻4名が、「ハロウィン」をテーマにお化けを中心としたゆかい
 でコミカルな作品を作ってきました。

A造園研究会7名がコミュニティガーデン部門に縁側から見える棚田(芝生を稲穂に見立てて
 表現)と里山(盆栽で紅葉を表現)の景色を縮景表現で作ってきました。

B生物工学科2年生の草花専攻生が、寄せ植え部門に茶釜やエプロンを使ったユニークな作品
 を出展してきました。

 作品は、10月4日まで明石公園で観ることができますので、ぜひ足をお運びください。

    

動物科学科フライトショー練習(ハリスホーク・福丸号)

2015年10月1日(木)

みなさんこんにちは、動物科学科の鳥類研究会です。私たちは、11月23日に県農祭で披露するフライトショーの練習に取り組んでいます。福丸号は、体長70センチの、おとなしい性格の、オスのタカです。人の腕から腕には、50メートル離れていても止まります。今は、空中に投げた疑似餌を取る練習をしています。ぜひ県農祭で披露しますので見に来てください。

    

造園科 京都庭園見学研修に行ってきました!

2015年10月 7日(水)

10月6日(火)に、3年造園科が京都庭園見学に行ってきました。

見学したのは、枯山水庭園で有名な大徳寺大仙院、龍安寺方丈庭園や池泉回遊式庭園の鹿苑寺(金閣寺)庭園です。石や樹木の表す意味や庭から読み取れる思想などを感じながら庭園を見学することができ、秋の京都で究極の造園世界を堪能しました。庭について学ぶことで庭を見る目も変わり、今まで以上に庭を見る楽しさを得ました。

   

献血啓発セミナー

2015年10月16日(金)

兵庫県赤十字センター姫路事業所より、西村様にお越しいただきました。献血の必要性、現状について詳しくお話をしていただき、献血の大切さを学びました。

本校では11月23日(月)の県農祭で献血を行いますのでご協力よろしくお願い致します。

    

農業科 赤米(古代米)・稲刈り

2015年10月19日(月)

10月17日(土)、農業科の1年生(21名)・2年生(5名)と食品科学科の食品加工研究会1・2年生(8名)が県立考古学博物館と連携して取り組んでいる赤米(古代米)の稲刈りに参加しました。

育苗は農業科、稲刈り後の赤米の加工食品開発などは食品科学科がそれぞれ分担。さらに田植えと稲刈りは連携実施しています。今回は石庖丁による穂摘み、赤米の試食などがありました。前日には雨天を心配しましたが、校内の学科連携、校外の公社連携を通じて専門性を高めた1日となりました。

    

第66回 日本学校農業クラブ全国大会 群馬大会

2015年10月21日(水)

本日より22日まで群馬県にて農業クラブの全国大会に以下の生徒が出場します。応援よろしくお願いします。

プロジェクト発表:環境

花酵母研究会 7名

意見発表:文化・生活 1名

農業鑑定競技

 農業の部 1名

 畜産の部 1名

 食品科学の部 3名

 造園の部 2名

国営東播用水農業水利事業施設見学(農業環境工学科)

2015年10月21日(水)

10月21日(水)に、農業環境工学科1年生は、川代ダム(篠山市)、大川瀬ダム(三田市)、呑吐ダム(三木市)、御坂サイフォン(三木市)を見学しました。

遠い篠山の地から三田と三木にあるダムを経て稲美町や加古川市などに水が送られてきていることを知ることができました。また、呑吐ダムでは、堤体内の監査路まで見学させていただきました。急な長い階段を下りたり上ったりするのは大変でしたが、とても貴重な経験になりました。

   

第66回日本学校農業クラブ全国大会 群馬大会結果

2015年10月21日(水)・22日(木)

快挙!!プロジェクト発表・環境部門で最優秀賞受賞


プロジェクト発表

  • <環境部門>

    最優秀賞

    『5ミクロンの可能性〜野生酵母の特性を利用した農業環境の改善〜』

    生物工学科 7名

農業鑑定競技

  • <農業の部>

    優秀賞 農業科

  • <畜産の部>

    優秀賞 動物科学科

  • <造園の部>

    優秀賞 造園科

今回、兵庫県初となる最優秀賞を受賞することができました。農業鑑定競技においても、3名の生徒が優秀賞を受賞しました。

ご声援ありがとうございました。

造園科 第2回いなみの特別支援学校陶芸班と交流

2015年10月23日(金)

3年造園科環境マネジメント類型の14名が、2回目の交流及び共同学習を行いました。

今回は、いなみ野特別支援学校に伺い、陶芸体験と焼き付け体験を陶芸班の皆さんに指導してもらいながら行いました。「楽焼」に挑戦し、一人一人粘土を手でこね、形を作っていきます。簡単そうに見えましたが、実際に行うととても難しかったです。また、七輪を使った焼き付けにも挑戦し、身近な道具で焼き物を楽しむことが出来ました。手作りならではの味わいを楽しむことが出来る焼き物になったと思います。

県農祭では2校のコラボ作品を販売しますので、ぜひ来てください!

   

農業科 先進地見学3年

2015年10月23日(金)

10月23日(金)農業科3年生39名は、イオンアグリ創造(株)「三木里脇農場」、夢前夢工房「夢やかた」、「夢街道farm67」を見学しました。 見学先では代表者の方から詳しい説明を受ける機会を得て、「三木里脇農場」では広大な農場で食品リサイクルループを活用した栽培やGLOBAL GAPについて学び、農産物の安全だけではなく、生産者の安全確保への取り組みについて改めて考え直す機会となりました。また「夢やかた」では、代表の衣笠様から自らの取り組みを踏まえ、農業の可能性を感じさせる貴重なお話を聞くことができました。今回の経験を生かし、さらに農業の専門学習に取り組んでいきます。

   

農業科 先進地見学1年

2015年10月23日(金)

10月23日(金)農業科1年生(40名)は、兵庫県内で行われている特色のある農業を学ぶため、@県北部の農業分野の国家戦略特区・養父市の八鹿鉄鋼(株)ベジ×ふる あさくら彩園では、過疎化・高齢化対策として地域の木質バイオマスや医療用の特殊フィルムを用いた土を使わず、高糖度トマトを生産する「フィルム農法」、A豊岡市の県立コウノトリの郷公園では県が推奨する環境創造型農業「コウノトリ育む農法(水稲)」についてご指導いただきました。

今後のTPPの導入にも、日本、そして世界に誇る「兵庫の農業」のあるべき姿について学ぶことができました。紅葉のはじまった山並みを眼下に但馬の青空をはばたくコウノトリの雄姿を見て、農業への志を新たにしました。

   

農業科 先進地見学2年

2015年10月26日(月)

10月26日(月)、2年農業科40名が京都府相楽郡和束町にある京都おぶぶ茶苑を見学しました。和束町では宇治茶に代表される高級茶が800年前から生産され、特に和束茶と呼ばれています。おぶぶ茶苑は茶畑オーナー制度や外国人研修生の受入れ、海外へ積極的な販売活動を行い、注目されており、TV東京「ガイアの夜明け」に取組みが紹介されました。代表の喜多章浩氏から茶畑で説明を受け、茶摘み体験、煎茶とかぶせ煎茶2種類の試飲をしました。普段飲んでいるお茶との違いに驚きの声があがっていました。

   

農業科 農業体験・交流事業「サツマイモ掘り」

2015年10月26日(月)

10月26日(月)〜11月10日(火)までの間、合計9グループ・397名の園児や乳幼児が来校して、農業科・1〜3年生(280名)と「サツマイモ堀り」を行います。いざ教える側になると、てんてこ舞いになりながら、子どもたちとの交流事業を楽しみにしており、目の高さを同じにして、やさしく・根気よく・わかりやすく・工夫しながら、農業の魅力について体験的に学んでいる姿は微笑ましいです。 畑には、焼き芋用の定番「紅あずま」、紫色の「パープル・スイートロード」、キメ細かで甘味の強い「シルクスイート」、繊維が細くて糖度の高い人気の「紅はるか」、さらにイモづる採取をメインとした「翠王」など、課題研究を兼ねていくつもの品種が栽培されています。

   

動物科学科 六甲山牧場の特別授業

2015年10月27日(火)

10月26,27日に六甲山牧場から講師の方にお越しいただき、特別授業を行いました。26日は学校のヒツジからとれた羊毛を利用し、羊毛クラフトを教えていただきました。羊毛の特徴や洗い方、染色方法まで様々なことを学びました。この技術を活かし、県農祭に向けてマスコット作りを行っていますのでご期待ください。

27日はヒツジと牧羊犬の授業を行いました。羊の歴史や種類など多くのことを学ぶことができました。最後には六甲山牧場で、ショーを行っている牧羊犬の「ルーシー」も登場し、とても楽しい授業でした。

   

農業科 山田錦を検査へ

2015年10月28日(水)

10月28日(水)、3年農業科6名が課題研究で栽培した山田錦の等級検査に立ち会いました。稲美町にある(株)井澤商店は地域の農家に栽培指導を行っておられます。今年は肥料設計を一新し栽培したところ、稲穂が地面に着くほどによく実りました。収穫した山田錦の検査ではどの等級に判定されるか緊張の面持ちでしたが、見事「1等米」となりました。粒の張りが大きく、心白もよく形成されているとの評価でした。

  

全校集会

2015年10月30日(金)

本日、表彰式及び、新生徒会・農ク役員の紹介が行われました。

県農生一人一人の更なる活躍に期待しています。

農業クラブ全国大会報告会

2015年11月4日(火)

10月21日(水)・22日(木)に行われた農業クラブ全国大会の報告会がありました。

全国大会で最優秀賞を受賞した生物工学科7名のプロジェクト発表と、近畿大会で最優秀賞を受賞した食品科学科3年生の意見発表が行われました。その後の質疑応答では、出場までの取り組みや感想を聞くことができ、来年の全国大会を目指す後輩にエールが送られました。

動物科学科 「種雄牛」造成計画 その2

2015年11月9日(月)

動物科学科では、全国の農業高校に先駆けて種雄牛の造成を目指しています。このたび兵庫県より「みつかね6号」「てるみやつるの6号」「ふくのはな2号」の3頭が、育種基礎雌牛に認定されました。種雄牛を生産する母牛の仲間入りができました。大切に飼育し、次のステップを目指します。

   

造園科 小高連携事業「校庭樹木の剪定と花壇植え付け交流」 野口北小学校

2015年11月9日(月)

造園科3年生が、加古川市立野口北小学校で交流を行いました。天候は小雨でしたが、3年生の子供たちと一緒にパンジーやビオラを花壇に植えたり、カイズカイブキの剪定枝を集めたりしました。きれいに見える植え方などを説明したり、一緒に掃除をしたり、普段と違ったことができ、とてもいい経験になりました。

   

動物科学科 いなみ野祭で動物ふれあい

2015年11月14日(土)

第43回いなみ野祭で動物ふれあいコーナーを実施しました。野間馬やヒツジ、ミニブタ、ウサギの紹介を行い、子どもからお年寄りまでとても楽しくふれあっていただきました。生徒達も動物の説明を分かりやすく行ったり、危険が無いように配慮をしたりと大活躍でした。

  

生物工学科 ノジギクのフィールドワーク

2015年11月15日(日)

姫路の大塩にあるノジギクの里公園や沿岸付近に自生しているノジギクの調査を行いました。今後、ノジギクの育種研究や課題研究などに生かしていきたいと考えています。

  

校内祭

2015年11月22日(日)

11月20日(金)に校内祭が行われました。各クラス思考を凝らしたステージ発表で大盛り上がりで終了しました。次は県農祭です。県農祭でもそれぞれのクラス、学科が展示や販売を行います。皆様のご来場を生徒、職員一同心よりお待ちしております。

  

第48回県農祭

2015年11月24日(火)

11月23日(月)に第48回県農祭が行われました。

来場者は過去最高の10827人で大盛況でした。各学科の販売物にも行列ができ、ほとんどの商品が完売しました。また、展示や公演も大好評でした。ご来場ありがとうございました。

  

兵庫県乳牛共進会

2015年11月27日(金)

平成27年度兵庫県乳牛共進会が開催されました。6部にドルチェ号を、4部にポコ号を出品しました。酪農研究会の生徒5名が3か月間にわたり、調教と毛刈りを行ってきました。プロを相手に堂々と戦った結果、ポコ号が優等賞に選ばれました。次の春の大会では、チャンピオンになれるように調教をつづけていきます。

  

造園科 小高連携事業「校庭樹木の剪定と花壇植え付け交流」 平岡北小学校

2015年12月1日(火)

造園科2年生が、加古川市立平岡北小学校で交流を行いました。4年生の子どもたちと一緒に花壇にパンジーやビオラを植えたり、剪定した樹の剪定枝を集めたりしました。最初は緊張しましたが、説明を一生懸命聞いてくれたり、走って落ち葉を運んでくれたりして、1時間という短い時間でしたが、仲良くなることが出来ました。とても貴重な体験でした。

  

造園科 第53回技能五輪全国大会

2015年12月7日(月)

祝!!敢闘賞受賞!

3年造園科の生徒が兵庫県の代表として技能五輪全国大会に出場し、日頃の練習の成果を発揮し、見事敢闘賞に選ばれました。

ご声援ありがとうございました。

  

第2回防災避難訓練

2015年12月10日(木)

12月10日に地震を想定した防災避難訓練を実施しました。 大地震が発生し渡り廊下が崩れ、避難経路が制限されている状況を想定して行いましたが、避難経路と地震発生時の行動を事前に確認しておいたこともあり、速やかに避難することができました。教頭先生から講評をいただいた後は、クラスに戻り防災学習も行いました。今回は近隣自治会役員の方々にも見学していただき、地域との助け合いも認識することができました。

  

農業科 収穫感謝祭(校内)

2015年12月11日(金)

恒例行事となっている農業科の伝統行事。3年生が企画・準備を行い、1・2年生とともに1年間の農作業の安全と収穫を喜び、食卓を囲みともに歓談しました。放課後や夏休みの総合実習、9月の体育大会、11月の県農祭など農業科として力を合わせて頑張ってきた120名が喜びを分かち合う1年に1度の貴重な機会でした。この日は自分たちがこれまで丹精込めて栽培してきた平成27年度産の炊きたて立ての新米と採りたての新鮮野菜いっぱいの具だくさん豚汁をいただきながらみんな笑顔でした。こうして今年も農業科の伝統と文化が引き継がれました。

  

農業科 レンコン堀り・赤米(古代米)稲刈り

2015年12月11日(金)

12月11日(金) 午前の収穫感謝祭でお腹一杯になって温まった後、昼からは学校から自転車で5分ほどの稲美町北山にある農業用のため池である「後池」で今年で2年目となるレンコン堀に農業科の生徒1年生(14名)、2年生(10名)、3年生(3名)と生物部2名の合計29名が挑戦しました。前日は12月としては異例の大雨で池は水であふれており、ウエイダーを着用して深い位置にあるレンコンを足裏で確認しながら、宝物探しのように1本ずつ丁寧に堀りあげていました。ため池の多い東播磨地域らしい農業を肌で学んだ1日でした。

  

吹奏楽部「クリスマスコンサート」、農業科「販売実習」

2015年12月13日(日)

加古川総合文化センターで行われた「クリスマスフェスタ2015」にて、本校吹奏楽部が「クリスマスコンサート」を行いました。クリスマスの曲から、子どもたちになじみのあるアニメの曲まで30分間の演奏を、階段まであふれたたくさんのお客様に聞いていただくことができました。最後はアンコールもあるなど予定時間を超え、充実したロビーコンサートとなりました。  

また、同時に会場前で本校農業科3年生が、「ひょうご安心ブランド」認証トマトを始めとした野菜の販売実習を行い、早朝から準備した野菜が短い時間で完売しました。3年生はイベントでの最後の販売実習でした。3年間の学習の成果を発揮し、多くのお客様に農業科の取り組みをPRできたとても良い機会となりました。

           

ご来場いただいたお客様ありがとうございました。

  

社会保険労務士による「出張授業」

2015年12月14日(月)

本日、社会保険労務士の講師の方にお越しいただき、出張授業をしていただきました。労働条件や年金制度など社会保険制度について詳しくお話していただき、働くということについて考え、学ぶことができました。

  

造園科 祝!!兵庫知事賞受賞!

2015年12月15日(火)

1年造園科の生徒が平成27年度「ものづくり兵庫」技能競技大会若年者技能部門造園職種において第1位となり兵庫県知事賞を受賞しました。また、同大会において2年造園科の生徒も3位に入賞しました。プロの交じる大会でよくがんばり、成績を残したと思います。ご声援ありがとうございました。

  

アグリフェア開催!!

2015年12月15日(火)

平成27年12月19日(土)午前9時より県農アグリフェアを開催いたします。 今年の目玉は大きなシクラメン(7号鉢:直径21cm)です。写真の右側が5号鉢、左側が7号鉢となっています。年末年始の装飾・贈答用にいかがでしょうか。 その他の販売物はチラシをご覧ください。チラシはこちら

  

全国大会での快挙達成を伝える看板を設置しました

2015年12月16日(水)

本日、平成27年度日本学校農業クラブ連盟全国大会プロジェクト発表「環境」区分における文部科学大臣賞受賞(全日制)、平成27年度全国高等学校定時制生徒生活体験発表大会における厚生労働大臣賞受賞(定時制)という、本校の生徒が達成した二つの快挙をお伝えする看板を設置しました。PTA の協力を得て作成し、設置しました。少しでも多くの方々に、生徒の頑張りが伝われば幸いです。

            

動物科学科 大丸での販売実習

2015年12月16日(水)

大丸須磨店、芦屋店の2店舗において県農ビーフと県農ポークの販売を行いました。通常、家畜を飼育し出荷するまでが畜産の仕事ですが、今回は出荷後肉に加工され消費者の手に渡るまでを見ることができました。自分たちが生産した肉を実際にお客様に販売することで畜産の価値を再認識するよい機会となりました。これからもこの経験を活かし、実習に励みたいと思います。

            

農業部講演会

2015年12月17日(木)

本日、兵庫県農政環境部農林水産局農業改良課参事である西村いつき氏をお招きし、「循環創造型農業の推進 〜コウノトリが教えてくれたもの〜 」という題目で講演をしていただきました。農業を守ることが環境を守ることにつながることや、環境保全型農業の実践例を説明していただき、農業と環境の関わりについて考えることができました。質問にも丁寧に答えていただき、農業を学んだり携わったりしていくにあたって、大変有意義な時間となりました。

  

動物科学科 六甲山牧場で羊毛クラフト実習

2015年12月17日(木)

六甲山牧場で羊毛の加工方法を教えていただきました。今回は、これまで行ったことのない、水と洗剤を使って羊毛をこすりフェルト化させる加工方法に挑戦しました。今までは羊毛でマスコットしか作成することができませんでしたが、技術を磨けば敷物やカバン、帽子など様々なものに加工することができるようになります。これから技術を磨き、商品化を試みたいと思います。

  

2学期終業式・全校集会

2015年12月22日(火)

本日、2学期の終業式を終えました。

2学期は体育大会や県農祭などたくさんの行事があり、とても充実した学期になりました。松ア校長からの式辞があり、2学期を振り返って県農生が活躍した素晴らしい話をしていただきました。

3学期始業式・全校集会

2016年1月8日(金)

本日、3学期始業式が行われました。

松ア校長のお話にあったように、一人一人が目標を持って学校生活を送ってほしいと思います。

            

生物工学科 花酵母研究会 「第1回 現代ビジネスプラン・コンペ」最優秀賞 受賞

2016年1月12日(火)

世界に通用するビジネスプランを競う大会が12月29日に兵庫大学でおこなわれました。全国から41組の応募があり、一次予選を通過した生物工学科の生徒たちは、この日プレゼン発表をおこないました。審査には兵庫大学学長をはじめ、タレント・実業家として活躍されている厚切りジェイソン氏が特別審査員として参加されました。発表内容を的確に伝えるために発表直前まで練習を繰り返し、花の蜜から採取した野生酵母を用いてお酒を販売するビジネスプランを提案しました。社会背景を踏まえ、完成度が高く緻密に構成されたプランであると評価され、最優秀賞を受賞することができました。

1学年 職業体験講座

2016年1月25日(月)

各種専門学校の講師の方々にお越しいただき、職業体験を実施しました。職種をイメージで捉えるだけでなく実際に職業体験することで、進路選択の大きな手がかりとなりました。

第8回サイエンスフェアin兵庫への参加

2016年1月31日(日)

ポートアイランドの国際展示場において第8回サイエンスフェアが開催されました。
県下の自然科学に関する多くの高校や企業、大学が普段の研究内容を発表し、他校の取り組みを知ってもらう機会として有意義なイベントになりました。県農からは生物部と生物工学科の研究会が発表しました。県下農業高校として唯一の取り組みとなりました。

  

3年生によるキャリアガイダンス

2016年2月4日(木)

1年生を対象にした、キャリアガイダンスが行われました。
3年生は自分たちが進路実現に向けて頑張ってきた成果を具体的に話し、1年生はメモを取りながら真剣に聴いていました。先輩から後輩へ力強くバトンが託されました。

課題研究校内発表会

2016年2月4日(木)

本日、校内で課題研究の発表会を実施しました。
各科の代表に選ばれた3年生が農業に関する課題を設定し、その課題の解決を図った成果を1,2年生の前で発表しました。どの発表も素晴らしく、これから研究を行う後輩たちにとって、よい刺激になりました。

造園科 県庁緑化表彰式

2016年2月9日(火)

県下の農業高校が県庁の一角で園芸装飾を行っており、県農では、造園科が代表して参加しています。その感謝状贈呈式に2年造園科の2名が参加しました。県の公館で行われ、特別に入館することが出来ました。来年も良い作品を展示して、県農をもっと知ってもらいたいと思います。

造園科 四つ目垣の作成

2016年2月9日(火)

2年造園科のメンバーが四つ目垣の製作を行いました。授業で練習した、いぼ結び(男結び)を兵庫の達人招聘事業でお呼びした長石造園の先生に、作成過程や作成した垣から評価していただきました。練習した成果を出すことが出来ました。

生物工学科 リアルタイムPCR装置 植物の病理診断in神戸大学

2016年2月10日(水)

 生物工学科の生徒が植物の病気治療の研究で神戸大学において遺伝子実験の指導をして頂きました。植物の病気を治療するためには、バイオテクノロジーを使って研究を進める必要があります。この最先端技術を生徒たちは熱心に教わっていました。3年生の生徒は「最先端の実験技術を学べて嬉しい。実験には正確さが求められ、緊張し手が震えたが、うまくできて安心した。生物工学科にも最新の設備が導入されるそうで、後輩たちに今回の経験を話したい。」と意気込みを語ってくれました。

生物工学科 花酵母研究会 「ゆずりは賞」受賞

2016年2月10日(水)

 この度、全国学校農業クラブ プロジェクト発表競技にて最優秀賞を受賞するなど「酵母菌の研究活動」に取り組んでいる生物工学科の生徒たちが、ゆずりは賞を受賞しました。授賞式は兵庫県公館でおこなわれ、兵庫県教育長から盾が贈られました。受賞した3年生の生徒は「ユズリハの木のように後輩たちにこの研究を引き継いでもらいたい」と気持ちを語ってくれました。ゆずりは賞は、50年の歴史があり、多くの人々の模範となるような立派な行為や有益な研究・発明をした個人や団体に贈られる賞です。

生物部 第11回共生のひろばへ参加

2016年2月16日(火)

三田市の人と自然の博物館で開催されている共生のひろばに生物部が参加しました。
小学生から一般の団体まで幅広い世代で自然に関わる活動をしている団体と交流を深めることができました。生物部からは環境DNA、湿地に関する調査、加古川の調査について発表を行いました。

グローバル語り部講演会

2016年2月18日(木)

本校1、2年生を対象に、本校とセルビアの高校とが計画し運営してきた、お互いの国の作物の種を交換・栽培する「Seed Project」についての講演会がありました。
まず、講師の先生にプロジェクトの背景を説明していただき、その後本校の生徒が1年間の取り組みについてパワーポイントを使いながら説明しました。最後には、実際にセルビアの高校とインターネットを使って交流を図るなど、国際交流の意義や可能性を感じることもできました。

平成28年度入学生 推薦入試合格発表

2016年2月19日(金)

本日、推薦入試合格発表がありました。合格された生徒のみなさん、おめでとうございます。残念ながら涙を流された生徒のみなさん、この悔しさを次の一般入試に向け、再チャレンジをお願いします。

平成27年度 錦江会入会式・賞状授与式

2016年2月25日(木)

本日、3年生の錦江会入会式と賞状授与式を執り行いました。錦江会理事長の坂田實様にお越しいただきお話をしていただきました。賞状授与式では、皆勤賞をはじめ、ゆずりは賞、兵庫県学校農業クラブ連盟功労者賞、兵庫県高等学校農水産技術顕彰など、生徒たちの素晴らしい功績を全校生で称え表彰いたしました。明日はいよいよ卒業式です!

 

平成27年度 卒業証書授与式

2016年2月26日(金)

第68回卒業証書授与式を挙行いたしました。大勢のご来賓の方々、保護者の皆様、在校生たちに見守られながら、268名の3年生たちが卒業をしていきました。県農での実習や仲間たちと過ごした日々から得たものや様々な想いを胸に、これからの人生を歩んでほしいと願っています。卒業生一人一人が夢を実現できるよう、県農生であったことを誇りに頑張ってください。
ご卒業、おめでとうございます。

 

県農に新しい仲間がやってきました

2016年2月29日(月)

本日、本校PTAの支援によって淡路島の愛犬ランドからボーダーコリーがやってきました。これから生徒みんなで愛情を注いで育て、立派な牧羊犬になれるよう訓練を行います。県農祭などのイベントでも披露できるように頑張りますので応援よろしくお願いします。

 

県庁緑化 造園科

2016年3月2日(水)

7月は、卒業した3年生が植栽を多く使い生命力あふれる作品を展示されましたが、3月は、2年生女子6名が展示しました。今回は盆栽を用いた落ち着いた作品です。真柏や雑木など多くの種類の盆栽を組み合わせ、表情豊かになっています。県農の誇る盆栽を多くの方に知っていただけたら嬉しいです。兵庫県教育委員会のホームページでも紹介されています。ぜひご覧ください→http://www.hyogo-c.ed.jp/~board-bo/oneshot16/index-oneshot1603.html

 

春季球技大会

2016年3月3日(木)

本日、春季球技大会を行いました。今回はドッヂボールをクラス対抗で行いました。どのクラスも一致団結し、白熱した戦いをみせてくれました。

 

いなみ野ため池ミュージアム「次代と語る『ため池』交流会」

2016年3月5日(土)

生物部とため池研究会が日ごろの活動を紹介し、来場者からの鋭い質問にもしっかりと答えていました。ため池研究会プロデュース「ため池イメージソング『ふるさとの宝』」も初披露されました。次は20日(日)、加古川総合文化センターにて、ため池研究会の発表とイメージソングを披露させていただきます。ぜひご来場ください!
詳しくはこちらhttp://www.inamino-tameike-museum.com/

 

講義・実験「マツ枯れのメカニズム」 造園科

2016年3月8日(火)

3月4日(金)樹木医でもあられる「ガーデン志方」の講師の先生にマツ枯れのメカニズムについて教えていただきました。マツ枯れは全国的に大きな問題となっており、その対策が重要視されています。しかし、松枯れのメカニズムはとても複雑で、マツノザイセンチュウがカミキリムシを媒介にして広がっていくということを、詳しく教えていただきました。また、マツ枯れになってしまった材を用意して下さり、その材からマツノザイセンチュウを抽出する実験を行いました。マツを健全に生育させるためには、病害のメカニズムを理論立てて知ることが大事であるということがよく分りました。今後も、様々な視点から造園を学びたいと思います。

防犯に関する講演会

2016年3月8日(火)

新光警備保障株式会社会長を講師に招き、「高校生の防犯教室」と題した講演会がありました。 事件を未然に防ぐための方法や事件に遭遇した場合の対処法について、実演を交えながら教えていただきました。 命の大切さを再確認すると同時に、「自分の身は自分で守る」ことの必要性について知ることができました。

国際交流のための日本の文化に関する学習会

2016年3月9日(水)

生徒が日本の文化について学び、考える機会として、本校1、2年生を対象とした学習会を行いました。
第1部は、ニュージーランドへの短期留学及び夏季農業研修を行った生徒による報告会を行いました。食事や動物など様々な観点から、学んだ成果を発表しました。 第2部は、元JICA日系社会ブラジルボランティアの方による講演会でした。ブラジル社会で日本の伝統文化である「琴」を紹介された体験を、実演を交えながら紹介していただきました。

インターンシップ報告会

2016年3月18日(金)

今年度インターンシップを実施した32組の生徒が全校生の前で成果を発表しました。それぞれ職場体験を行ったことで、普段の授業や実習では体験することのできないことを数多く体験していました。その発表を聞く生徒も真剣で、このインターンシップがさらに広がり進路選択、進路実現につなげていきたいです。

平成28年度入学生 一般入試 合格発表

2016年3月19日(土)

本日、一般入試の合格発表がありました。合格者の皆様、おめでとうございます!4月からの高校生活を楽しみにしていてください。なお、23日には入学説明会がありますので、お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。

 

3学期終業式・表彰式・ラグビー部壮行会

2016年3月23日(水)

本日、3学期の終業式を行いました。松ア隆幸校長から式辞があり、今年度の県農生の活躍についてお話していただき、来年度も更なる飛躍の年になるようにとメッセージが送られました。

その後、ラグビー部の壮行会を行いました。1年農業科の生徒が兵庫県の代表として選ばれ、近畿大会に出場します。ご声援よろしくお願いします。

 

第3回 ため池研究会主催『ため池水族館』開催

2016年3月23日(水)

どなたでも入場していただけます!詳しくは上のチラシをご覧ください。
日時:平成28年3月25日(金)13:00〜15:00(受付12:45〜)
場所:県立農業高等学校 農業環境工学科実習棟(正門・東門にてご案内します)
内容:(1)ため池研究会による研究発表
         (2)高校生バンドによる、ため池イメージソング『ふるさとの宝』演奏
         (3)ため池などに生息する生き物の展示
         (4)魚釣りゲーム

 

造園科 松の剪定実習

2016年3月24日(木)

兵庫の達人招聘事業の一環で長石造園の先生にご指導いただき、松の剪定実習を行いました。プロの技を間近で見ることが出来、とても感激しました。造園の世界ではなかなか挑戦させてもらえない松の剪定を、丁寧に指導をいただき、挑戦することができました。どうすればいいか、考えながらの剪定で、はさみの運びもゆっくりで、1つの木を仕上げることが出来ませんでしたが、今後さらに練習を積み、剪定の技術を向上させたいと思いました。

 

農業環境工学科 測量実習 特別授業

2016年3月24日(木)

農業環境工学科の2年生たちが、近畿測量専門学校の先生から測量技術を学びました。電子平板という地図を描くソフトを使って、校内の平面図を描きました。初めて器械に触れた生徒たちは、慣れない操作に戸惑いながらも、新しい測量技術に感動した様子でした。

 

第3回ため池水族館を開催しました!

2016年3月25日(金)

昨年の夏休み、そして県農祭に続き、今年度3回目のため池水族館を開催しました。ため池水族館には、昨年寺田池で捕獲された珍しい色のナマズが大型水槽で展示され、来場者の注目を集めていました。生徒一人ひとりが綺麗にレイアウトした水槽の中で泳ぐフナ、メダカ、タナゴ、ドジョウ、カメなどの生き物を、皆さん楽しそうに眺めていました。

 

手柄山温室植物園 カトレア原種展

2016年3月25日(金)

生物工学科が毎年取り組んでいる活動として、姫路市の植物園でのランの展示があります。今年度もランに親しんでもらおうと、ランの培養に関する内容の発表と、展示を行いました。 今年度は中央の目立つ部分にディスプレイを設置しているため、例年よりも強い印象を残すことができる作品に仕上がりました。詳しい情報は植物園のホームページhttp://www.himeji-machishin.jp/ryokka/greenhouse/index.html#kikaku でも紹介されています。

 

造園科 須磨離宮公園

2016年3月30日(水)

2年造園科が2日間に渡り、須磨離宮公園で造園実習をさせていただきました。公園管理をされている造園業者さんに指導をいただきながら、シシガシラ(カンツバキ)の剪定を行いました。普段とは違った仕立て方で、切っていく枝を選ぶのにもとても慎重になりました。そのあと、特別非常勤講師の國賀先生に庭園を案内していただきました。須磨離宮の都市公園としての役割、各様式の庭園の特徴など、詳しく教えていただきました。
この実習を今後に活かします。

 

地域の伝統文化を世界に発信

2016年3月30日(水)

農業科が酒米山田錦の栽培から醸造に関わった純米吟醸「盛典」と、生物工学科が花酵母の発見と商品企画、醸造に携わった純米吟醸「県農 花てがみ」の初出荷式に出席しました。場所は世界中のお客様をお迎えされている神戸ベイシェラトンホテル。酒蔵の岡田本家さんと一緒に農業科2名と生物工学科5名の生徒が納品に参加し、神戸新聞社さんの取材を受けました。納品後にはプロのソムリエやバーテンダーの方々が次々とテイスティングされ、「お酒を飲めない高校生が品質分析技術を駆使してここまでの美味しいお酒を造れるとは」と驚かれると共に、香りや味を高く評価してくださり、一流ホテルで扱って頂けることになりました。生徒は、プロの意見に圧倒されると同時に、これまでの取り組みに自信を得た様子でした。これからも県農の取り組みにご期待ください。