書類ダウンロード

学校感染症について

医師に学校感染症と診断された場合、すぐに学校に連絡してください。
また、主治医の登校許可があるまで(感染の恐れがなくなるまで)自宅で静養して下さい。

登校許可が出た場合、次の書類に必要事項を記載した上で提出してください。

   

※インフルエンザにかかった場合は、「インフルエンザ確認事項」の提出もお願いします。

詳しくはこちらをご覧ください。

学校感染症の手続きについて:PDF

学校感染症には以下のものがあります。該当する場合は速やかに学校に連絡、主治医の登校許可が出るまで、しっかり休みましょう。

第1種学校感染症
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎ジフテリア及び重症急性呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)、鳥インフルエンザ(H5H1に限る)

上記の他、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症

第2種学校感染症
インフルエンザ、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹(3日はしか)、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
第3種学校感染症
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他感染症