平成28年度農業環境工学科通信

平岡北小学校環境体験学習

2016年5月24日(火)

農業環境工学科は、環境体験学習をとおして平岡北小学校3年生のみなさんと交流を行っています。1学期はスイートコーンの栽培。2学期はダイコンの栽培を行います。種まきから観察・管理をおこない、最後に収穫をしておいしく食べてもらっています。交流をおこなう2学年の生徒も交流を楽しみにし、立派に指導しています。

兵庫県土地家屋調査士会による特別授業

2016年12月27日(水)

農業環境工学科2年生対象の特別授業に兵庫県土地家屋調査士会の方に来ていただきました。農業土木や地域環境の保全を学んでいる私たちにとっては耳慣れない職業でしたが、現在学んでいる「測量」が大きく関わっていること、「測量士補」の資格が基本となり目指せる資格であること、決して簡単に取得出来る資格ではないが、資格取得後は職業に生かせることなどを教えていただくことが出来ました。さらに、土地家屋調査士という仕事が現場をしっかりと見ること、知ることが大切であることも教えていただきました。本校の農業土木科の大先輩をはじめとした先生方から色々な側面からの話を聞くことが出来勉強になりました。

農業環境工学科 最先端の測量技術を学ぶ

2017年3月30日(木)

農業環境工学科2年生の生徒が、近畿測量専門学校の先生による特別授業を受けました。午前中は5月に行われる測量士補のための対策講座、午後は最先端の測量技術の1つである電子平板の用いての実習を行いました。クラス全員が挑戦する国家試験である測量士補の講座ではいつもとは違う緊張感を持ち取り組み、午後の実習では初めて操作する器械に緊張しながら興味を持って取り組むことが出来ました。最後に、調査で実際に用いられているドローンの実演も見せていただき新たな測量の世界を知ることが出来ました。