本校の教育目標

「自治・自由・創造」の教育綱領のもと、民主的・文化的で平和な国家及び社会の有為な形成者として必要な資質を養うために、自ら学ぶ意欲と社会の変化に対応できる能力の育成を図るとともに個性の伸長を目指して教育の充実に努める。

校章の由来

新制高等学校への移行に備えて、昭和22年度の第3学期、新しい校章の図案を職員生徒から募集した。応募作品は、美術担当の石田三男教諭によって選考せられ、広く職員生徒の意見も聞いた結果、4年生梅村俊造君(5期生)の作品を原案とし、それを京都絵画専門学校(現在の京都市立芸大)に依頼してできあがったのが、現在の校章である。

重点目標

第2期「ひょうご教育創造プラン」を踏まえ、次の6項目を重点目標とする。

(1)「生きる力を育み、一人一人の自己実現を目指したキャリア教育の充実

(2)基礎・基本の確実な定着と活用する力を育成し、確かな学力の確立及び個性や創造性を伸ばす教育の充実

(3)教職員としての資質と実践的指導力を向上させ、教職員の協働体制による学校の組織力の向上

(4)地域に信頼され、地域の期待に応える開かれた学校づくりの推進

(5)自治・自律の精神および命と人権を尊重する「心の教育」の推進と豊かな人間性の育成

(6)防災教育及び安全教育の推進と豊かな共生の心の育成

▲ページトップへ