気象警報発表時における登校の扱いについて

◆平常授業時の場合
芦屋市または神戸市「暴風」、「大雨」、「洪水」、「大雪」のいずれかの警報(以下、「気象警報」という)が発表された場合は、以下のように対処する。
6時現在、気象警報発表中の場合、自宅待機とする。
9時までに警報が解除された場合、第5校時(13:15)より授業を開始する。
9時現在、なお警報発表中の場合は、臨時休業とする。

◆定期考査期間である場合
芦屋市または神戸市、西宮市、尼崎市「暴風」、「大雨」、「洪水」、「大雪」のいずれかの警報(以下、「気象警報」という)が発表された場合は、以下のように対処する。
6時現在、気象警報発表中の場合、臨時休業とする。
②休校により実施できなかった考査は、考査最終日の次の日より順次実施する。


※警報発表の有無は、NHK総合テレビおよびサンテレビで確認すること。
※警報発表は必ず市町村単位で確認すること。メディアの報道で阪神地域の警報は、阪神地域全域での警報発表とは限らない。
※上記の対象地域以外の居住地に気象警報が発表された場合、その居住地の生徒は、
   平常授業時   6時現在、居住地に警報発表中の場合は自宅待機
           9時現在、発表中の場合は登校しないものとする
   定期考査期間  6時現在、居住地に警報発表中の場合は登校しないものとする

▲ページトップへ