校長室の窓から No.61

        平成25年12月24日

     バックナンバーはこちらから

はじめに

今年も「あっ」という間に、終わろうとしています。
平成25年を振り返って見ますと、色々なことがありました。あまり発行数の多くない私の「校長室の窓から」を読み返してみても、様々なことが思い起こされる一年でした。今年は、この第61号で締めくくりたいと思います。

「3年生教育総合類型の教育体験記録」より

教育総合類型クラス3年生の生徒が11月14日、金楽寺小学校のご協力のもとに、39名の生徒が5つの班に分かれ模擬授業を体験しました。

準備には、週2時間の「教育探究」の授業を使い、約2か月を費やしました。
昨年度末にこの模擬授業を想定して、授業内で5・6年生対象の模擬授業の発表をしてから、この本番を心待ちにしていたメンバーで、準備が始まった当初から意欲的に動き出しました。
初めに授業計画を立て、展開する授業の目的をおさえました。人数が複数名いるので全員が役割を果たせるよう、ティームティーチング形式でどんな授業展開が効果的かを考えました。教材も準備をして、イメージはできてきましたが、実際授業展開がうまくいくのかどうか、準備をしていても見えてこなかったので、1学年の教育総合類型クラスにお願いをして、プレ模擬授業を行いました。
1回目は、実施する側と生徒側を体験し、自分たちのグループの反省点を出し合い、他のグループの良いところ改善点を自分たちのグループに活かせるよう改善点を出し合いました。見て頂いた先生からも的確なアドバイスを頂き、どんどん授業の内容、進め方に工夫がみられるようになりました。
2度目の最終確認のプレ模擬授業では、5展開で同時に実施し、実際の時間配分、説明の方法、役割分担まで細部にわたって確認することが出来ました。計7日(14時間)の準備期間を有効に活用し、準備した成果が当日十分発揮できたと思います。

各班が担当した教科とテーマは以下の通りです。
1班 5年1組 国語「物語をつくろう」
2班 5年2組 理科「雲」
3班 6年1組 算数「比の値」
4班 6年2組 英語「英語で色と好きな食べ物を言ってみよう!!」
5班 6年2組 社会「武将について」

高校生で模擬授業を体験できたというのは、教育総合類型ならではの貴重な体験です。機会を与えて下さった金楽寺小学校の皆様に感謝すると共に、今後様々な形で教育に関わる者として、ぜひこの経験を活かしてもらいたいと思います。

平成25年度明るい選挙啓発ポスター受賞作品展覧会

11月25日(月)~29日(金)尼崎市役所市民ロビーで開催されたこのポスター展において、本校の1年生の作品が展示されていました。
ご覧になった方もあろうかとは思いますが、再度、このコーナーでご紹介いたします。

 特選 1年 後藤 茜  入選 1年 谷脇 奈那美

第14回 みんなで語ろう! ~いなむら市長とともに 車座集会~

11月30日(土) 尼崎市女性センター・トレピエで行われたこの集会に本校生が参加しました。大人の方に混じって、女性の社会進出等について意見の交換がなされました。

高校生諸君は、貴重な体験をすることができました。

(詳しくは、尼崎市のホームページの「こちら市長室です」をご覧ください。)

  (尼崎市のホームページの「こちら市長室です」より転写)

すごい! 大先輩の活躍!!

平成25年12月11日の神戸新聞(朝刊の第2面)に掲載されたビッグニュースを紹介させていただきます。

本校の卒業生(高19回)の秋山一郎氏のニュースです。
その秋山氏がノーベル平和賞授賞式に出席された記事が掲載されていました。(スゴイですね!)
90年という長い歴史と伝統を持つ本校を卒業されていった先輩方には、すばらしい業績を残されている方々が数多くおられます。現役の生徒諸君も負けずに頑張ってほしいと思います。同時に、我々教職員も、この90年の伝統を踏まえた上で、さらに「新たなる県尼の創造」を目指していかなければならないと思っております。

DANCE ダンス だんす!

12月16日(月)に本校恒例の体育科授業の発表会でもある「DANCE・ダンス・だんす」が開催されました。

今回で14回目となるもので、年々盛んになっています。
昨年に引き続き、卒業生のダンスグループのすばらしいダンス披露もあり、会場は大いに盛り上がりました。

バックナンバー

校長室の窓からTOPに戻る