校長室の窓から No.51

        平成24年7月20日

     バックナンバーはこちらから

はじめに

1学期の終業式が無事終了しました。梅雨も明けて、非常に暑い日が続いていますが、生徒たちの顔も明日から夏休みということで、少し、楽しげな顔に見えました。ちょっといやみかなぁと思いつつも終業式の挨拶の中で、「夏休みといえども、浮かれすぎず、しっかりと自分を見つめるための大切な時間にしてほしい!」と伝えました。

平成24年度県尼祭 6月14日(木)・15日(金) 大成功!

県尼生は、今も昔もエネルギッシュなパワーあふれる「尼っ子」だと感心しました。学校行事を大切にし、クラスが一丸となって取り組む姿は、私が教諭でいた頃の5年前と全然変わりません。むしろ、その頃よりパワーアップしている部分もあると感じました。

ご来場いただきました保護者の皆様をはじめ近隣の地域の方々に深く感謝申し上げます。舞台発表・合唱・展示・模擬店・・・どれもすばらしい出来栄えでした。この県尼祭で生徒にとっての一学期の大きなイベントは終了です。翌日からは、期末考査に向けてパワー全開!!

第1回県尼オープンハイスクール 6月23日(土) 終了

昨年より100名以上も多い中学生・保護者の方々にご来場いただきました。ご参加いただいた皆さんに心よりお礼申し上げます。

蒸し暑い体育館の中での説明会となりましたが、参加していただいた中学生の皆さんが昨年よりも多かったにもかかわらず、その昨年よりも静かに、そして、熱心に耳を傾けていただきました。年々、本校への関心が高まっている?と、私の勝手な解釈かもしれませんが非常に感激いたしました。

第2回県尼オープンハイスクールは、9月15日(土)に実施いたします。第1回目は、市内の他校と午前・午後の違いはありましたが同じ日に重なってしまい、ご迷惑をおかけいたしました。第2回目は、日程が市内の他校とは重なっておりません。また、説明内容・授業見学・部活動見学も前回よりも工夫いたしております。すでに、市内の各中学校には、ご案内を差し上げておりますので、多くの方々のご参加をお待ちしております。

陸上競技部  佐藤嵩君(やり投) 近畿大会出場!
        松岡涼君(走高跳) 2年連続で近畿大会出場!
水 泳 部 福岡鈴佳さん(自由形) 3年連続で近畿大会出場!



兵庫県高等学校総合体育大会で今年も好成績を残してくれました。
まず、陸上競技部の佐藤嵩君(3年)がやり投で優勝し、近畿大会に出場しました。同じく陸上競技部の松岡涼君(3年)が走高跳で2位となり2年連続の近畿大会出場を果たしました。さらに、やり投の佐藤君は一般・大学生に混じっての兵庫県選手権大会でも入賞し、9月8日(土)に西京極陸上競技場で行われる近畿陸上競技選手権大会にも出場します。

また、水泳部の福岡涼佳さん(3年)が100m自由形で入賞しました。その結果、7月23~25日に彦根総合運動場スイミングセンターで開催される近畿大会に出場することになりました。3年連続の近畿大会出場という快挙を祝福するとともに、さらなる活躍を祈りたいと思います。

また、女子ハンドボール部が昨年・一昨年の男子ハンドボールに引き続き県大会5位に入賞しました。それ以外の多くの部活でも、3年生が最後の大会ということで、全力でチームを引っ張り、自己ベストを更新するなど、その存在感を大いに示してくれました。後輩諸君がこれを受け継ぎ、さらに発展させてくれることを期待したいと思います。

   

阿墨良晃先生
   今年も全国教員柔道大会に出場決まる!

生徒諸君の活躍もさることながら、先生も頑張っています。

保健体育科の阿墨先生が昨年に引き続き、今年も8月12日(日)に東京の講道館で行われる全国教員柔道大会に兵庫県代表選手として出場されます。活躍を祈りたいと思います。

生徒諸君が頑張り、先生も頑張っている「県尼」。本当にすばらしいと思います。
私がよく知らないばかりに、ここで紹介することができなかった隠れた活躍をしている人たちもきっといるに違いないと思います。
そんな人たちも、皆さん頑張ってください!!

プルトップ回収運動 2Lのペットボトル25本(25kg分)

本校では、生徒の保健委員会を中心にして、校内でアルミ缶のプルトップを回収して、車いすを寄付する運動に協力してきました。

昨年度は保健委員会が学校を代表して、この運動に協賛しておられる新聞社を通じて寄贈しました。しかし、車いすを寄付するには、もっと大量にプルトップを回収する必要があるので、その後も校内では地道に運動を継続していました。

そして、今年度も生徒のみなさんにはもちろんのこと、学校掲示板を使い地域の方々へもご協力をお願いしたところ、複数のご近所の方々からも大量のプルトップをいただきました。保健委員会の生徒たちも大いに感謝しておりますが、お名前を名乗られない方もおられましたので、この場を借りて私からも厚くお礼申し上げます。これからも息の長い活動をしていきたいと思っておりますので、今後ともご協力のほどよろしくお願いいたします。

バックナンバー

校長室の窓からTOPに戻る