<

校長室の窓から No.44

        平成23年月11日1日

     バックナンバーはこちらから

はじめに

10月にはいろいろな取り組みがありましたが、何と言っても一番大きなものは体育大会でした。その後は中間考査があり、生徒諸君は気持ちを切り替えて学習に臨んでくれていると思っています。

高校生ともなると、毎日いろいろと忙しくなりますが、それらに優先順位をつけて着実にこなしていく段取り力と気持ちのギアチェンジが上手になってもらいたいものです。

とくに、3年生は目の前に進路実現の壁が立ちはだかっています。いつも言っていることですが、焦らずあわてずあきらめず粘り強く最後まで頑張ってほしいものです。「狭き門より入れ」です。これは『新約聖書』の一節で、高い目標を達成するにはそれなりの努力が必要で、安易に楽な道を選んではならないという意味です。皆さんがそれぞれ高い志を持ち、それを叶えるために努力できる人に育ってくれることを願っています。

元気で楽しい体育大会でした

10月7日(金)に体育大会を行いました。

前日の予行は、早朝まで降り続いた雨のため、生徒たちの懸命のグラウンド整備で始まり、時間が押して省略した形で行いました。そのお陰で、当日は何とか良いコンディションで本番を行うことができました。生徒たちの協力・頑張りに感謝したいと思います。

大会はまず、各クラスともに、かけ声と足並みがそろった整然とした入場行進で始まりました。開会式の挨拶で私は、日頃より鍛えた県尼生の元気ではつらつとした活動ぶりを発揮してもらいたい。それには、一人一人が力、技、速さを競ってベストを尽くすこと。スポーツは無心に取り組むことで、自分自身を爽快な気持ちにさせること、また、スポーツに打ち込む姿は他人を感動させること、そして、スポーツを通じてみんなの気持ちを一つにすることができる。そういう意味では、今日一日、県尼生一人一人が楽しく充実した一日を過ごせるよう期待している旨を生徒たちに話しました。

その後、次のようなプログラムで大会は進行しました。

プログラム 
 入場行進 10 クラブ行進・クラブ対抗リレー 
 開会式 11  PTA・教師・有志「サンドイッチ競走」
 準備体操 12 女子100m走決勝 
 3人4脚リレー 13  男子100m走決勝
 女子400mリレー予選 14  紅白対抗「大玉渡し」
 男子400mリレー予選 15  第2学年競技「騎馬戦」
 第1学年競技「一致団結」 16  キングオブパワーin県尼
 学年対抗「綱引き」 17  女子400mリレー決勝
 障害物リレー 18  男子800mリレー決勝
 クラス対抗リレー予選 19  第3学年競技「Oh!(大)縄跳び」
 昼休み 20  クラス対抗リレー決勝
  21  閉会式

下の写真を見ていただければ、前述したように、生徒諸君が楽しい一日を過ごすことができた様子が見て取れるのではないかと思います。それぞれが自分の持ち味を出し切り、協力し合って、笑顔で心地よい汗を流している姿を見て、体育大会が盛り上がったと言うだけでなく、運営の面でも成功したことも含めて、生徒諸君に感謝するとともに、一緒に喜びたいと思います。また、生徒一人一人が自分たちの力で示したこのことを踏まえ、今後も引き続いて、学校生活のいろいろな面でも日々進化を遂げステップアップしてほしい、と願っています。

なお、総合成績は優勝2年7組、第2位1年7組、第3位3年7組の順でした。さらに詳しいことをお知りになりたければ、ホームページに掲載されている各学年通信をご参照ください。

最後に、ご多忙にもかかわらずご臨席賜りましたご来賓の方々や地域の皆様、また、年々増えてきて今年は245名もの方に来ていただいた保護者の皆様、そして、いろいろとご迷惑をおかけした近隣の皆様に心より感謝申し上げます。
クラブ行進 リレー
騎馬戦 開会式
綱引き 3人4脚

「教育体験」高大連携科目が関西国際大学で始まる

いよいよ関西国際大学での高大連携講座が始まりました。

これは、本校と高大連携協定を結んでいる関西国際大学との間で、高大連携科目等履修生受け入れに関する協定が6月に締結されたことを受けて、大学側の秋学期に合わせて実施するものです。具体的には、本校教育総合類型(2年7組)40名が、学校設定科目「教育体験」の一部として、関西国際大学教育学部川村光准教授の「教職概論」を大学生に混じって9月から約半年間受講する予定です。9月15日(木)に第1回目として大学でオリエンテーションを行った後、修学旅行を挟んで、9月29日から定期考査や学校行事の期間を除いて、ほぼ毎週木曜日の午後大学に受講に行っています。

これまでは、関西国際大学をはじめ、多くの大学から機会あるごとにたくさんの先生方に出張講義の形で本校に来ていただいておりました。それらは単発であったり、比較的短いシリーズでしたが、今回は90分の講義を全部で11回ほぼ連続で受講するということで、学問として系統だったことを本格的に学べるわけです。

講義の内容は、教職のあり方や教師像を形成した歴史的・社会的背景を広く概観する。そして、専門職としての教職の意義や教師の役割を理解することを目的とすると伺っております。大学という普段とは異なった環境で、また周囲には大学生という異なった集団とともに学ぶことで、さまざまな出会いや刺激を受けるのではないかと思っています。それをきっかけに、全員が自分自身の目標に沿って、主体的に高次元の水準を求めて取り組んでくれることを期待しています。この講義が、生徒たちにどのような変化をもたらすか、一人一人の生徒が自分にあったどんな学びを見つけてくれるか楽しみにしています。また機会があれば、随時ご紹介していきたいと考えております。

最後に、このプログラムは、関西国際大学が本校所在地に近いJR尼崎駅北側に教育学部のキャンパスを新設されたことと、本校に教職をめざす教育総合類型が設置されたという、場・時そして人の縁があったからこそ成立したと思っています。実際に、その利点を生かし、今回も毎回教員が引率して生徒たちと一緒に自転車で通っています。このようなご縁を今後も大切にし、それをさらに多くの人たちや団体・組織等に広げていけるよう努力していくつもりですので、よろしくお願い申し上げます。

「うんぱく」2011(尼崎運河博覧会)に本校も参加

前号でご紹介しました「うんぱく」(尼崎運河博覧会)が、10月8日(土)晴天のもと開催されました。本校からは教育総合類型クラス1・2年全員、生徒会役員、吹奏楽部、JRC部(ボランティア活動を行う)など総勢150名ほどが参加しました。この催しは、本校が行っている地域貢献活動の中でも大きなものの一つで、初めて開催された平成20年度から一貫して参加しています。

正式名称「尼崎運河博覧会」(略称「うんぱく」)は、毎年10月に北堀運河尼崎港管理事務所周辺で開催されています。尼崎南部の再生・活性化をテーマに、運河に注目をしてメイン会場としているイベントです。尼崎運河博覧会実行委員会が主催者で、その構成メンバーにはNPO法人尼崎21世紀の森、阪神南県民局をはじめさまざまな団体が参加し、本校もその一員として名を連ねています。また、兵庫県、尼崎市、尼崎商工会議所なども後援・協賛しています。

当日は、7日(金)の体育大会直後であったにもかかわらず、生徒たちは疲れもものともせず、笑顔で子どもたちに対応したり、パフォーマンスを繰り広げました。

呼び物の運河クルージングや船遊びのほかに、音楽ライブやオープンカフェなどが行われましたが、本校が担当したのは「県尼でショー☆運河で遊ぼう」のイベントとキッズコーナーでした。11時のオープニングセレモニーでのファンファーレに続いて本校吹奏楽部の演奏、そして県尼ステージが始まりました。これは吹奏楽部をバックにさまざまなショーを展開したのですが、中でも教育総合類型1年がアンパンマンや県尼レンジャー(運河の環境保護を訴えるコントをしました)として登場し、観客の皆様から拍手喝采を浴びました。

また、模擬店では、教育総合類型1・2年とJRC部がバルーンアート・風船配り、プラ板・スライム・お面つくり、キックターゲットやアヒルすくいなどを行い、来場した親子たちと一緒に作って遊んだりして過ごしました。その他、吹奏楽部が東日本大震災の募金活動の一環として、バザーも行いました。
私は端から見ていて、10月とも思えないような暑さの中で、元気に声を出しエネルギッシュに振る舞う生徒たちの姿を見て感心するだけでなく、県尼生が一致協力してこのイベントを盛り上げた力に敬服しました。また、「けんあま 祭り」のハッピを着て、子どもたちを相手に仲良く遊ぶ生徒たちの笑顔には何とも言えないすがすがしさがありました。
以下、当日の模様を写真でご紹介します。

ボート 県尼レンジャー
アンパンマン 風船配り
スライム作り 風船配り



短信

学校設定科目「コミュニケーション」での手話実習

本校には、本校独自の学校設定科目がいくつかあります。その一つである「コミュニケーション」は、まさしくその名の通り、人と人との関係を考え、人との結びつき・つながりを強くするマインドやスキルを学ぶものです。

10月に入り、その授業の一環として手話の実習が始まりました。この実習は毎年行っているのですが、今年は、NPO法人尼崎ろうあ協会から講師として井筒玲子さん、迫田理恵さん、手話通訳者として藤井美穂さん、藤井侑霞さんの4人の方に来ていただきました。早速、私も授業風景を見せていただきました。まだ、始まったばかりなので、初歩として自分の名前を伝えるという場面でした。丁寧に指導していただいていましたが、いざ自分でやるとなったら四苦八苦している生徒もいました。でも全部で12時間ですので、これからの上達を期待したいと思います。そして、少しでも日常生活の中で有益に活用できる人が増えていってくれればとも思います。

手話授業 手話授業

本校2年生 菊地早紀子さん 絵本を出版

本校2年の菊地早紀子さんがこの度絵本を出版しました。文芸社から『Labivo』というタイトルで、10月15日に発刊されました。そのいきさつを本人から聞きますと、今年になってから試しに描いていた「絵本ノート」を出版社に投稿したところ採用となり、出版社の企画としてとんとん拍子に進んだようです。彼女としては、世に出る初作品ということです。

私も早速購入し読みましたが、ロボットが主役の、シンプルですが心穏やかでペーソスに溢れた作品だと思いました。校長室でいろいろとお話を聞かせてもらったのですが、普段学校では軽音楽部に所属し、ガールズバンドのボーカルを務めているとのことでした。

とてもはきはきと答えるしっかりした女子生徒です。ちなみに、絵本のタイトルはloveとrobotから連想した由です。
まだまだ皆様に認められたわけではないですが、自分の才能を発揮して形に表すことができたということはすばらしいことだと思いました。皆さんも一度目を通していただければ幸いです。
なお、彼女のことは『朝日新聞』11月1日朝刊阪神版で取り上げられました。

著者近影 絵本表紙
        

PTA社会見学

10月15日(土)にPTAの社会見学がありました。

今回は東日本大震災の発生を受けて、防災意識をさらに高めるという目的で、大阪市の津波・高潮ステーションの見学、阿倍野防災センターでの防災体験をしてきました。前者では、高潮・津波対策の展示だけでなく津波災害体感シアター、後者では、火災からの避難体験や消火体験、震度7の地震体験などさまざまな体験学習をしました。今まで知らなかったことを教えていただいたり、めったに体験できないものをさせていただくなど大変有意義でしたが、とくに、後者では最後に防災体験修了証まで頂きました。

私たち教職員を含めて23名の参加でしたが、途中バス車中での中桐PTA会長(土木関係にお勤めです)による、左門殿川や神崎川に架かる国道2号線の橋に設けられた高潮による冠水を防ぐための防潮鉄扉、尻無川や木津川の防潮水門についての、バスガイドならぬ専門家ならではの解説もあり、ホテル大阪ベイタワーでのランチバイキングもあったりして、なかなか盛りだくさんで充実したものでした。



予告

学力向上公開研究授業のご案内

本校では、平成21年度から3年間、兵庫県教育委員会の「学力向上プロジェクト事業」の研究指定を受け鋭意取り組んでまいりました。今年度はその最終年度にあたり、このたび事業の総括として授業力向上をテーマに公開研究授業を実施することにいたしました。

そこで、授業参観いただきますよう本校関係者の方々にご案内を差し上げているところであります。ご多用の折とは存じますが、万障繰り合わせの上、ご来校よろしくお願い申し上げます。日程は下記のとおりです。11月9日(水)・10日(木)の両日のうち、ご都合のよろしい日時にお越しください。

なお、詳しいことは本校ホームページにご案内を掲示しておりますので、ご覧ください。お問い合わせは教頭までお願いいたします。

日程表  11月9日(水)
科目 場所 校時 学年 主な授業内容  指導者
音楽Ⅱ 音楽室 1校時 2年選択 合唱「春に」 飯川 未央
古典 408 2校時 2-3 源氏物語”光る君”「登場人物の人間関係を把握させる」 堀田 清美
食文化 調理室 2校時 3年選択 日本の食文化を知る「一汁一菜の献立」 武岡 幸子
体育 体育館 2校時  2-1
2-4
球技「バレーボール」 金山 達也
英語Ⅰ 108教室 3校時 1-5 Lesson8 The Secret of the Arch「パラレルリーディング・シャドーイング・インティクリーディングを用いての音読」 宮本 洋一
現代文 2-2 3校時 2-2 詩歌「現代の短歌」 長澤 宏昭
数学Ⅱ 2-6 4校時 2-6 対数関数「対数の性質」 衣笠 利彦
日程表  11月10日(木) 
科目 場所 校時 学年 主な授業内容 指導者
日本史B 2-2 1校時 2-2 貴族政治と国風文化「摂関政治」 塚原 昭浩
情報A コンピュータA 2校時 1-6 マルチメディア作品の制作「HTMLファイルの作成」 小山 佳子
國澤 めぐみ
生物Ⅰ 生物第1実験室 6校時 3-3 植物の反応と調節「種子の構造、発芽と芽生えを観察する」 田中 万逸

※ 授業時間帯
  1校時  8:40~ 9:30
  2校時  9:40~10:30
  3校時 10:40~11:30
  4校時 11:40~12:30
昼休み
  5校時 13:15~14:05
  6校時 14:15~15:05
  7校時 15:15~16:05

第3回オープン・ハイスクールのご案内

第3回オープン・ハイスクールを11月19日(土)に下記の要領で実施いたします。

今年度最後のオープン・ハイスクールで、教育総合類型(特色選抜)に限定したものです。本校教育総合類型は過去4年間多くの中学生に受検いただいていますが、もっと広くその内容について理解を深めていただくため、本校教育総合類型を志望する中学3年生とその保護者を対象として行います。学校全般についてや、入試の説明だけでなく、本校教員による体験授業を通して入学後の学習内容を知っていただければと思います。本校としましては、高大連携、キャリア教育、地域連携を進めながら学力向上をはかっていくことで、将来の尼崎を支える人材を育成していきたいと思っています。そのような理念にもとづき、県尼が日々進化しているところを直接見ていただいて、来年の受検に向け参考にしていただければと思っております。

参加申し込みについては、すでに尼崎市立各中学校にご案内を差し上げていますので、中学校を通して参加を申し込んでください。市外の方は、本校教頭に電話(06-6401-0643)でお問い合わせください。本校教育総合類型を進路先に検討している方々に、ぜひとも参加いただきますようお願い申し上げます。

 11月19日(土)の日程(予定)
8:30~ 9:30 学校概要説明、入試(特色選抜)説明
9:40~10:30 体験授業(希望による選択制)
10:40~11:30 講演(清水 篤 神戸親和女子大学発達教育学部教授)
11:30~  アンケート記入・諸連絡、終了後部活見学

※ 上履きのご用意をお願いします。また、お車でのご来校はご遠慮ください。

バックナンバー

校長室の窓からTOPに戻る