海洋科学科の紹介


   教育目標です。
   教育方針です。生徒一人一人にきめ細かな指導を行っています。
   1年生では全員同じ内容を学習し、2年生から3つのコースに分かれます。オーシャン、アクア、シーフードの3コースから1つのコースを選択します。
   カッター練習です。14人のチームで漕ぎます。全員のオールが合うとスピードが出てきます。チームワーク作りに最適です。
   カヌーやカヤックの練習です。海に親しむために主に1年生で行います。
   大学進学をめざす生徒は、研究成果の発表会に参加します。ポスターセッションで研究成果を伝えます。
   専門的な資格を取得しるため、補習をしてながら多くの資格にチャレンジしています。
   進路状況です。最近は進学を希望する生徒が多く、約半数の生徒が進学します。就職ではコースごとに就職先が分かれます。
   オーシャンコース


 航海士になるため、大型実習船「但州丸」385トンに乗船し、航海実習を行います。船長をはじめ18名の乗組員が専門技術を教えます。
  船舶の船長になるため、航海術の勉強をします。
   船舶の衝突を防止するための見張りや海況の変化を早期に察知します。
   小型実習船「しりうす」19トンに乗船し、船の運転や魚の漁獲実習をします。
   マグロはえ縄実習で本格的な漁業実習を実施しています。長期間の航海で専門技術を習得します。
   大災害が発生した時、被災者や病人を実習船で安全な場所に運ぶための訓練もしています。
   アクアコース


 魚類の飼育、増殖、養殖など飼育するための専門的な技術を身に付けます。
   ヒラメ、トラフグ、アユの種苗生産または養殖をしています。、
   アユは親魚から採卵し、種苗生産した稚魚を近くの矢田川に放流しています。地域の子供たちと一緒になって放流しています。
   川にすむ魚類や水生生物の調査を、地域の専門家の方々と一緒に取り組み、環境保全に付いて学習しています。
   魚類の飼育施設を地域の方々に見ていただくため、香住高校水族館を開園しています。
   シュノーケリングやダイビングの実習です。
  学校近くの海岸で、ダイビングを行い各種作業や生き物観察を行います。
   城崎マリンワールド、神戸の須磨海浜水族園で、水族館実習を行っています。
   イルカや怪獣の飼育の世話やアトラクションの補助などを体験します。スタッフの皆さんはとても熱心に教えていただいています。
  近くの海では、わかめの養殖を行っています。干しワカメや塩ワカメに加工します。
  シーフードコース

水産物などの調理・加工実習を行い、専門的な食品加工技術を学びます。
  魚を材料に使い缶詰実習を行います。。
   ひょうごの達人事業として、老舗旅館やレストランの料理長に直接調理の指導を受けています。
  県下の農業高校とともに、食農甲子園に参加し、マグロの解体ショーの実演を神戸の元町商店街で行いました。
  いろいろな料理コンクーどに参加し、調理技術をみがきます。
   実習船「但州丸」で漁獲したマグロを、ツナ缶詰に製造します。