単位制ここが知りたいQ&A


<単位制について>
Q なぜ北高は単位制になったのですか?
Q 単位制高校はこれまでの学校に比べて何が違うのですか?
Q 単位制の単位って何ですか?
Q 単位制になると大学受験で普通の高校に比べて、どんなことがよくなるのですか?
Q 単位制高校を選ぶ基準を教えてください。
Q どんな授業を受けることができるのですか。今までの授業とどう違うのですか?
Q 普通科単位制と総合学科の違いは何ですか?
Q どんな入試が行われるのですか?

 
<学習について>
Q どんなふうにして時間割を決めるのですか。どんなふうに選択科目を決めるのですか?
Q 時間割を決めてから変更はできるのですか?
Q 1年生からも科目を選べるのですか?
Q 上級生や下級生と一緒に授業を受けることがありますか?
Q 選択科目は何人いなければいけないのですか?
Q 空き時間はあるのですか?
Q 必要な単位を取ってしまえば、2年で卒業できるのですか?
Q 卒業の認定はどうなっていますか?
Q 74単位だけ取ればよいのですか?
Q 「高大連携」とはどういうことですか?

<学校生活について>
Q 登校時間は決まっているのですか?
Q クラスはあるのですか。担任はいるのですか?
Q HR活動はあるのですか?
Q 教室移動はどのようにするのですか?
Q 制服や校則はありますか?
Q 部活動はできますか?
Q 学校行事はどうなるのですか?
Q 生徒会はあるのですか?
Q 清掃もするのですか?
Q それぞれに時間割が違うのなら、友達ができにくいのではないですか?

 

 

<単位制について>
Q なぜ北高は単位制になったのですか?
A 今よりもっと特色と魅力のある学校にしたいからです。これからの社会は自ら学び、考え、行動する力が必要になってきます。そのためには生徒が自分の生き方や将来を真剣に考え、主体的に学ぶことを重視する「単位制」というシステムが最適だと思ったからです。一人ひとりの個性や思いを大切にし、全力で応援するために、北高は単位制に生まれ変わります。

Q 単位制高校はこれまでの学校に比べて何が違うのですか?
A これまでの普通科の高校では「学年制」といって、それぞれの学年で学ばなければならない科目が決まっていました。最近では選択できる科目も増えましたが、選べる科目には限りがあります。単位制高校では、選択できる科目が非常に多く用意されています。そしてそれらの科目を学年を越えて学ぶこともできます。自分にあった科目を自由に選択し、自分だけの時間割を作ることができる点が他の高校に比べて大きく違うところです。

Q 単位制の単位って何ですか?

A 1週間に1時間の授業を1年間受けると1単位になります。1単位とは、週1時間(50分)の授業を年間35週学習するという意味です。例えば週30時間の時間割で1年間授業を受けたとすると、30単位学習したことになります。そうして、決められた日数(時間数)以上の出席をして、内容を身につけたと認められたら「1単位を取った」と言います。

Q 単位制になると大学受験で普通の高校に比べて、どんなことがよくなるのですか?

A 一人ひとりが、自分の興味や関心、あるいは将来の夢を見つめ、自分の進路にもっとも適した時間割を組み立てて学習していくのですから、進路実現には大変大きなメリットがあります。近年、国公立大学の入試は科目数が増え、内容も多様化しています。単位制はそれにきめ細かく対応できる利点があります。さらに3教科中心の私立大学入試にも、それらの科目を重点的に学べる長所があります。

Q 単位制高校を選ぶ基準を教えてください。
A 単位制高校は、多様な選択科目が設けられ、少人数授業がたくさんあるのが特徴であり、生徒一人一人の個性を伸ばしやすい学校です。自分の在り方、生き方を真剣に考え、将来の進路をしっかりと見つめて、自分にあった時間割を自分で組み立てて学ぶのが基本です。従って、はっきりとした目標や夢を持ち、それを実現させるため、積極的に挑戦するという姿勢が求められます。以上のようなことから、主体的に学び、主体的に生きていこうとする人に入学してほしいと思っています。

Q どんな授業を受けることができるのですか。今までの授業とどう違うのですか?
A 少人数で学習できるようたくさんの授業を用意します。そうしてきめ細かく、しかも質の高い授業を展開していきます。また、情報設備を駆使して、表現を重視した科目やプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を伸ばすための授業を、さらには大学の授業も受けられるようにします。

Q 普通科単位制と総合学科の違いは何ですか?
A 普通科単位制では、主として英数国などの普通科目が開講され、生徒一人ひとりが自分にあった科目を選択して、人間性と教養を高めるとともに、大学などの高等教育機関へ進むために必要な学力を磨きます。総合学科では、将来の職業生活の基礎となる知識や技術などを学ぶことも大切にしますので、普通科目だけでなく、専門科目(工業系、商業系などの科目)も開講されます。

Q どんな入試が行われるのですか?
A 入学者選抜は、兵庫県のどこに住んでいる人でも受験できる推薦入試と、加印地区の人だけを対象にした一般入試の2度に分けて行います。募集人員は定員のそれぞれ50%です。推薦入試は、2月に面接と適性検査と作文で行うことになっていますが、作文は実施しないこともあります。3月の一般入試は、他の学校と同じ日に、同じ内容で行います。


<学習について>
Q どんなふうにして時間割を決めるのですか。どんなふうに選択科目を決めるのですか?
A 自分のあり方、生き方を真剣に考え将来の進路をしっかり見つめて、自分にあった時間割を自分で組み立てていきます。そのために、1年生から進路ガイダンスや、履修ガイダンスをきめ細かく行います。先生と相談しながら自分にもっとも適する時間割を決めていきます。

Q 時間割を決めてから変更はできるのですか?
A 何度かの予備調査をして決めますので、しっかりと考える時間はあると思います。1年生の時に2,3年生の時間割を決めますが、2年生から3年生になるときには時間割の変更を認めます。

Q 1年生からも科目を選べるのですか?

A 高校を卒業するための大切な条件の一つに「必修科目を全て履修しておくこと」ということがあります。つまり「必ず学ばなければならない科目を全て学んでいること」という意味です。このために、1年生の時にできるだけこの必履修科目を学ぶようにします。したがって、1年生では、芸術以外の選択科目はありません。

Q 上級生や下級生と一緒に授業を受けることがありますか?

A 教科、科目の内容によってはあり得ます。年次を超えて一緒に学んだ方が効果的な場合もあります。 

Q 選択科目は何人いなければいけないのですか?

A はっきりとした基準はありませんが、あまり少ない人数の時は開講できない場合があります。全員の希望ができるだけ公平に満たされるように配慮して、開講するかしないかを決めることになると思います。

Q 空き時間はあるのですか?

A 空き時間は作りません。どんな授業を選択するかは自由ですが、全員1日6時間または7時間の授業を受けてもらいます。したがって全員週30時間以上履修することになります。

Q 必要な単位を取ってしまえば、2年で卒業できるのですか?
A それはできません。1・2年次に受けられるすべての授業を受けても、卒業するために必要な単位をすべて取ることはできません。3年間の在学が必要です。

Q 卒業の認定はどうなっていますか?
A 3年間の学習活動を通じて、次の条件を満たせば卒業が認定されます。
・必履修科目のすべてを履修していること。
・教科・科目の修得単位数が74単位以上であること。
・特別活動(LHR・学校行事等)の成果が満足できると認められること。 
履修 ・・・ その科目の授業に出席し、学習活動をすること。出席状況が良好で、授業態度がよければ、その科目の授業・学習に参加したことが認められます。これを「履修認定」と言います。
修得 ・・・  学習している科目の「履修」が認められた上で、その科目の内容を一定の水準以上に理解し身につけたことが認定されること。「修得認定」がされれば、その科目の「単位が取れた」ということになります。

 


Q 74単位だけ取ればよいのですか?
A 本校では3年間で87〜91単位を履修、修得することにしています。卒業に必要な単位数は全国的な基準に従い74単位以上としていますが、高校生としての基礎的な学力を身につけ、納得できる進路を達成するためには87単位以上の履修、修得が必要と考えています。そのため、全員に87〜91単位の履修、修得を求めます。自分の進路を考えて、自ら計画し、自ら選んだ科目ですから、その学習を最後までやり遂げる姿勢が大切です。


<学校生活について>

Q 登校時間は決まっているのですか? 
A 決まっています。朝のホームルームはありませんが、1限目の授業で出席をとります。

Q クラスはあるのですか。担任はいるのですか?
A クラスは学校生活の基本になるものですから、これからも大切にします。もちろん担任の先生もいて、あなたの高校生活を応援します。進路の相談や時間割作成の相談は主に担任の先生とすることになります。

Q HR活動はあるのですか? 
A 毎日のSHR(放課後)の他に、毎週1時間LHRがあります。HR活動は、これからも大切にしていきます。また、学校行事はHRが中心となって行われますので、HR活動はこれまで以上に活発になります。

Q 教室移動はどのようにするのですか?
A ホームルーム教室はありますが、授業はその授業が実施される教室へ行って受けることになります。一人ひとりにロッカーを用意しますので、大きな荷物はその中に入れ、授業に必要なものだけを持って移動することになります。

Q 制服や校則はありますか?

A あります。本校生として当然守らねばならないルールは守ってもらわなければなりません。

Q 部活動はできますか? 

A できます。本校は「文武両道」をモットーにしており、部活動もとても活発な学校です。部活動にもぜひ参加してください。

Q 学校行事はどうなるのですか? 
A 本校ではこれまでも学校行事がとても盛んでした。この伝統は大切に受け継いでいきます。力を合わせて、盛り上げていきましょう。

Q 生徒会はあるのですか? 
A あります。本校の生徒会は大変活発に活動しています。これからもますますの活動を期待しています。

Q 清掃もするのですか?
A 毎日お世話になる校舎です。丁寧に心をこめて清掃してほしいと思っています。

Q それぞれに時間割が違うのなら、友達ができにくいのではないですか?
A その心配はいりません。HR活動も、学校行事も、生徒会活動も、そして部活動もできます。友人とふれあう機会はたくさんあります。