Home学校概要 学校評価学校評価(自己評価)と学校関係者評価につ...



■学校評価(自己評価)と学校関係者評価について



 学校評価とは、保護者や地域の期待に応え、生徒がより良い教育活動を享受できるように、学校が学校の取り組み状況を明らかにして、学校運営の改善を図るために行うものです。また、結果を公表することで説明責任を果たし、保護者、地域からの理解と参画を得て連携を強めることを目的とします。
 学校評価の方法には、自己評価と、保護者、地域住民等の学校関係者などにより構成された委員会において、自己評価の結果について評価する学校関係者評価があります。


≪自己評価実施方法≫
 本校教職員による自己評価(A よくできた  B できた  C あまりできなかった  D できなかった)にもとづき、次のような換算を行い数値化しました。
  A=4点  B=3点  C=2点  D=1点
 平均で、2点台が出ている項目は「問題がある」。「あまりできなかった」。という評価であると考えられます。2点台には網掛けをしています。

平成30年度 学校評価 





     


「2019/09/25up]













[Homeへもどる]