【 学 校 長 挨 拶 】


 今後の社会では、グローバル化の進展に伴い、人・物材・情報の国際的移動がますます活性化し、さまざまな分野で「国境」の意義があいまいになるとともに、各国が相互に依存するため、他国や国際社会の動向が無視できない中、教育に求められる人づくりも変化していきます。

 本県では、新たなビジョンとなる「兵庫2030年の展望」を策定するとともに、今後5年間における兵庫の教育の指針となる第3期「ひょうご教育創造プラン」を策定したところです。 

 本校は、期を同じくして5年後に開校100周年を迎えます。これを契機として、いつの時代においても教育に必要とされるもの(不易)を基本に、時代の要請を踏まえ、特に取り組むべき教育課題(流行)を明確にし、5年後の本校の将来像をしっかりと描いた上で、着実に教育を進めていく必要があります。

 そのため、本校では、校訓「自治創造 明朗親和」を踏まえ、新ビジョンとして「将来において『正解』のない社会を切り拓く人づくり」を策定しました。「批判的思考力」、「人間的魅力」を基に「挑戦する勇気」を育むことを指導姿勢として、国指定のスーパーサイエンスハイスクール事業を基軸に、すべての生徒が探究的な学びを通して、「主体的に学び挑戦し続ける生徒」となるよう、PTA、同窓会、地域の方々と連携しつつ、教職員が一丸となって育成して参ります。

 今後とも皆様のご理解とご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

第32代校長 清瀬 欣之
ページのトップへ戻る