百年続いた青春の道

百年前、静かで平穏な城下町だった柏原町は、
一夜にして「学生の町」に 変貌したと伝えられる。
百年の歴史を織りなしてきたのは、 この道を歩んできた、
一人一人の足どりの確かさに他ならない。



昭和初年の木の根橋と古市場通り


大正年代の木の根橋
当時の絵はがきより(岡林依水軒製作 現在の岡林写真館)。


駅伝リレー・ゴール(女学校)
昭和5年(1930)・11月3日。現在の本校前の面影がある。



柏原駅前(1)
昭和初年頃。柏原自動車(神姫自動車)。
左側の低い建物が昔の柏原駅 である。


柏原駅前(2)
昭和5年頃、柏原駅前に火の見やぐら(鉄骨) が建てられた。


昭和20年代の商店街
昭和20年代半ば頃の生徒作品



柏原駅前(3)
昭和36年(1961)、選抜高校野球大会出場のパレードにて

柏原駅前(4)
現在の柏原駅。柏高生のラッシュは今も昔も変わらない。


百年の青春へ