HOME > 兵庫県立出石特別支援学校みかた校

平成27年度 みかた校開校記念式典
     平成27年11月7日(土)

 11月7日(土)11:00から、みかた校体育館において、開校記念式典が開催されました。みかた校の創立と今後の発展を願い開かれた式典には、谷公一衆議院議員をはじめ、教育委員会、学校関係者等の来賓、地域の方をふくめ100名を超える参加者がありました。
 会場内には、隣接している射添小学校さんから菊、但馬農業高校さんからはプリムラの花、出石本校からはプランターとメッセージを添えていただくなど、華やかな雰囲気に包まれました。
 式典に先立って、アトラクションが行われ、中学部の生徒が映像や実演によるみかた校の紹介を行い、高等部の生徒は、地元の芸能保存会の会長から指導を受けた長楽太鼓の演奏を披露しました。
 式典では松本校長の式辞、中野教育次長の挨拶に続き、来賓の谷衆議院議員、香美町朝倉教育長、新温泉町岡本教育長から心温まるご祝辞をいただきました。生徒挨拶では生徒会長の田中入樹君が、開校への感謝の言葉を述べるとともに、自分たちが、みかた校の伝統を築いていくのだという力強い決意がありました。その後、校歌斉唱に続き、「大好き」という、生徒、保護者、教職員で作詞・作曲した愛唱歌を披露し、式は滞りなく終了しました。
 4月13日に開校し、7ヶ月が経ちますが、今後も「地域と歩む学校」づくりを推進し みかた校の歴史を刻んでいきたいと考えています。