HOME > 教育目標等

教育目標

 命や人権を大切にする「豊かなこころ」を育み、障害の克服に努力し、社会の一員として可能な限り自立できる力を培う。
  1. 個々の障害の状態や教育的ニーズを把握し、個性と能力を向上させる。
  2. こころ豊かな人格を形成し、将来の自立と社会参加を目指す。
  3. 一人一人の命を尊び、人権を守る教育を推進する。

学校経営の重点

 小学部・中学部・高等部における教育活動を通して、障害による学習上又は生活上の困難を克服するためお知識技能の向上を図り、社会の一員として可能な限り自立する力を培うとともに、進路実現を支援する。

 但馬地域における特別支援教育のセンター的機能を担い、地域全体の特別支援教育の充実・向上に寄与する。

  1. 教職員の研修活動を充実させ、個性的で創造性を大切にした教育内容を確立し、特別支援教育の専門家としての資質と実践的指導力の向上を図る。
  2. 社会の一員として自立する力を培う取り組みの一環として、小学部から高等部まで、一貫したキャリア教育の展開に努める。
  3. 児童生徒数の増減、障害の多様化に柔軟に対応するため、教職員相互の連携を深め、個々の専門性が効果的に活用できる指導体制の確立に努める。特に、肢体が不自由な重複障害児童・生徒に対応した指導法、教育課程の充実に努める。
  4. 家庭、地域及び出石精和園等の関係機関と緊密な連携を図り、自発的な学習活動や心身共に健康的な生活を支援する指導に努める。
  5. 特別支援教育のセンターとして地域への支援と交流を推進すると共に、特別支援教育の理解啓発を図る。
  6. 但馬地域の小・中・高等学校及び特別支援学校との交流を通して、特別支援教育に関する但馬地域全体の課題を積極的にとらえ、児童生徒の指導方法の改善に努める。
  7. 医療・福祉・労働等の関係機関と連携を深めながら、児童生徒の支援体制の充実を図る。
  8. 命や人権を大切にする心を育むとともに、防災教育を推進し、児童生徒の安全・安心を守る教育活動を充実させる。

学習指導及び児童生徒指導の重点

学習指導
 心身諸機能の調和発達、基本的な生活習慣の確立及び社会適応能力の育成を目指し、ゆとりある、充実した教育課程を編成する。
  1. 特別支援学校(知的障害児教育)学習指導要領に準拠しつつ、一人一人の発達段階や児童生徒・保護者のニーズに応じた個別の教育支援計画や指導計画を作成し、系統的かつ継続的な教育活動を行う。
  2. 肢体が不自由な重複障害児童・生徒に対応した教育課程について研究実践を行い、組織的な指導体制を充実させる。
  3. 児童生徒の障害や能力に応じて、各教科・領域別の指導並びに教科等を合わせた指導を行う。
  4. 一人一人の能力や障害特性に応じた指導を充実させるため、個々の実態に適合した教材教具を創意工夫し、活用する。
児童生徒指導
 

児童生徒を取り巻く様々な要因に配慮しながら、個々に応じた緻密な指導と仲間意識の高揚に努める。また、教職員は児童生徒に関する共通理解を深め、関係機関と連携を緊密にとる。

  1. 元気で明るくたくましい人に育てる。
  2. 情緒の安定を図り、一人一人のつながりを深め、集団生活に慣れさせる。
  3. 日常生活や学校行事を通して、お互いに助け合い、生きる喜びを感じさせる。
  4. 社会生活に必要な基本的なルールやマナーを身につけさせる。
キャリア教育
  1. 各学部・学年において、児童・生徒の発達段階に応じた基本行動の確立を図り、卒業後の自立後の自立を目指すとともに、生活への主体的な参加を促しながら、自分の役割を果たし、集団に貢献しようとする勤労観を育てる。
  2. 一人一人の能力・障害特性、勤労感の意識などを的確に把握する中で、職業的自立に必要な知識、技能、態度を育てる。
  3. 事業所・福祉施設等の進路開拓を積極的に進め、校内実習・職場見学や現場実習の充実を図る。
  4. 家庭・入所施設、労働・福祉関係諸機関と緊密な連携をし、適切な進路指導を行う。
自立活動の指導
 児童生徒の障害に基づく種々の困難を主体的に改善・克服する意欲と必要な知識・技能・態度を養う。
  1. 児童生徒の障害の状態を的確に把握し、一人一人のニーズに即応した目標と内容を設定し、教育活動全体を通して適切な指導を行う。
  2. 計画的・組織的・系統的な指導を目指し、具体的な評価が得られるように努める。
  3. 家庭や入所施設、関係機関と緊密な連携を保ち、より効果的な指導の充実を図る。
人権教育
  1. 目標
    ア「人権教育基本方針」に基づき、あらゆる教育活動に位置づけ
     て人権教育を推進する。
    イ 児童生徒の障害の状態に応じた学習内容や方法等を研究すると
     とももに、児童生徒が様々な活動や体験を通して、確かな人権
     意識を身につけ、自己再現と「共に生きる社会」を目指して主
     体的に取り組む意欲と態度を育てる。
  2.  
  3. 方針
    ア 特別支援教育の実態を的確に捉え、その就学や進路指導、学
      力充実のために全力をあげて取り組む。 
    イ 児童生徒の発達段階に応じて、人権意識や自立向上の精神、
      互いに助け合い励ましあう仲間意識や行動を育てる。
    ウ 地域社会や家庭との連携を図りながら共通の理解を深め、児
      童生徒が将来の夢を持って自己実現を図る人権教育を推進す
      る。
道徳教育
 個々の児童生徒の障害特性や経験等に応じ、日常的な生活指導に加え、校外での実習、地域との交流等、教育活動全体を通して、道徳教育の推進に努める。
  1. 基本的生活習慣を身につけ、社会生活上のルールやマナー・善悪の判断ができるようになる。
  2. 主体的にあいさつしたり、自らの思いを伝達など、円滑なコミニュケーション能力を育む。
  3. 自他の生命を尊重し、自分の将来に関心を持つとともに、社会の一員としての役割と責任を果たそうとする態度を育む
  4. あらゆる機会を通して、生命の尊さを知らせ、いじめの未然防止に努める。
YU・らいふ・サポート事業 「育てよう、豊かな心と自立心」
 家庭及び地域社会等との連携による様々な地域交流・啓発活動を計画的に実施し、充実させる。それらの活動を通して、児童生徒が社会参加するための基盤となる「生きる力」の育成を図りながら、豊かな心と自立心を育てるとともに、地域の人々の特別支援教育に関する理解・啓発を一層深める。
  1. 地域社会の諸活動に積極的に参加し、交流活動を推進する。
  2. 特色ある教育実践を積極的に計画・実施し、本校教育の活性化を図る。
  3. 地域の特別支援教育のセンター的役割の一環として、情報発信活動の充実を図る。

健康管理に関する指導の重点

 家庭や施設・医療機関と堅密な連携をとり、児童生徒の心身の健康管理と安全教育の徹底に努める。
健康管理
 児童生徒一人一人の精神的・身体的特質の実態を養護教諭を中心に把握し、家庭や学校医療等と密接な連携をとり健康の保持増進と体力向上並びに精神的発達を援助するよう努める。
防災・安全教育
  1. あらゆる機会を通じて、生命の尊さを知らせるとともに、児童生徒が健康で安全かつ自立的な生活ができるように指導する。
  2. 火災・地震などを想定した訓練を実施するとともに、関係機関の協力を得て、児童生徒の発達段階に応じた防災意識を育てる。
  3. 本校独自の「防災マニュアル」(警備及び防災計画)を作成し、緊急時に児童生徒の安全を確保し、迅速に適切な対応が行えるように努める。
安全点検・環境衛生
  1. 校舎内外の清掃美化に努め、健康で快適な環境をつくる。
  2. 校内の環境保全に努め、危険個所の補修を施すとともに、災害時の適切な避難経路を確保するなど安全対策を行う。
いじめの早期発見
  1. 職員相互の連携、職員と家庭との連携を深め、いじめの早期発見に努める。
体罰の未然防止
  1. 体罰によらない児童・生徒への指導を徹底するため、職員相互の連携を深めるとともに職員研修による啓発に努める。

研究活動

「子どもが生き生きと輝く支援のあり方―子どもの主体性を引き出すために−」を全高統一研究テーマとして揚げ、児童生徒の発達や障害の実態を正確に捉え、保護者の意識も参考にしながら、学部学年の各段階に即した授業や学習指導に関わる実践研究を行う。

地域の特別支援教育のセンター的機能

 本校の蓄積してきた特別支援教育に関する専門性や経験を十分活かし、地域の特別支援教育のセンターとしての活動の充実を図る。また、但馬地区の特別支援学校及び関係機関と連携して、早期支援や就学相談等の地域支援の円滑化を図る。
  1. 保護者や関係機関からの依頼に基づいて、特別支援教育の観点から障害の特性や発達に関した相談に応じる。
  2. 障害のある幼児児童生徒に関する指導や巡回による支援を行う。
  3. 小学校・中学校等の教員に対し、特別支援教育に関する相談、情報提供、研修協力を行う。
  4. 学校見学や体験入学の機会を設け、適正な就学指導の援助に配慮する。
  5. 特別支援学校ネットワーク会議による但馬北西部地域のサテライト教室等の支援を行う。