HOME > 学校長挨拶



 

 兵庫県立出石特別支援学校ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は知的障害教育の特別支援学校です。「自立 協同 努力」を校訓として、教育目標を3点掲げています。
@個々の障害の状態や教育的ニーズを把握し、個性と能力を向上させる。
Aこころ豊かな人格を形成し、将来の自立と社会参加を目指す。
B一人一人の命を尊び、人権を守る教育を推進する。

本校は隣接する障害児入所施設の分校として設置され、昭和49年に豊岡市出石町に開校してから43年の歴史を誇ります。平成27年には分校である「みかた校」が香美町村岡区に開校し、3年目を迎えました。
「但馬北部地域の知的障害教育の実践と地域支援の中核を担う」ことをミッションに掲げて、今年度も取組んでまいります。
本校・みかた校共に小学部から高等部まで設置され、本校は児童生徒84名、みかた校は28名で平成29年度をスタートいたします。
昨年度までの2年間、本校は兵庫県教育委員会より「キャリア教育・就労支援推進事業」の指定を受け、但馬地域における就労支援、ネットワークの拡充や情報発信に取組みました。
この実績を踏まえて、今年度はキャリア教育の視点による授業づくりを進めるとともに、県認定の技能検定(喫茶・サービス、ビルクリ―ニング)に向けて作業学習を充実させてまいります。また、本校は「食育推進校」として「食」を通した子どもの生活の充実と健康の保持増進に取組みます。
みかた校は、公立小学校が隣接する好条件を生かしながら、さらに地域交流を深め、地域支援と理解啓発に取組みます。
それぞれの学校の特色を生かしながら、保護者、地域の皆様との関わりをより一層深め、この地で生活する子どもたちを育んでまいりますので、どうぞ引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

平成29年4月  兵庫県立出石特別支援学校長 松本茂樹

※本校の伝統である剣道の実践事例が本に掲載されました。
丹野哲也(監修)「知的障害児・者のスポーツ」東洋館出版社(2016)


歴 代 校 長 

 初代  石井 一   昭和49年4月1日〜昭和51年3月31日
 2代  小西 隆夫  昭和51年4月1日〜昭和53年3月31日
 3代  深澤 幸夫  昭和53年4月1日〜昭和55年3月31日
 4代  豊田 豊   昭和55年4月1日〜昭和60年3月31日
 5代  鼻戸 勇   昭和60年4月1日〜昭和63年3月31日
 6代  廣瀬 嘉昭  昭和63年4月1日〜平成 4年3月31日
 7代  守山 雅夫  平成 4年4月1日〜平成 7年3月31日
 8代  真田 義永  平成 7年4月1日〜平成11年3月31日
 9代  垣谷 正詔  平成11年4月1日〜平成14年3月31日
10代  岡本 達治  平成14年4月1日〜平成19年3月31日
11代  鎌田 洋一郎 平成19年4月1日〜平成21年3月31日
12代  栗林 伸知  平成21年4月1日〜平成23年3月31日
13代  西村 重喜  平成23年4月1日〜平成26年3月31日
14代  松本 茂樹  平成26年4月1日〜現在