兵庫県立出石高等学校 ホームサイトマップマップ
学校紹介 類型・進路 学校行事 部活動 地域との連携 PTA・入佐会
ホーム地域との連携(ボランティア活動)>地域オープン講座
ボランティア活動

アンテナショップ

地域オープン講座


 
令和元年度 地域オープン講座
地域オープン講座は、生徒とともに一般の方も受講できる芸術講座(書道または美術を選択)です。
年間20回程度開講しています。
講座の様子を抜粋してお知らせします。

【次回予告】 第9回 地域オープン講座 2019/07/02更新
 日程:9月10日(火)
 時間:10:45〜12:35
 場所:出石高校 美術教室・書道教室
 講師:成安造形大学講師 大住諭紀仁  

 活動の様子
第8回  2019/07/02実施
 本日が1学期最後の地域オープン講座になります。今回は自分でことばを選んでうちわと扇に筆で文字を入れていきました。骨組みによって凹凸のあるうちわと扇に文字を書くのが大変な様子でしたが、みなさんそれぞれ自分らしい素敵な作品を作り上げていました。今回作った作品は9月6・7日の文化祭で展示する予定です。
070201 070202 

第7回  2019/06/25実施
 今回は半切(はんせつ)の作品の清書提出日。まず前回練習で仕上げた作品をそれぞれ全員に紹介し、意見交換をしました。自分と別の視点の意見をもらうことで作品の長所や改善点を新しく見つけることができたようです。後半はいよいよ清書に取り組みます。ここでも他の受講者の意見を聞きながら作品製作に取り組む様子が見られました。意見をもとに作品が良くなっていくのを感じました。受講者は終了時間まで懸命に作品製作に取り組んでいました。
062501 062502 

第6回  2019/06/11実施
 今回は半切(はんせつ)の用紙を使って書の練習をしました。半切は縦に長い書道の紙でその長さは136cm。普段使っている半紙の縦の長さが33cmなので、その約4倍の縦の長さになります。慣れない大きさの用紙を使うため、字のサイズをつかむのに苦労しました。次回は納得のいく作品を仕上げたいと思います。
open061101 open061102 

第5回  2019/06/04実施
 文鎮作りは最後の回になります。これまで形作ってきた作品に各々考えた文字や文章を書いていきます。受講生は何を書くのかでかなり悩んでいましたが、作業後の様子から、みなさん納得のいく作品を完成させられたようでした。焼く作業は授業外で講師の先生が行うので来週焼きあがった自分の作品を見るのが楽しみです。
open060401 open060402

第4回  2019/05/28実施
 2回目の文鎮作り。前回に引き続き焼く前の粘土の形づくりに取り組みました。多くの受講者がやすりを使用して、形づくった粘土を滑らかに仕上げていました。時折、高校生と地域の受講者との会話の場面があり、和やかな雰囲気で作業は進みました。今回仕上がったものに次回、ツヤを出す薬を塗り焼いていきます。どのような作品に仕上がるのか楽しみです。
open052801 open052802 

第3回  2019/05/14実施
 今回から3回に渡って文鎮作りに取り組みます。その第1回目となる今回は国村広志先生から陶芸で扱う粘土の性質や陶芸作品ができるまでの工程・技法についての説明をしていただきました。説明を受け、後半は粘土を加工して焼く前の形づくりに取り組みました。普段、経験することのない作業に受講者はとても楽しんでいる様子でした。
051401 051402

第2回  2019/05/07実施
 今回の地域オープン講座は、前回選んだ熟語の清書を行いました。生徒の皆さんは自身の書を理想とする書に近づけようと懸命に取り組んでいました。途中でアドバイスを求めたり、自身が書いたものの中でどの書が良いかなどを質問する姿がとても印象的でした。
050701 050702

第1回  2019/04/23実施
 地域オープン講座の開講式が行われました。書道は一般受講生は6名、生徒は8名の計14名でスタートしました。岸本聖城先生から、新しい元号の「令和」で書体の変遷について解説をしていただきました。その後、半紙に1字から4字程度の好きな熟語などをそれぞれに半紙に表現しました。次回は今回書いたそれぞれの言葉を清書していく予定です。
042301 042302




















兵庫県立出石高等学校     〒668-0211 兵庫県豊岡市出石町下谷35−1   TEL 0796-52-3131  FAX 0796-52-3133