本校の沿革 - キラリ☆個性! 兵庫県立伊丹北高等学校-兵庫県の総合学科高等学校です

卒業生の方へ
「調査書・卒業証明書」はこちらから

「学校紹介プログラム」へのバナーです

伊丹北高校オフィシャルブログへのリンクバナーです。

北高の自然へのリンクバナーです。


伊丹北高校同窓会へのリンクバナーです。

本校の沿革

昭和47年~ 昭和50年~ 昭和60年~
平成元年~ 平成10年~ 平成20年~

昭和47年(1972年)~

昭和47年11月1日 兵庫県教育委員会事務局管理課に新設高校開設準備室を設置せられる。
河田幹雄、兵庫県教育委員会事務局管理課参事に補せられ、伊丹学区新設高等学校開設準備事務取扱を命ぜられる。
昭和47年12月22日 校舎建築工事起工式を伊丹市鴻池字西池1番地(現住所 伊丹市鴻池7丁目2番1号)で行う。
昭和48年1月1日 伊丹学区新設高等学校開設準備室を県立伊丹高等学校へ移転する。
昭和48年3月31日 兵庫県条例第17号「兵庫県立高等学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条令」が交付され、兵庫県立伊丹北高等学校と校名決定される。
昭和48年4月1日 兵庫県教育委員会事務局管理参事 河田幹雄、学校長に補せられる。
生徒定員270名。
昭和48年4月9日 開校式・第1回入学式を伊丹市文化会館で行う。入学者270名。
昭和48年4月10日 伊丹市平松町8丁目8の1 伊丹市立南中学校(仮校舎)において授業開始。
昭和48年8月31日 管理棟1・2階、生徒棟1・2階完成に伴い、現在地に移転する。
昭和49年1月8日 管理棟3階、生徒棟3・4階、機械室棟、特別教室棟(理科)竣工。
昭和49年4月1日 第2回生405名、生徒定員675名。
このページの上部へ戻る

昭和50年(1975年)~

昭和50年3月24日 特別教室棟(家庭科、芸術科、社会科、視聴覚、作法室)竣工。
昭和50年4月1日 第3回生360名、生徒定員1,035名。
昭和50年10月22日 開校記念式、校旗・校歌披露、体育館開きを行う。
昭和50年11月20日 剣道場・柔道場・生徒集会室等竣工し、体育館竣工。
昭和51年4月1日 兵庫県教育委員会事務局管理課参事 田中豊、学校長に補せられる。
第4回生360名、生徒定員1,125名。
昭和52年4月1日 第5回生405名、生徒定員1,125名。
昭和53年4月1日 第6回生360名、生徒定員1,125名。
昭和53年9月28日 鋼製プール(25メートル)及び部室竣工。
昭和54年3月31日 体育館への渡廊下竣工。
昭和54年4月1日 県立生野高等学校長 杉本實、本校校長に補せられる。
第7回生360名、生徒定員1,125名。
昭和55年2月16日 正門竣工。
昭和55年4月1日 第8回生405名、生徒定員1,125名。
昭和56年4月1日 第9回生360名、生徒定員1,125名。
昭和57年3月31日 前庭の築庭完成。
昭和57年4月1日 県立伊丹北高等学校教頭 川端正一、本校校長に補せられる。
第10回生360名、生徒定員1,125名。
昭和57年10月22日 創立10周年記念式典挙行。
昭和58年4月1日 第11回生423名、生徒定員1,136名。
昭和59年4月1日 第12回生376名、生徒定員1,159名。
このページの上部へ戻る

昭和60年(1985年)~

昭和60年3月31日 普通教室棟増築。
昭和60年4月1日 第13回生470名、生徒定員1,269名。
昭和61年3月31日 焼却炉及び普通教室東出口前舗装工事
昭和61年4月1日 第14回生517名、生徒定員1,363名。
昭和62年4月1日 県立姫路東高等学校教頭 森下隆一、本校校長に補せられる。
第15回生517名、生徒定員1,504名。
昭和63年4月1日 第16回生517名、生徒定員1,551名。
このページの上部へ戻る

平成元年(1989年)~

平成元年4月1日 第17回生517名、生徒定員1,504名。
平成2年4月1日 県立宝塚高等学校教頭 唐崎裕、本校校長に補せられる。
第18回生423名、生徒定員1,410名。
平成3年4月1日 第19回生405名、生徒定員1,298名。
平成4年4月1日 第20回生400名、生徒定員1,228名。
平成4年10月3日 創立20周年記念式典を尼崎市総合文化センター(アルカイックホール)で挙行。
平成5年3月16日 創立20周年記念事業として、中庭の築庭完成。
平成5年4月1日 県立川西高等学校長 津止康男、本校校長に補せられる。
第21回生360名、生徒定員1,165名。
平成6年4月1日 第22回生360名、生徒定員1,120名。
県より福祉体験活動研究指定校を受ける。(2年間)
平成6年6月1日 県より総合学科研究指定校を受ける。(2年間)
平成7年1月17日 阪神・淡路大震災で特別教室棟が全壊する。
平成7年4月1日 兵庫県教育委員会高校教育副課長 乾征夫、本校校長に補せられる。
第23回生360名、生徒定員1,080名。
平成8年4月1日 第24回生320名、生徒定員1,040名。
平成9年2月20日 阪神・淡路大震災(平成7年)により全壊した特別教室棟の竣工。
平成9年4月1日 第25回生280名、生徒定員960名。
平成9年10月1日 第2運動場改修完成。
このページの上部へ戻る

平成10年(1998年)~

平成10年4月1日 県立御影高等学校教頭 豊田稔、本校校長に補せられる。
第26回生280名、生徒定員880名。
平成11年3月30日 特別教室棟エレベータ設置
平成11年4月1日 第27回生280名、生徒定員840名。
平成12年4月1日 総合学科を開設する。
第28回生(総合学科1期生) 240名、生徒定員800名。
平成13年4月1日 第29回生(総合学科2期生) 240名、生徒定員760名。
平成14年4月1日 第30回生(総合学科3期生) 240名、生徒定員720名。
全年次総合学科になる。
平成14年10月5日 創立30周年記念式典を本校体育館にて挙行。
平成15年4月1日 県立海洋体育館館長 大路隆弘、本校校長に補せられる。
第32回生(総合学科4期生) 240名、生徒定員720名。
平成16年4月1日 第32回生(総合学科5期生) 232名、生徒定員720名。
平成17年4月1日 第33回生(総合学科6期生) 240名、生徒定員720名。
平成18年4月1日 第34回生(総合学科7期生) 227名、生徒定員720名。
平成19年4月1日 第35回生(総合学科8期生) 240名、生徒定員720名。
このページの上部へ戻る

平成20年(2008年)~

平成20年4月1日 県立西宮今津高等学校長 木佐貫正博、本校校長に補せられる。
第36回生(総合学科9期生) 240名、生徒定員720名。
平成20年6月27日 講義棟竣工。
平成21年4月1日 第37回生(総合学科10期生) 231名、生徒定員720名。
平成22年4月1日 第38回生(総合学科11期生) 234名、生徒定員720名。
平成23年4月1日 伊丹市立高等学校長 山崎憲一、本校校長に補せられる。
第39回生(総合学科12期生) 231名、生徒定員720名。
平成24年4月1日 第40回生(総合学科13期生) 226名、生徒定員720名。
平成25年4月1日 第41回生(総合学科14期生) 235名、生徒定員720名。
平成26年4月1日 尼崎市立尼崎高等学校長 岡田出、本校校長に補せられる。
第42回生(総合学科15期生) 222名、生徒定員720名。
平成27年4月1日 第43回生(総合学科16期生) 240名、生徒定員720名。
平成28年4月1日 阪神昆陽高等学校教頭 井上仁志、本校校長に補せられる。
第44回生(総合学科17期生) 240名、生徒定員720名。
このページの上部へ戻る