いなみ野特別支援学校小学部の教育課程について

小学部の学習

日常生活の指導
  更衣、排泄、食事など基本的な生活習慣の向上、確立をめざし日々継続して支援しています。
朝の運動
 毎朝、15分間それぞれの実態に応じて運動場をランニングしたり、教室で動作学習や廊下で歩行練習をしたりしています。体力向上、生活のリズムをつける、身体の使い方を知ることをねらいに支援しています。
遊び学習
 低学年の授業では、教科や道徳などの内容を合わせた学習を行っています。「運動遊び」(低学年合同)、「図工遊び」、「リズム遊び」を行っています。
グループ別学習/自立活動
 各学年、個々の実態に応じてグループを編成し、「国語・算数」の学習を行い、また重複の児童に関しては自立活動の内容で学習しています。
教科学習
 高学年は、「体育」「音楽」「音楽」は教科として学習しています。
生活単元学習
 高学年の授業では、教科や道徳などの内容を合わせた学習を行っています。生活に基づいた目標や課題を達成させる活動です。
学 級
 各クラスでお楽しみ会、誕生会、調理実習、農耕などの活動を通してクラス内での子ども同士の関わりを深める内容です。
自立活動
 障害に基づく種々の困難を主体的に改善・克服するために、6項目の指導内容(健康の保持、心理的な安定、人間関係の形成、環境の把握、身体の動き、コミュニケーション)を個々の児童の実態に即した学習を設定している。指導形態の一つとして、支援部(自立活動)教師による抽出指導があります。

   

時間割

   
低学年

高学年