警報発令時の対応について


  •   台風・大雨等で登校が困難な場合の臨時休業等の措置について

 (1) 午前6時に朝来市に「暴風」・「大雨」・「洪水」・「大雪」・「暴風雪」の警報が発令されている場合、又は大雨等で播但線(寺前~和田山間)が 不通の場合は、自宅待機とする。
  始業(8時25分)に警報が解除されていない場合又は播但線(寺前~和田山間)が不通の場合は、臨時休校とする。 養父市・神河町・豊岡市に同様の警報が出た場合は、該当地域の生徒は公欠扱いとする。
 始業時(8時25分現在)に警報等が解除されていた場合は、安全に十分注意して登校すること。

  (2) 警報が発令されていなくても、地域によって交通機関が不通または道路が途絶する等、 登下校に困難または危険が予想される場合は、保護者が判断し、無理のないようにすること。
 この場合には、学校へ、電話で連絡すること。状況により、協議の上、公欠とする場合もある。


  •   試験期間中の警報について

  通常授業の場合とは異なり、定期考査中の午前6時の段階で朝来市もしくは神河町に警報が出ている場合、 または大雨等で播但線(寺前~和田山間)が不通の場合は、臨時休校とする。養父市・豊岡市に同様の警報が出た場合は、該当地域の生徒は公欠扱いとする。臨 時休校となった場合は、その日の考査は定期考査最終日の次の日に行う。