始業式

<日時>

2017年4月10日

<式辞>

 Hello! Welcome back to school. I am very happy to see you all together today at the opening ceremony of the new school year. I hope you will do your best and learn and experience a lot in this new school year.
I teach English for a long time. At the beginning of each new school year, I always ask my students the same question; ‘Do you like English?’ I asked you this question last year. Please let me ask you the same question again now. Please put your hands up, either yes or no. OK? ‘Do you like English?’Yes people, put your hands up. No people, put your hands up. Then yes or no, 微妙people, put your hands up. Thank you for your cooperation.
 There are a few Yes people. They are great. I hope Yes people will keep on their good study of English. There are a lot of No people. I think it’s OK. They are good and very honest in a way.
 English and Japanese are very different. They are different in grammar, in rhythm, in ways of thinking and so on. I think the biggest hurdle or challenge is to learn the right rhythm of English. In Japanese we say どうもありがとうございます。But we never say ど~うもありがとうござ~いま~す。 In English, they say, ‘Thank you very much’ This is the right rhythm of English. Otani hit a homerun yesterday. Otani hit a homerun yesterday. ダ~、ダ~. I hope you try that rhythm little by little until you learn it, or 「習うより慣れよ」. Today I would like you to think about again why 「習うより慣れよ」is important scientifically.
 皆さんは、「習うより慣れよ」で2分以上の私の英語に違和感なく慣れてきています。皆さんの脳に確実に私の英語をキャッチする細胞ができつつあると感じます。
 習うより慣れよ」をもう一度、科学的に考察してみましょう。前にも言いましたが人間の脳は普段接していない物に触れると自分の身を守るためにも、違和感を持ったりアレルギー反応を起こすと言われています。昨年も言いましたが、バナナ、ホテル、カラオケをbanana, hotel,Karaoke,と聞いたら何それ、と多くの日本人は拒絶するでしょう。英語の発音としては、そう発音しないと通じないことが多いです。日本人一般が英語の音の違いに違和感を持って拒否反応を起こしているのではと推測されます。
 一方、自転車に乗れるようになったり、できなかったスポーツができるようになる脳の中の小脳による「習熟」、すなわち慣れることが運動だけでなく、最近の脳科学の研究で言語にも及んでいることが解明されています。  私自身も最初は英語が大嫌いでしたが、違いは違いと受け止めて、それに慣れるために、音読練習したり、英語を話してみて通じた時の小さな成功体験を重ねて、ほぼ英語と日本語のバイリンガルになれました。今年卒業した皆さんの先輩の中で、本校のHPに掲載している私のオバマ大統領のスピーチの音読を全部聞いて、とても刺激を受けたという人、また、オバマ大統領の広島演説の一部が大学入試に出題された、という報告も受けました。さらに、英語に慣れることが大切とめざめ、毎週土曜日19時からのNHKのEテレ、地球ドラマチックという科学番組を英語放送で聞いて、英語に親しんだという皆さんの先輩の話も聞きました。その人は今年神戸大学に合格しました。 30才前後になる私の二人の息子は中学一年生の時に一つだけの親子の約束ということで、NHKラジオ基礎英語を毎日聞くというのを高校3年生まで続けました。英語は特に勉強した感覚はないが、センターテストでほぼ満点に近い点が取れ、塾とかは一切頼らずに英語で大学入試をクリアできたと二人とも感謝してくれています。私もいまだに毎日昼の12時40分から始まる、NHKラジオで実践ビジネス英語を校長室で聞いています。感心のある人はぜひ校長室に来て、いっしょに聞きましょう。
 人間の脳は「習うより慣れよ」に合ったしくみになっているのではないでしょうか。古典的な言い古されたことわざですが、脳科学的にも十分真理が証明されるのではないでしょうか。習うより慣れよ、でまずトライしてみて、慣れてみようではありませんか。
 もちろん「習うより慣れよ」は、英語のみならず、他の教科や部活動等や受験勉強にもあてはまると思います。この4月から昨年以上にどんどんと「習うより慣れよ」を実践してくれればうれしいです。
 さて、人間の脳の話にふれましたが、これも昨年度から皆さんに話していることです。ストレスです。ストレスのメカニズム等については以前に話したように、新しく赴任された先生方も含め、本校の先生方はすでに研修を受けられています。ストレスのことを詳しく知りたい人は本校の先生方に聞いて下さい。たかがストレスですが、されどストレスです。ストレスが重なると最悪、脳のある部位が破壊され、死に至ると最新の科学は報告しています。人間の脳は眠っている間も含め、ほぼ休みなく働いています。ストレスを自分で理解し認知する力を養い、ストレスのコーピング、マインドフルネスを実践してほしいです。 今日は最後にいつものように全員で3分間のマインドフルネスを実践したいと思います。足をひろげて楽な姿勢をとってください。学年主任の先生方だけが安全のために目をあけてくれています。目を閉じて呼吸だけに集中して下さい。できない人は、目を閉じて静かにゆっくりと150まで数えて下さい。それでは先生方もいっしょに始めます。用意、始め。(3分後)はい、終えて下さい。マインド(心)がフル(余裕たっぷり)になりましたか。私自身、マインドフルを日に何度も行い脳のリフレッシュを図っています。皆さんも実践してみて下さい。 習うより慣れよ、そしてストレスを自分で認知し、マインドフルネスのスキルを身につけて、心に余裕をもって、皆さんがこの伊川谷高校での充実した明るい高校生活を送り、この一年さらに成長してくれることを願い、平成29年度1学期始業式式辞とします。

<始業式の様子>