学校概要

教育方針

 明治9(1876)年、私塾篠山中年学舎の創設以来掲げられてきた「国家有為の人材育成」の抱負と、昭和26(1951)年、「学校の教育方針と生徒の生活目標との融合一体を示すもの」として制定された“生徒信条”が、今日までの校風と本校の歩みを導いてきた。
 生徒信条 「1.勉強第一  2.正義の実行  3.身体の強健」
 いかに時代が変わろうとも、ふるさとを愛し地域社会の発展に寄与する人間の育成、自らを鍛錬し自己実現を達成する自立した人間の育成、自立のこころを身に付け国家および国際社会に貢献できる人間の育成は、本校の使命である。
 この使命を達成するため、教職員は切磋琢磨しつつ、自らの資質・能力を高め、生徒ひとり一人の確実な知識理解と豊かな心の涵養を図るとともに、地域に開かれ信頼される魅力ある学校づくりを目指す。

沿革

【篠山中年学舎~鳳鳴義塾~鳳鳴中学校】

明和 3 年 1766 藩主青山忠高公、藩校「振徳堂」を創建、翌明和4年、教育方針「學規」が示され、本校教育の源流となる
明治 9 年 1876 篠山旧藩士の関係者有志、青山忠誠公意志に基づき、春日神社(篠山町二階町)境内に学舎を設け、「私立篠山中年學舎」と名付け、漢文・数学を教授する。〔本校の創立〕
明治11年 1878 「篠山中年學舎」を多紀郡立とし、「公立篠山中学校」と改称
明治17年 1884 中学校設備規則発布により、廃校の危機に直面するも、忠誠公これを遺憾として、基金を募り、私財をも投じて、「私立鳳鳴義塾」と改称し、中学教育を維持
明治21年 1888 篠山町北新町(北濠)に新校舎竣工
明治32年 1899 文部大臣の許可により、「私立尋常中学鳳鳴義塾」と校名変更
大正 9 年 1920 県立に移管、「兵庫県立鳳鳴中学校」と改称
昭和22年 1947 学制改革による新制中学校発足に伴い、本年度新入生はなく、2・3年生は併設中学校2・3年生に、4・5年生は中学校4・5年生となる
昭和23年 1948 新制高等学校制度発足に伴い、「兵庫県立鳳鳴新制高等学校」と改称

【高等女学校】

明治45年 1912 「多紀郡立高等女学校」、認可開校、4年生各1学級
大正 3 年 1913 「多紀郡実科高等女学校」と校名変更
大正11年 1922 県立に移管され、「兵庫県立篠山高等女学校」と改称
大正12年 1924 篠山町北新町(旧城内)に新校舎竣工
昭和22年 1947 学制改革による新制中学校発足に伴い、本年度新入生はなく、2・3年生は併設中学校2・3年生に、4・5年生は中学校4・5年生となる
昭和23年 1948 新制高等学校制度発足、「兵庫県立篠山女子新制高等学校」と校名変更

【統 合】

昭和23年 1948 両校統合、「兵庫県立篠山高等学校」と校名変更。初代校長河津啓太郎就任
昭和25年 1950 青山家御蔵書譲受
昭和26年 1951 『生徒信条』制定
昭和30年 1955 「兵庫県立篠山鳳鳴高等学校」と校名変更
『青山文庫目録』作成
昭和31年 1956 創立80周年記念式典挙行
昭和41年 1966 創立90周年記念式典挙行
昭和43年 1968 篠山町大熊の現在地で新校舎敷地の起工式挙行
昭和44年 1969 新校舎第1期工事竣工
昭和45年 1970 新校舎第2期工事竣工
昭和46年 1971 朝陽会館竣工、シンボルゾーン除幕式挙行
昭和47年 1972 体育館竣工、校舎移転作業開始
昭和48年 1973 新校舎への移転を完了、創立記念日を両校統合の日、7月1日に改正
昭和51年 1976 創立100周年記念式典挙行
昭和61年 1986 普通科の中に英語コース、理数コース各1学級設置
創立110周年記念式典挙行
平成 8 年 1996 創立120周年記念式典挙行
平成13年 2001 秋田県立大館鳳鳴高等学校と友好提携
平成15年 2003 「振徳堂」「學規等6扁額」及び「石敢當」が市文化財に指定
国際共生コース(旧英語コース)、環境科学コース(旧理数コース)と改称
「青山記念文庫収蔵庫」整備
平成16年 2004 オーストラリア・メルボルン市の、マルーンダ・セカンダリー・カレッジと姉妹校提携
平成18年 2006 創立130周年記念式典挙行
平成20年 2008 柏原高校との運動部定期戦を67年ぶりに再開
平成21年 2009 国際共生コース募集停止
学力向上プロジェクト推進校に指定
平成23年 2011 環境科学コースを総合科学コースに改編
制服デザイン変更
平成28年 2016 創立140周年記念式典挙行

↑ PAGE TOP