学校長挨拶

ごあいさつ

兵庫県立篠山鳳鳴高等学校 校長 岸田 吉明

 本校は、昨年度140周年記念式典を終え、今年は新たな歴史を刻む141年目を迎えることとなりました。
 本校の創設者、旧篠山藩主 青山忠誠公の建学の精神は、「一以貫之」です。この言葉は、一生涯を通じて真心や思いやりの心を大切にした生き方を貫くという志を表しています。ここには、「勉学や部活動などによって、自らを鍛え、人として生きる上で最も大切な真心や思いやりの心を身につけ、ともに手を取り合って生きる社会づくりに貢献しよう」という壮大な志が込められています。
 また、生徒各自の座右の銘として策定された、生徒信条が 「勉強第一」 「正義の実行」 「身体の強健」です。
 「勉強第一」とは、学業に専念し、自分から進んで勉学に取組み、自らの課題を見つけてその課題を解決して成果を上げ、目標を達成することです。
 「正義の実行」とは、社会のルールやマナーを率先して守り、鳳鳴高校生としての誇りと責任のもと、地域のみなさんから信頼されることです。
 「身体の強健」とは、基本的な生活習慣を確立し、部活動にも積極的に取組み、人生の基礎となる心身ともに健康な身体をつくることです。
 この建学の精神・生徒信条を心に、高校生活が充実したものとなるよう、教育活動に取り組んでまいります。
 今後とも皆様方の本校教育へのご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

↑ PAGE TOP