校章

校章.jpg 校訓「克己・協調・創造」を目指す教育を基底に,厳しさと暖かさを求め,一人ひとりの生徒が「自由」と「責任」をもって伸び伸びと育っていくことを念じて考案したものである。
 校章の中央に「高」の字を据え,「高」の側背に仕組んだ北.jpg陵.jpgの形は,それぞれ北のレタリングと陵(おか)をデザイン化したものであり,「北陵」を文字と自然形で表示したものである。
 本校は,猪名川と能勢川にいだかれているが,その川という字をデザイン化して左右に二流を配し,川.jpgの形でまとめたものである。川=川.jpgの適宜な長さと円弧の描く様子は「心豊かで逞しい体」を示したものである。また,左右の下部を閉じ上方を開放しているのは,若人の天空に飛翔する雰囲気である。
 全体として,川西市の北陵にあって,天・地・人の利を得た本校生が,無限の可能性を秘めて生涯学び,育たんことを自らに問いかける「生徒像」とも想えるように配意した。

意匠製作 元武庫川女子大学教授 創元会会員
中西 清