校長挨拶

 みなさん、こんにちは。
 本校のウェブサイトにアクセスいただき、誠にありがとうございます。
 私ども兵庫県立川西北陵高等学校は、教育基本法の精神に則り、ひょうご教育創造プラン(兵庫県教育基本計画)に基づくとともに、本校建学の理念を受け継いで、社会に対して三つの使命を担っています。

磯村校長.png

磯村 要

1 安心・安全の確保
 学校は、生徒一人一人の、かけがえのない尊い命をお預かりしています。その責任を自覚し、生徒のみなさんが安心・安全な学校生活を送り、有意義で充実した学校生活に取り組めるよう指導体制や学校環境を整備します。その一環として、いじめを生まない土壌づくりに取り組むなど、いじめの根絶を包括的に推進します。

2 人間教育の推進
 初代校長、岩地昭は、生徒のみなさんの心構えとして校訓「克己 協調 創造」を定めました。「克己」とは、自分を律する気力を持って困難に挑むことです。「協調」とは、他人の意見にも耳をかして協力することです。「創造」とは、新しいものを創り出していくことです。この三つを永劫不易の垂訓として、人類・国家・社会に貢献する人間を育成します。

3 魅力ある学校づくり
 現代のような変化の激しい時代にあっては、自立して、たくましく生き抜いていけるよう資質・能力を育成することが重要です。そのため、表現力や発信力を磨くグローバル教育、自己実現の夢を育むキャリア教育、高度な教養を身に付ける大学連携講座などを実施し、生徒のみなさんが学びたいことが学べる、魅力ある学校づくりを進めます。

学舎(まなびや)は
真実(まこと)を求め
意志(こころ)を培い
友愛(あい)を育み
ひたすらに努むるところ

と、本校の校歌に謳われているように、私ども教職員一同は、生徒のみなさんが、この北陵に立ち、至誠、壮志、慈愛を胸に、それぞれの目標に向かってひたすらに努力することを心から願っています。
 保護者の皆様、卒業生の皆様、地域の皆様、関係の皆様には、今後とも、ひき続き、本校の教育活動に格別の御理解と御協力、御支援を賜りますようお願い申し上げます。