31回生 修学旅行

修学旅行4日目(2015.1.10)

 最終日の今日はニセコのホテルを後にし、小樽へ向かいました。海鮮丼を食べたり、おみやげをたくさん買ったり、班別に自由に小樽の散策を楽しみました。小樽を出発した後は新千歳空港に向かい、帰路につきました。

 修学旅行全体を通して大きな怪我やインフルエンザ等の流行もなく終えることができたのは、生徒の活躍のみならず、修学旅行に携わってくださった皆様のおかげです。また、保護者の方の協力なくしては、このような修学旅行にできませんでした。この場を借りて、すべての方々にお礼申し上げます。

小樽散策中.JPG小樽散策中

美味しい海鮮丼♪.JPG美味しい海鮮丼♪

解散式.JPG解散式

修学旅行3日目(2015.01.09)

 三日目の今日は天候にも恵まれ、絶好のコンディションでパウダースキーを楽しめました。三日間続いたスキースクールは本日16:00に終了となりました。全日通してけが人もなく、無事スキーの技術を上達させることができ、大きな充実感を感じることができました。お世話になったスキースクールの先生方、本当にありがとうございました。
 ホテル最後となった夕食は、ゆでガニ・サーモン・チラシ寿司など北海道らしい豪華な内容に歓声があがっていました。夕食後は学年レクリエーションで盛り上がりました。

①スキー日和です.JPGスキー日和です

②リフトで出発.JPGリフトで出発

③皆でポーズ!.JPG皆でポーズ!

④午後には太陽が.JPG午後には太陽が!

⑤昼はカレー.JPG昼はカレー

⑥閉校式.JPG閉校式

夕食を堪能♪.jpg夕食を堪能

レクのダンス.jpgレクのダンス

頑張ったレク係.JPG頑張ったレク係

修学旅行2日目(2015.01.08)

 天候が心配された二日目でしたが、風や雪もおさまり、楽しくスキーの練習に励むことができています。午後にはかなり上達し「楽しい!」という声があちこちで聞かれるようになってきました。一日スキーを楽しんだ後は、バイキングに舌鼓をうちました。石狩汁やイカソーメンや帆立など北海道らしいメニューも味わえました。

朝食バイキング.JPG朝食バイキング

いざリフトへ.JPGいざリフトへ

だんだん上手に.JPGだんだん上手に

お手本をよく見て.JPGお手本を良く見て

滑りながらピース.JPG滑りながらピース

緊張する~.JPG緊張する〜

男子上級者班.JPG男子上級者班

女子上級者班.JPG女子上級者班

夕食のバイキング.JPG夕食のバイキング

二日目の感想

 二日目のスキーは、少し慣れてきて皆だいぶ滑れるようになっていました。坂道をすべっておりるのはとても怖かったですが、リフトからの景色は一面の雪でとても綺麗でした。最後のスキーでは、仲のいい友達と楽しく滑ることができたので良かったです。

第2学年(31回生)が修学旅行に出発しました。(2015.01.07)

 無事伊丹空港を時間通りに出発し、定刻通りに新千歳空港に到着しました。空港からニセコに向かう道中天候が悪化しましたが、30分遅れで無事ホテルに到着しました。
 到着後はスキースクール開校式を行いました。バイキング形式の夕食をとった後は、ホテルの外国人スタッフによる「English Fun Night」が行われました。夕食を囲みながら英語での会話を楽しみました。

出発式.JPG出発式

搭乗しました.JPG搭乗しました。

新千歳に到着☆.JPG新千歳に到着☆

入館式.JPG入館式

スクール開校式.JPGスクール開校式

夕食のバイキング.JPG夕食のバイキング

English Fun Night.JPGEnglish Fun Night

生の英会話♪.JPG生の英会話♪

外国人スタッフと.JPG外国人スタッフと

一日目の感想

 初めはちゃんとスキーを滑ることができるのかとても不安でしたが、インストラクターの先生がとても面白かったので、不安なく練習することができました。
夕食の時のEnglish Fun Nightでは、外国人スタッフの方と英語でお話しました。最初は何といっていいか分かりませんでしたが、ジェスチャーを交えながらお話することで、英語を話す楽しさを体験できました。

実施要項

1. 目的
・集団生活をする中で,一人一人が責任ある行動をとり,仲間作り,HR作りを進め,自主的・自律的な学年集団作りをめざす。
・スキー実習を通して,スキーの基本技術を習得し,雪山を滑走する楽しさを体験する。
・北海道の大自然に接し,雪国の厳しさ,美しさを体験する。
2. 期日・場所
 平成27年1月7日(水)〜10日(土) 北海道 ニセコビレッジスキーリゾート 及び 小樽
3. 宿舎
 「ヒルトンニセコビレッジ」

修学旅行日程表