兵庫県立川西北陵高等学校のウェブサイトへようこそ

○第3回オープンハイスクール申し込みフォーム[受付期間:10/23(月)-11/6(月)]
 →LinkIcon第3回オープンハイスクール申込フォーム
○芸術鑑賞会のご案内(保護者の方も奮ってご参加ください)LinkIcon芸術鑑賞会ご案内
○10・11月行事予定を掲載します。LinkIcon10・11月行事予定
○奨学金に関するお知らせですLinkIcon大学等予約奨学金についてLinkIcon奨学金の給付基準
○!!Jアラート等を通じた緊急情報発進時の対応例LinkIcon緊急情報発信例

本校への寄付金のお願い】
LinkIconH28県立学校環境充実応援プロジェクトLinkIconふるさとひょうご寄付金(兵庫県HP)
LinkIcon県立学校環境充実応援プロジェクト(兵庫県教育員会HP)LinkIconふるさとひょうご寄付金申し出書

〈その他〉
LinkIcon放送部による,ふるさと紹介「すごいとこ」

30回生 修学旅行

修学旅行4日目(2014.01.21)

 <活動の内容>
 修学旅行もいよいよ最終日を迎えました。
 本日は、小樽観光を行いました。生徒の動きが大変早く、2時間の予定の観光が3時間とることができ、北海道の味の満喫だけでなく買い物もゆっくり行うことができました。
 修学旅行は帰るまでが旅行です。その帰宅を含めた全行程を無事にやり遂げることができました。

 天気に恵まれた4日間、大きな怪我やインフルエンザ等の障害もなく終えることができたのは、生徒の活躍のみならず、修学旅行に携わってくださった皆様のおかげです。また、保護者の方の協力なくしては、このような修学旅行にできませんでした。この場を借りて、すべての方々にお礼申し上げます。


<感想>
 2年6組 『4日間を振り返って』
 行く前は、期待と不安でいっぱいでした。しかし、4日間を通しての感想は最高の一言に尽きました。
 広大な自然に見守られて行った、スキー実習は貴重な経験になりました。インストラクターの先生の丁寧な指導のおかげで、スキーの技術もだいぶん上達することができました。また、友人たちと一緒にスキーに行きたいと思いました。
 最終日である今日は、お世話になったホテルの方に最後まで見送られながら、小樽観光に行きました。海鮮丼やソフトクリームの美味しさに感動しながら、北海道のお土産をいっぱい買うこともできました。今回の旅行で恋しくなるほど北海道が大好きになりました。
 修学旅行を通して感じた、周りの人への感謝の気持ちを忘れずに、今後の生活にいかしていきます。本当にたのしい4日間を過ごさせていただき、ありがとうございました。

401.jpg今日も奇跡の快晴続き

402.jpg予定より早めにホテルを出発

405.jpg砂川SAでトイレ休憩

3.JPG小樽市内を観光

1.JPG北海道の味に舌鼓

2.JPG寒い中でのアイスクリームは絶品

4.JPG北海道土産をたくさん購入

7.JPG一路新千歳空港へ

8.JPG空港内で解散式

修学旅行3日目(2014.01.20)

 <活動の内容>
 修学旅行3日目。いよいよスキー実習も最終日になりました。気温は今シーズン最低の‐27.3度を記録しましたが、天気に恵まれ、思う存分スキーを楽しむことができました。
 閉校式では、男女の上級班とインストラクターの方がデモンストレーションを行い、華麗でダイナミックな滑りに大きな歓声が湧きました。
 最後の夜は、各クラスでレクリエーションを行い、どのクラスも盛り上がり楽しい時間を過ごすことができました。いよいよ明日は帰途につきます。


<生徒の感想>
 2年8組 HR委員『修学旅行3日目』
 スキー実習3日目です。
 今日はスキー実習最終日でした。最初は全然滑れなかったけれど、インストラクターの方のおかげで徐々に滑れるようになり、最終日にはターンも上手くできるようになりました。  
 三日間天気も良く、怪我なく楽しく滑ることができたのでよかったです。また、スキーをしに富良野へ来たいと思います。閉校式の時に、インストラクターの方が滑っているのを見てとても感動し、あんな風に滑りたいなと思いました。
 夜のクラスレクではゲームや出し物で盛り上がり、みんなが笑顔で楽しい時間を過ごすことができました。明日は北海道最終日なので、小樽観光を楽しみたいと思います。

ski2.JPG3日目の実習スタート

ski1.JPG今では余裕をもった滑りに!

ski3.JPG最後は急斜面からもシュプール

advanced.JPG上級者のデモンストレーション

instructor.JPGこれがインストラクターの滑り

34.JPG名残惜しくスキーを返却

closing ceremony1.JPG閉校式をもって実習終了

class hour2.JPGあっという間のクラスレク

class hour1.JPGそれぞれ最高最強のクラスに

修学旅行2日目(2014.01.19)

<活動の内容>
 ダイヤモンドダストから始まる晴天の一日。
 富良野ではこのような天気は大変珍しいそうです。生徒たちはパウダースノーのゲレンデでスキー実習を行いました。インストラクターさんの丁寧な指導のおかげで、生徒たちはきれいなシュプールを描くことができるようになりました。ナイタースキーでは、滑ることだけでなく、夜景も満喫しました。

<生徒の感想>
2年2組 HR委員『修学旅行2日目』
 スキー実習2日目です。
 昨日習得した基本動作をもとに、今日は朝からリフトに乗り、実際のコースで練習をしました。みんな2日間で初心者とは思えないほど成長したと思います。北海道富良野の広大なスキー場で練習していることも、はやい上達につながっていると思います。
夜は、幻想的な雰囲気のなかでナイタースキーを楽しみ、30回生にとって友情を深めるよい機会となりました。スキー実習も、残すところあと一日となってしまいましたが、残りの実習も大切に取り組みます。

breakfast.JPGぐっすり眠れしっかり朝食

ski1.JPGスキー実習2スタート

ski2.JPG滑れるようになってきたぞ

ski4.JPG次はリフトで上から滑走

ski3.JPG上からは少し手強いな〜

32.JPG山頂でハイチーズ

61.JPG疲れた体にエネルギー補給

72.JPG今からナイタースキー

73.JPG幻想的な景色にうっとり

修学旅行1日目(2014.01.18)

<活動の内容>
 北海道富良野での修学旅行1日目を過ごしました。
 天候に恵まれ、予定通りホテルに到着し、北海道の大自然の中でスキー実習に励みました。慣れないスキーに悪戦苦闘しながらも、みんな充実した時間を送りました。

<生徒の感想>
2年1組 HR委員 『修学旅行初日』
 修学旅行初日は、出発式で幕を開けました。
 北海道まではANA771便で飛び立ちました。離陸時は大はしゃぎだったのに、ちょっとすると朝が早かったからか、熟睡する人もいました。飛行機からの景色は最高でした。約1時間半かけて新千歳空港に到着しました。
 そこからバスで約3時間かけて富良野に行き、その後お待ちかねのスキー実習です。
 インストラクターの手厚い指導を受けて、スキーをしっかり身につけたいです。全部で5回あるスキー実習で、初心者を含めて全員が上手に滑れるように頑張りたいです。
 集団として、目覚しく成長できるような修学旅行にしていきたいと思います。

airplane.JPG初めての人は飛行機に緊張気味

aircraft.JPG無事に北の大地に到着!

IMG_4421.jpg新千歳空港から富良野へ

hotel.JPGようやくホテルに到着

opening ceremony.JPG雪の絨毯の上で開校式

instructors.JPGお世話になるインストラクターの方々

ski1.JPGスキー実習1スタート

ski2.JPGまずは止まり方を覚えねば

dinner.JPGもぐもぐ食べてパワーアップ

北海道に向けて出発(2014.01.18)

 2年生(30回生)の修学旅行がスタートしました。7:15から大阪モノレール「空港駅」下で出発式を行い,当日の欠席者もなく,全員意気揚々と北海道に向けて旅立っていきました。

IMG_3832.jpgモノレール駅下にて出発式

IMG_3130.jpg空港へと移動中

IMG_3246.jpgまもなく搭乗☆

結団式 (2014.1.17)

 結団式が,本日3限目に行われました。団長挨拶,学年主任の木村先生のお話,修学旅行委員長の挨拶,引率教員の紹介等が行われました。結団式の後は,各HR教室で細かい諸注意を受けました。先生方の諸注意にあったように,規律ある行動を心がけましょう。
 明朝,伊丹空港から出発です。忘れることのできない素晴らしい修学旅行となりますように。

K52S0174.JPG団長(教頭先生)挨拶

K52S0195.JPG学年主任木村先生のお話

K52S0207.JPG修学旅行委員長挨拶

実施要項

1. 目的
・集団生活の中で,一人一人が責任ある行動をとり,仲間作り,HR作りを進め,自主的・自律的な学年集団作りをめざす。
・スキー実習を通して,スキーの基本技術を習得し,雪山を滑走する楽しさを体験する。
・北海道の冬の大自然に接し,雪国の厳しさ,美しさを体験する。
2. 期日・場所
 平成26年1月18日(土)〜21日(火) 北海道 富良野スキー場
3. 宿舎
 「ホテルナトゥールバルト富良野」〔女子〕
 「ニュー富良野ホテル」〔男子〕

Epson_0077.pdf