兵庫県立川西北陵高等学校のウェブサイトへようこそ

○第3回オープンハイスクール申し込みフォーム[受付期間:10/23(月)-11/6(月)]
 →LinkIcon第3回オープンハイスクール申込フォーム
○芸術鑑賞会のご案内(保護者の方も奮ってご参加ください)LinkIcon芸術鑑賞会ご案内
○10・11月行事予定を掲載します。LinkIcon10・11月行事予定
○奨学金に関するお知らせですLinkIcon大学等予約奨学金についてLinkIcon奨学金の給付基準
○!!Jアラート等を通じた緊急情報発進時の対応例LinkIcon緊急情報発信例

本校への寄付金のお願い】
LinkIconH28県立学校環境充実応援プロジェクトLinkIconふるさとひょうご寄付金(兵庫県HP)
LinkIcon県立学校環境充実応援プロジェクト(兵庫県教育員会HP)LinkIconふるさとひょうご寄付金申し出書

〈その他〉
LinkIcon放送部による,ふるさと紹介「すごいとこ」

北陵日記

 川西北陵高校の,日々のできごとをお伝えします。

川西消防署の桂順司さんに講演をして頂きました。(2017.01.23)

名称未設定8.png

 第一学年の総合学習の時間で川西消防署の桂順司様にお越しいただき、講演をして頂きました。阪神大震災・東日本大震災の現場救助経験から学ぶリーダーシップについて、本校生徒にお話し頂きました。

 厳しい環境下で活動した経験談は、生徒が今後社会生活を送るうえで大きなアドバイスともなりました。

 桂様、本日はお忙しい中、本当にありがとうございました!

生徒の卒業制作作品が校内展示されています。(2017.01.18)
 書道の授業を選択した第3学年生徒の卒業作品展が、コモンホールで行われています。入魂の作品に、前を通る生徒・教員も立ち止まり、作品に見入っています。

名称未設定1.png

名称未設定2.png

名称未設定3.png

百人一首大会がありました。(2017.01.18)

名称未設定4.png詠み札担当のジェイソン先生

 第一学年生徒が体育館で百人一首大会を行いました。参加者生徒は、大会の間、大きな歓声を上げながら、友人たちと充実した時間を過ごしました。

名称未設定5.png各先生方が札詠み担当

名称未設定6.png一瞬の勝負です。

名称未設定7.png笑顔もこぼれた時間でした。

一面雪景色でした。(2017.1.16)

雪景色.png農道の雪景色

 1月16日(月)昨日からの雪で北陵高校は一面雪景色です。学校裏の農道、駐輪場、そして駐輪場から校舎へと続く階段・坂道にも靴が埋まるくらい雪が積もっていました。綺麗な雪景色に見とれるのもそこそこに、通勤してきた職員、そして早朝練習で登校していた生徒で手分けして雪かきをしました。7:30から約1時間、スコップやホウキ、ちりとり等で雪かきをし、駐輪場の入り口から階段、坂道に積もっていた雪を取り除くことができ、怪我なく無事生徒は登校することができました。

豪雪登校.png雪を踏みしめ登校する生徒

雪かき.png         駐輪場入り口の雪かき

階段雪.png雪かきされた階段を上り登校する生徒

野球部が2017年の活動をスタートしました。(20171.16)

 1月5日(木)8:00、2年生11名、1年生20名、マネージャー2名全員でグランドに挨拶し、2017年の活動をスタートしました。その後、近隣の神社まで移動し、参拝後、地域の清掃活動をしました。清掃活動の途中、地域の方に声をかけていただきました。その方から、「若い子たちが一生懸命にゴミを拾う姿を見て、感動しました。」と声をかけていただきました。野球部員たちは、ゴミを拾うことで周りの人に喜んでいただけたことを実感でき、新年に相応しく清々しい気持ちで活動を開始することができました。

野球1.png朝日を浴びてグラウンドに全員整列

野球2.png主将を中心に2017年初のミーティング

野球3.pngチーム全員で参拝

名称未設定.png地域の方と拾ったゴミの振り分け

平成29年1月13日(金)より本校33回生が3泊4日で北海道へ修学旅行へ行ってきました。(2017.01.13-17)
 直前まで、大寒波の影響で北海道上陸すら危ぶまれた中でしたが、無事羽田空港を経由して北の大地に降り立ちました。初日は移動続きでしたが、生徒はワクワクしながらバスに揺られ、ヒルトンニセコへ到着後、2日目から始まるスキー・スノーボード実習に備えました。

 2日目、3日目は2.5時間×4回の実習をインストラクターの講習のもと実施し、初めてスキーやスノーボードに挑戦した生徒たちもめきめきと上達していました。4日目は朝9:00にホテルを出発し、小樽・札幌観光をしました。川西にはない街の様子や雪道、おいしい海鮮やたくさんのお菓子などを楽しむことができました。

 インフルエンザなどが出たことが残念ではありましたが、楽しく過ごし無事全員帰ることができたことが何よりだと感じています。これから、33回生は4月から最高学年となり、学校を引っ張っていく立場になります。思い出がたくさんできた修学旅行から切り替えて勉強に部活に精一杯取り組んでくれることでしょう。

名称未設定2.png