〒670‐0986 姫路市苫編688‐58
TEL (079)295‐2200
FAX (079)298‐1060
 
 
ホーム 学習予定 学校生活 学校概要進路 教育相談各種様式
 

進路 - 「はたらく」って・・・

「はたらく」とは?

  はたら くことは、お かね のためだけではありません。 はたら 活動 かつどう で、 規則 きそく ただ しいリズムある 生活 せいかつ おく れ、 仲間 なかま めぐ まれ、 ひと とのつながりができます。 はたら いているという 自信 じしん ほこ りが て、 周囲 しゅうい 家族 かぞく 地域 ちいき ひと たちに みと められていきます。 はたら 意味 いみ は、 給料 きゅうりょう をもらう 企業 きぎょう だけに 存在 そんざい するものではありません。 はたら くという 意味 いみ は「 自分 じぶん らしく はたら く」なかにそれぞれ ちが かたち 存在 そんざい します。 自分 じぶん 能力 のうりょく 適性 てきせい おう じた「 はたら く」という 姿 すがた つけましょう。 

 

 

いろんな進路がある


 *図をクリックするとPDFファイルで開くことができます。

本校高等部卒業後の進路には、上の図のようにたくさんの進路(矢印)があります。
それぞれについて、詳しくみていきましょう。なお、上の図の番号は下の説明文の番号に対応しています。

  1. 卒業と同時に一般企業に就職します。就職後は、就業・生活支援センターやハローワークの定着支援を受けることなどが可能です。

  2. 卒業後、就労移行支援を受け、一般企業での就労を目指します。標準の利用期間は24か月(2年)以内となります。

  3. 就労移行支援を受けたのち、一般企業への就職が難しいと判断された場合に、就労継続支援A型へ進みます。就労継続支援A型は、雇用者と雇用関係を結びます。月に6~8万円の賃金をえることが可能です。

  4. 就労移行支援を受けたのち、一般企業への就職が難しいと判断された場合に、就労継続支援B型へ進みます。その後、力をつけてからA型や、企業就労にチャレンジすることもできます。

  5. 自立した日常生活を営むための訓練、就労に向けての基礎力習得に関する支援を受けます。標準の利用期間は24(2年)以内となります。訓練後は、就労移行支援やB型等の事業所へつないでいきます。

  6. 卒業後すぐに就労継続支援B型の事業所を利用します。利用するためには、2年生で就労アセスメントを受ける必要があります。自己の能力・適性を判断しながら、希望する事業所を決めていくことが重要です。

  7. 基本的な生活力を身につけ、安定した日常の活動ができるように訓練を行います。ゆっくりと時間をかけて成長を促し、自分にできる仕事に取り組みながら一日のリズムづくりを目指していきます。

  8. 卒業後に、職業能力を身につけるために訓練校に進学します。入学には、職業安定所の推薦と試験を受けることが必要です。訓練期間中は訓練給付金を受けながらになりますので費用の心配はありません。訓練期間は1年になります。訓練を受けながら同時に就職活動も行います。

  9. 卒業後、すぐに進路先を目指すのではなく、学習の期間を延長する目的で進学を希望することができます。学びの機会を増やすことにより人として成長を図ることを目的とするところがほとんどです。卒業してから就職、訓練校へ進学、また就労移行支援を受けるなどが可能です。

 

 

 

問い合わせ 交通アクセス プライバシーポリシー サイトマップ