spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer
見出し 空白 空白
お問い合わせ 交通アクセス サイトマップ プライバシーポリシー
 
HOME 学校紹介 学校生活 各種情報 各部委員会 スーパーグローバルハイスクール menu bar
     
 
  各種情報・お知らせ
  学校感染症について


   

 

  学校感染症と出席停止期間

 学校保健安全法施行規則により、下記の感染症にかかった場合は出席停止となります。出席停止の期間は、感染様式と疾患の特性を考慮して、人から人への感染力を有する程度に病原体が排出されている期間を基準としています。
平成24年4月1日付の学校保健安全法施行規則の一部改正にともなう改正箇所に下線を引いています。

  感染症の種類 出席停止期間
第1種 ・エボラ出血熱
・クリミア・コンゴ出血熱
・南米出血熱
・ペスト
・マールブルグ熱
・ラッサ熱
・急性灰白髄炎(ポリオ)
・ジフテリア
・重症急性呼吸器症候群
 (SARSコロナウイルスに限る)
・鳥インフルエンザ(H5N1)
治癒するまで
第2種 ・インフルエンザ
 (鳥インフルエンザH5N1を除く)
・百日咳
・麻しん(はしか)
・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
・風しん(三日はしか)
・水痘(水ぼうそう)
・咽頭結膜熱(プール熱)
・結核、髄膜炎菌性髄膜炎
発症後5日を経過し、かつ 解熱した後2日を経過するまで
・特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
・解熱した後3日を経過するまで
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
・発疹が消失するまで
・すべての発疹が痂皮化するまで
・主要症状が消退した後2日を経過するまで
・症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
【 注意 】ただし、結核、髄膜炎菌性髄膜炎を除く第2種の感染症については、病状により医師において感染のおそれがないと認めたときはこの限りではありません。
第3種 ・コレラ
・細菌性赤痢
・腸管出血性大腸菌感染症
・腸チフス
・パラチフス
・流行性角結膜炎
・急性出血性結膜炎
・その他の感染症
 感染性胃腸炎、マイコプラズマ肺炎
 溶連菌感染症(しょうこう熱)など
症状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで

ページ先頭へ

  インフルエンザ出席停止期間早見表
  • 「発症した後5日を経過」し、かつ、「解熱した後2日」とは、最低「 発症した後5日を経過」するまで出席停止となる。それに加えて解熱した日によって出席停止期間は延期することがある。(発症後4日目以降に解熱した場合(例4・5)は、出席停止の期間が延期されていく。)
  • 発症日( 当日0日目 )は、病院に受診した日ではなく、インフルエンザ症状(38℃程度の発熱等)が始まった日である。そのため病院受診時に発症日を医師に相談・確認することが必要である。
最低基準 発症した後
5日を経過
発症日
発症当日
0日目
発症後
1日目
発症日
2日目
発症日
3日目
発症日
4日目
発症日
5日目
発症後5日を経過した後
発症後
6日目
発症後
7日目
発症後
8日目
例1 発症後1日目に
解熱した場合 
発熱 解熱 解熱後
1日目
解熱後
2日目
発症後
4日目
発症後
5日目
     
出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 登校可能
例2 発症後2日目に
解熱した場合 
発熱 発熱 解熱 解熱後
1日目
解熱後
2日目
発症後
5日目
     
出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 登校可能
例3 発症後3日目に
解熱した場合 
発熱 発熱 発熱 解熱 解熱後
1日目
解熱後
2日目
     
出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 登校可能
例4 発症後4日目に
解熱した場合 
発熱 発熱 発熱 発熱 解熱 解熱後
1日目
解熱後
2日目
   
出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 登校可能
例5 発症後5日目に
解熱した場合 
発熱 発熱 発熱 発熱 発熱 解熱 解熱後
1日目
解熱後
2日目
 
出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 出席停止 登校可能

※ その後は、解熱した日によって出席停止日が準じ延期されていく。

学校保健安全法施行規則の改正理由

 インフルエンザ発症後、抗インフルエンザ薬(タミフル・リレンザなど)の早い段階での投与により劇的に回復が早くなりました。しかし、解熱しているにもかかわらず感染力の強いウイルスが体外へ排出している状況がしばしばみられるようになりました。
 従って体調が回復し、従来の出席停止期間 「 解熱した後2日を経過するまで 」で登校してしまうと、他の生徒へ感染してしまい、流行をさらに広げてしまう可能性があります。臨床研究の結果、抗インフルエンザ薬を投与された場合と投与されなかった場合のウイルス残存率は、薬剤の種類やウイルスの型、患者の年齢などの諸条件により違いはありますが、発症(発熱)した後、5日を経過するとウイルスの排出はある程度治まると報告されています。

集団での流行拡大を防ぐために、ご理解とご協力をお願いします。

  登校証明書

 感染症治癒後、登校の際には登校証明書を提出してください。登校証明書は下記のPDFファイルからプリントアウトすることができます。

登校証明書登校証明書(PDF)

 

 
 
〒670-0877 兵庫県姫路市北八代2-1-33 Tel:079-281-6621 Fax:079-281-6623
Copyright(C) Himeji Nishi Senior High School