お問い合わせ 交通アクセス サイトマップ プライバシーポリシー
 
HOME 学校紹介 学校生活 各種情報 各部委員会 スーパーグローバルハイスクール menu bar
     
 
  学校生活
  部活動一覧(平成28年度「光かがよう」より)

総務部 新  聞 放  送 図  書
運動部 陸上競技 水  泳 サッカー バスケットボール 野  球
ソフトテニス テ ニ ス 卓  球 柔  道 剣  道
バドミントン バレーボール ソフトボール バトントワリング ワンダーフォーゲル
文化部 物  理 化  学 家庭科学 茶 華 道 書  道
美  術 音  楽 吹 奏 楽 室内合奏 箏  曲
ギターマンドリン 写  真 ESS 文  芸 囲碁・将棋
生  物 競技かるた部  

  新聞部

 新聞部の主な活動は月1回のペースで西高の情報を発信する新聞を制作・発行することです。新聞部は長年の休部状態から復活して早2年が経ち、当初は新聞の名前すら決まらず「西高新聞(仮)」という名前で発行していましたが、現在は無事に名前も決まり、「輝耀報」というタイトルで新聞を発行しています。
 西高の行事のみならず、各部活動の特集を組むなど部員自らの足で情報を集め、記事を制作しています。また、2月の卒業式に合わせて「姫路西高新聞」を発行するなど精力的に活動しています。活動日は毎週水曜日と金曜日で現在、部員は2名と数が少ないですが、取材などの活動を通してたくさんの人と関わることができるのが魅力的な部活動です。4月の新入部員の加入を楽しみにしています。

ページ先頭へ


  放送部

放送部 みなさん、こんにちは。放送部です!現在放送部は本館3階の放送室にて、2年生5名、1年生3名で活動しています。皆個性豊かで、毎日にぎやかに過ごしています。
 主な活動内容は、年2回の大会と文化祭の朗読劇に向けて日々練習しながら、ラジオの作成や学校行事の司会を担当しています。アナウンスや朗読など声を使うことに興味のある人はもちろんのこと、人前で話すのは苦手だけど放送機材に関わってみたいという人も大歓迎です。ぜひ、放送室に足を運んでみてください!

ページ先頭へ


  図書部

★図書の購入:新刊を購入し整理する。図書館には文学・自然・言語・芸術・社会など、ジャンルを問わない様々な図書が陳列されています。希望を生かしつつ、伝統にふさわしい多様な図書を選べます。
☆図書の展示:興味関心の動向を探りながらテーマを決め、手に取りやすいように並べ変えるなど、図書館が身近になるように展示に工夫をしています。
★図書の貸し出し・返却などの業務:今まで棚の奥で寝ていた本が貸し出されていくのを見るのは嬉しい瞬間です。
☆統計:コンピュータも駆使して、貸し出し状況の動向を把握し、利用時間及び人数の調査を行い、統計を取ります。
★広報活動:「図書だより」の発行による広報活動を行います。
☆誇り:西高の「知」を支えているのだという自負を持ち活動しています。
★活動場所:図書館
☆募集中:一緒に活動しませんか。★図書の購入:新刊を購入し整理する。図書館には文学・自然・言語・芸術・社会など、ジャンルを問わない様々な図書が陳列されています。希望を生かしつつ、伝統にふさわしい多様な図書を選べます。

ページ先頭へ


  陸上競技部

陸上競技部 本年度の陸上競技部は、69回生16名、70回生18名、71回生16名の計50名でのスタートとなった。限られた時間の中で、それぞれが自らの記録の向上と目標の達成に向けて日々練習に励んできた。
 5月に行われたインターハイ西播地区予選では、男女ともに多くの部員が県インターハイへと駒を進めた。県インターハイでは、木下(69回)が走り幅跳びで兵庫高校記録にあと6・と迫る好成績で大会記録を塗り替え、三連覇の快挙を成し遂げた。また、志賀(69回)が2種目共に自己新記録を出し、200m7位、400m準優勝、佐藤(69回)が800m5位、そして男子4×400mリレー(植木・木下・中村・志賀(共に69回))においても5位に入賞と奮闘し、近畿インターハイへ駒を進めた。近畿インターハイでは、悪天候の中、志賀が5位、木下が6位と健闘し、悲願の全国インターハイ出場を決めた。全国インターハイにおいては、志賀は準決勝に進出し、木下は4位入賞を果たした。
 8月に行われた県ユース大会では、堀田(71回)が200m6位、400m3位と共に入賞し、400mでは近畿ユース大会出場を決めた。また、岩本(70回)が1500mで5位入賞を果たした。国民体育大会に、木下が出場し、インターハイに引き続き入賞を果たした。
 トラックシーズンが終わると、長距離部員は10月下旬に行われる駅伝西播地区予選会に向けて練習に励んだ。その成果もあり、男子は8年連続、女子は去年の雪辱を果たし2年ぶりに県大会出場を決めた。11月に篠山で行われた県大会では、芳野(69回)が区間4位入賞と健闘し、男女ともに力走をみせた。そして2月に行われた西播地区新人駅伝では、男子は松本(70回)が区間優勝、岩本(70回)濱本(70回)、藤本(71回)がそれぞれ区間3位とチームを引っ張り、女子は一年生中心のメンバー構成ながらも奮闘し、男女とも4位入賞を果たした。
 本年度の陸上競技部は、全国インターハイ出場という大きな偉業を成し遂げるなど好成績を多く残した。しかし一方で先輩に頼りがちであった現実も浮き彫りとなり、1,2年生での大会では腑甲斐ない思いもした。来年度は、チームとしては「連続出場」にこだわり続けると共に、多くの経験を糧に個々が意識を高め一から努力し、自分たちを支えてくださる全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、全員で精進していきたい。

ページ先頭へ


  水泳部

水泳部 私たち水泳部は2年4名、1年13名の計17名で、松本先生、森本先生、西川先生のご指導のもと活動しています。6月に行われた県高校総体では、惜しくも決勝進出は逃したものの、チーム全体で有意義な経験を得ることができました。
 私たちはそれぞれ目標を立てその実現に向けて日々練習に励んでいます。また、部員どうしで競い合い、共に意識を高め合っています。オフシーズンにおいても個々人がそれぞれの課題を実現すべく、筋力トレーニング・体幹トレーニングに取り組んでいます。個々人がそれぞれレベルを上げることで来年度のチーム全体のレベルを押し上げるよう精進していきます。そして、夏の大会では、悔いの残らないように今までの練習の成果を発揮したいと思います。また、これまで支えてくださった先生や家族、そして部員のみんなへの感謝の気持ちを忘れず、近畿大会、インターハイ出場という大きな目標に向けて、水泳部全体で頑張っていきます。

ページ先頭へ


  サッカー部

サッカー部 高校総体は、2回戦の福崎高校から始まった。1回戦に勝ってきた相手の勢いと僕たちの初戦である緊張で難しい試合になったが3-1で勝つことができた。3回戦は伊丹西高校であった。この試合も緊張のせいか自分たちが今までしてきたサッカーができず、延長戦の末、1-2で敗北。この試合が3年生の最後の試合となってしまい、とても悔しい結果でした。
 東西対抗では、3年生がすでに引退していたため、新チームで挑んだ。観客がいるという環境の中でも、自分たちの理想に近いサッカーができ、結果も4-2で勝つことができてよかったが、まだまだ課題が多く残った試合であった。西播2部リーグでは、初め3年生の力があり首位をキープできたものの、新チームになると苦しい試合が続いた。なんとか2位をキープし、目標であった1部リーグ昇格を果たせたときはとても嬉しかった。夏休みの厳しい練習に耐えて迎えた選手権西播予選は、優勝した東洋大姫路高校に負けてしまったものの代表決定戦に勝利し、目標の県大会出場を達成できた。しかし、県大会では会場や相手の雰囲気に呑まれてしまったこともあり、1回戦で三田祥雲館高校に敗北。この経験を新人戦につなげようと思った。市民大会は決勝進出を目標にした。予選リーグを1位通過でき、準決勝、準々決勝も厳しい試合が続いたが、目標である決勝進出を達成できた。決勝ではエストレラ姫路に0-3で敗北。目標は達成できたものの悔しかった。
 新人戦西播予選では優勝を目標にしたが、3回戦で琴丘に0-1で敗北。代表決定戦で飾磨高校に2-0で勝利し県大会出場が決まったが、目標を達成できなかった。この結果を受け、チーム全員が変わらなければいけないと思った。県大会はベスト8を目標に挑んだが、1回戦で社高校に2-4で敗北。選手権の経験を活かせずとても悔しかった。残る大会はリーグ戦と総体になってしまった。楽しくサッカーをし、目標を達成するためには厳しくて辛い練習を乗り越えなければならない。ただ、サッカーは集団スポーツであり、仲間がいる。残り少なくなった高校サッカーを最高の宝物、思い出にするため、全員が努力し支えあって笑顔で引退したい。

ページ先頭へ


  バスケットボール部

バスケットボール部男子
 私たち男子バスケットボール部は、2年生9名、1年生7名、マネージャー2名の計18名で、顧問の藤原先生、佐藤先生のご指導のもと日々練習に励んでいます。秋季西播大会では、Aリーグとの入れ替え戦までいきましたが、残念ながら入れ替え戦で敗れてしまいAリーグ昇格とはなりませんでした。その悔しさをバネに、たくさんの先生方・OBの方々のご指導のもとよりよい練習を重ねてきました。これからも応援してくださる方々への感謝を胸に、Aリーグ昇格と技術面・精神面のさらなる向上を目指し、チーム一丸となって練習に懸命に取り組んでいきたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします。

女子
 私たち女子バスケットボール部は、2年生6名、1年生10名、マネージャー2名の計18名で、顧問の宮脇先生、富田先生のご指導のもと日々練習に励んでいます。春季西播大会、夏季西播新人大会と続けてリーグ降格となってしまいましたが、その悔しさをバネに、たくさんの先生方のご指導のもとよりよい練習を重ねてきました。その結果、秋季西播大会ではトーナメント戦を勝ち抜き、Cリーグ昇格を果たすことができました。これからも応援してくださる方々への感謝を胸に、Bリーグ昇格と技術面・精神面のさらなる向上を目指し、チーム一丸となって練習に懸命に取り組んでいきたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします。

ページ先頭へ


  野球部

野球部 野球部は69回生15名、70回生12名、71回生13名、マネージャー6名の計46名で、顧問の大野先生、松浦先生、山本先生、林先生のご指導の下、「目指せ東大、全国制覇 愛される野球部」をモットーに日々練習に励んでいます。
 春季大会、夏の選手権大会では、善戦を繰り広げながら、惜しくも敗れ、一球の大切さを実感しました。新チームで初めて臨んだ秋季地区大会では、自分達の野球を思い通りできず、県大会を逃してしまいました。この悔しさを胸に日々の練習では、一球を大切に、そして先輩を越えていけるように頑張っていきたいと思います。

ページ先頭へ


  ソフトテニス部

男子
 男子ソフトテニス部は、本年度は3年生 4名 2年生7名 1年生2名、マネージャー1名の計14名で、日々練習に励んできました。今年は、前期・後期西播大会、県総体など全ての大会で、個人戦・団体戦ともに勝ち進むことができませんでした。しかし、それぞれのペアで声を掛けあったり試合の組み立て方を工夫したりして、ベストを尽くしました。今年よりも良い成績がおさめられるように、より一層、日々の練習に全力で取り組み、1つでも多く勝てるように部員全員で一丸となって頑張りたいと思います。

ソフトテニス部女子
 平成28年度は、3年生3名、2年生1名、1年生6名の少数精鋭で集中した練習をしてきました。人数が少ない分、一人が打つボールの数も多くなり、充実した練習が可能になりました。総体西播予選では、1回戦で姫路高校に2-1で粘り強く勝利したものの2回戦で第4シードの龍野高校に敗れ、その後の敗者復活戦で赤穂高校に勝利し県大会への出場権を獲得しました。県大会では、啓明高校に1回戦で敗れましたが、選手たちは県大会の晴れ舞台でこれまでの練習の成果を出し切りました。新人戦では、2年生が1名、1年生6名という若いチームで挑みましたが、個人、団体ともに県大会へ駒を進めることができませんでした。また、冬季西播大会では、Bブロックに参加しました。インフルエンザの影響によりベストな状態で試合に参加できず、結果はふるいませんでした。今後も、日々の練習を通して団結力、技術力を高め、29年度の総体に向けて部員一丸となって挑みたいと思います。

ページ先頭へ


  テニス部

男子
 僕たち男子テニス部は、2年生20人、1年生20人で、顧問の井上先生、後藤先生、小笠原先生、徳永先生のご指導のもと、テニスを楽しむことをモットーに、日々練習に励んでいます。今年度は、団体戦において、西播大会は3位で連覇できませんでしたが、新人戦でベスト16に入り、県公立高校大会に2年ぶりに出場しました。目標である近畿公立大会にはあと一歩のところで届きませんでしたが良い結果を残すことが出来ました。個人戦においても新人戦で県大会本戦に二人が進出しました。今後は、3月の春季ジュニア大会、4月の姫路市民大会、そして最後の総体へ向けてしっかりと高い目標を持ち、団体ではチーム一丸となり県ベスト8入賞を目指し、頑張っていきたいと思います。

テニス部女子
 私たち女子テニス部は、2年生11人、1年生7人で後藤先生、井上先生、小笠原先生、徳永先生のご指導のもと、毎日楽しく練習に励んでいます。夏のリーグ戦では、2部リーグで1位になり、初の1部リーグ昇格を決め、秋の西播大会団体では部員全員が一丸となって初優勝を勝ち取ることができ、個人戦でも2人が本戦出場など好結果を残すことができました。目標としていた団体の近畿公立大会へは出場できませんでしたが、今は、春季ジュニア大会や県総体でよりよい結果を残せるように高い目標をもって部員全員でがんばっています。

ページ先頭へ


  卓球部

卓球部  卓球部は、飯田先生、冨田先生、日高先生、小川先生の指導のもと、男子9名、女子7名の計16名で練習に励んでいます。お互いに声を掛け合い、アドバイスし合うなど、チームとして元気で魅力ある集団を目指しています。これは大会で勝てる強いチームの条件と考えているからです。
 高校総体及び新人大会では日々の練習の成果が実り、男女共に県大会に出場することができました。県大会では各地区の強豪校と対戦し、県大会で勝つことの難しさを実感しました。この経験を基に、現在は練習試合などのひとつひとつの試合をじっくり考えながら行うことや、また、多球練習や走り込みなどでフィジカル面をきちんと作りあげることをチームとして意識するようになりました。
 3年生にとっては、次の総体が最後の大会なので、チームが団結して、日々の練習を大切に行っていきたいと思います。

 

ページ先頭へ


  柔道部

 柔道は、心身の力を、最も有効に使用する道である。その修行は、攻撃防御の練習によって身体精神を鍛練修養し、その道の真髄を体得する事である。そうして、是によって、己を完成し、世を補益するのが、柔道修行究極の目的である。(講道館柔道の創始者 嘉納治五郎)
 柔道部は2014~16の間、男子部員1名で活動しました。平日は姫路工業高校の練習に参加したり、トレーニングによるフィジカル強化を行い、休日は他校への出稽古に行きました。顧問の先生方、姫路東柔道部、姫路工業柔道部をはじめとする多くの方々に助けて頂き、活動することができました。残念ながら現在部員は0名ですが、興味がある人がいれば友達を誘って姫路西柔道部を復活させてください。たとえ1人でも、柔道が好きで根性があればきっと大丈夫です。

ページ先頭へ


  剣道部

剣道部  我々剣道部一同は山本先生、坂本先生、平田先生の御指導の元、男子4人・女子3人で稽古に励んでいます。部訓である「独歩天下」の元、剣道は剣の理法の修練による人間形成の道であるという剣道修練の目的に沿って、現状に満足することなく、より一層成長できるよう日々努力しています。試合では男女とも近畿大会出場を目標に部員一丸となって頑張っています。初心者の方も大歓迎です。ぜひ武道場にいらして下さい。

ページ先頭へ


  バドミントン部

バドミントン部男子
 我がバドミントン部は、それぞれのレベルに応じて練習の課題を設定し、一見同じように見える練習でも、それぞれの選手が工夫をして練習しています。そして、生徒自らが練習メニューを考え、得意なことや苦手なことを選手間でアドバイスしながら切磋琢磨しています。短い練習時間の中で、技術向上や弱点の克服をし、試合に勝つための戦略を練るなどの工夫をしています。そして、様々な人に応援される部となることを目指し、部の雰囲気づくりにも励んでいます。
 最後の総体では全員が悔いのない結果を残せるよう、現在の素晴らしい環境に感謝しながら、部員全員で頑張っていきます。

女子
 東西大会で69回生の先輩が引退され、新チームでの練習がスタートしました。70回生を中心とした新チームでは、男子と一緒に練習し、お互いに刺激しあって活動できたと思います。多人数での練習は、その分まとまるのが難しく、場所・時間も限られているという環境ではありますが、自分なりの課題を持ち、基礎的な練習を積み重ねています。
 技術面・プレーで成長するだけでなく、私たち自身が気の利く人、応援される人に成長し、これからも部員一丸となって頑張りますので、応援よろしくお願いします。

ページ先頭へ


  バレーボール部

男子
バレー部   僕たち男子バレーボール部は、定本先生、飯貝先生のご指導のもと、3年生4名、2年生3名、1年生2名、マネージャー2名の計11名で毎日練習に励んでいます。限られた時間の中で内容の濃い練習をし、一人ひとりが考えて行動しプレーすることを常に心がけ、近畿大会出場を目標に全員バレーでがんばります。

女子
 私たち女子バレーボール部は、3年生3名、2年生1名、1年生4名、マネージャー1名の計9名で、内海先生、磯合先生のご指導の下、毎日の練習に励んでいます。これまで3年生は県高校総体を最後に引退していましたが、今年の3年生は部員数が少ないこともあり、後期リーグ戦まで参加し、4部昇格に大きく貢献してくれました。3年生の引退後、新チームの部員数は少なくなってしまいましたが、毎日、体育館やグラウンドコートにおいて、皆で大きな声をだし中身の濃い練習に取り組んでいます。

ページ先頭へ


  ソフトボール部

ソフトボール部  ソフトボール部は、4月に一年生を一人迎え、二年生と合わせて計四人となりました。今年度の東西大会は部員不足により出場はできませんでしたが、夏ごろには東高校と合同チームを組み、秋には西播大会に出場することができました。少ない人数ではありますが持ち前の明るさと、仲の良さを活かして一生懸命練習しています。来年度は新入部員を増やしたいと思っています。

ページ先頭へ


  バトントワリング部

バトントワリング部  私たちバトントワリング部は、3年生11人、2年生11人で活動しています。部員はほとんどが初心者で、最初のうちはバトンを思うように回せず怖くなったりすることもありましたが、毎日、柔軟体操や基礎練習を積み重ねる中で、少しずつ上達し、できる技が増えていき、とても楽しくなっていきました。今ではバトンを投げたり、首や腰や腕の周りを回したり、数々の技ができるようになりました。
 1年生を迎えての初舞台は東西体育大会の入場行進です。全員の心をひとつにして、選手団の先頭を行進します。体育大会ではお昼休みのアトラクションとして踊り、大会を盛り上げます。今年度は真夏の日差しの下での練習がとても厳しかった分、当日は納得のいく演技を披露することができました。他にも、野球部の応援、たそがれコンサート、吹奏楽部との合同演奏会、ケアハウスの慰問や他校とのダンス交流会など、様々なイベントで演技を披露しています。イベントを通じて、ひとつひとつの出会いを大切にしています。そして、3年生にとっての最後の舞台となるのが文化祭です。2年間の集大成といえるパフォーマンスを披露できるよう、冬休み前から準備していきます。
 私たちは舞台の構成や選曲、振付や衣装などの演出をすべて自分たちで考えます。時には意見がぶつかり合うこともありますが、その度に部員全員で話し合い、全員でひとつの舞台を創り上げてきました。ステージを終える度、「一」から創り上げたという大きな達成感を味わうことができます。私たちはこれからも「100万ドルの笑顔」をモットーに、観て下さる方々に笑顔になって頂けるよう、最高の舞台をお届けします。

ページ先頭へ


  ワンダーフォーゲル部

 ワンダーフォーゲル部とは、即ち山岳部。山に登り、自分たちが作った料理を食べテントで泊まるなどして、体力と精神の限界に至ることを喜びとする部活である。登山は高校総体の一種目「競技登山」として存在する。これは数日間で体力、生活技術、知識の総合得点を競う壮絶な戦いであり、我が部は昭和以来の全国大会出場を目標に、主に広峰山や八丈岩山への登山やランニングで体力向上、たまの天気図作成や調理などで知識、技術の向上を図っている。また、月一回を目標に県内の高い山に遠征を行っている。
 ワンゲル最大のイヴェントはなんと言っても夏山合宿である。1週間ほどかけて日本アルプスの3000級の山々の頂を目指し、大自然の雄大さと厳しさを存分に学ぶことができる。夏山合宿では長い時間をかけて計画を練り、計画書を共同で作ったり念入りに準備したりするのも楽しみの一つと言える。これからは春山、秋山などの合宿の遂行も目標である。最近の登山ブームに乗じて西高ワンゲルも、様々な目標を達成すべく活動を活発化させていきたい。

ページ先頭へ


  物理部

  「物理部」と聞くと、物理の実験をしていたり、物理の問題を解いているというイメージがありますが…そうではありません!!時代に伴いコンピュータを使う最先端な部活へと変化しました。我々物理部は主にCG製作をしています。主な活動日も、月水金で兼部もしやすいので、コンピュータが好きな方でも、パソコン初心者でも気軽に来てください!

ページ先頭へ


  化学部

 化学部は71回生が3名加わり、70回生1名の計4名で北館3階の化学教室で活動しています。様々な現象を実験を通じて感じてみたり、本などに出ている内容を実際に行うことで、より良い方法を見つけて実験を改良したりしています。なかなか上手くいかないこともありますが、4人で試行錯誤しながら頑張っています。また化学の勉強を先取りで学習したりもして、みんなで楽しく化学を学んでいます。昨年は文化祭でも化学の展示をすることができ、今年も皆さんに楽しんでもらえるように色々と考えています。興味のある人は活動中に立ち寄って下さい。

ページ先頭へ


  家庭科学部

 1年生10名、2年生12名、3年生6名、計28名で毎週金曜日、食物教室で活動しています。季節に合ったお菓子作りを中心に活動していますが、4月の文化祭では、当日の販売に向けて、春休みから毎日準備に取り掛かります。家庭科学部部員全員で、皆さんに喜んでいただけるお菓子作りをしています。いい香りがしたら是非、北館1階食物教室をのぞいて下さい。

ページ先頭へ


  茶華道部

茶華道部 私たち茶華道部は、茶道は裏千家の桜井先生、華道は池坊の名倉先生をお迎えして3年生6名、2年生4名、1年生6名で活動しています。茶道は1月の初釜から始まり、4月の文化祭ではお茶会を開き、沢山の方々にお茶を楽しんでいただきました。8月は姫路城好古園での呈茶に参加させていただき、県外や海外からのお客様をおもてなしする機会に恵まれました。12月にはロスモイン高校の方々にお茶席をもうけ、茶道を体験していただきました。海外のお客様と直接関わることができるのも、茶道の魅力です。年数回、着付けの講座も開き、一人で浴衣を着られるようになります。初心者も多いですが、先生は一人ひとりに丁寧に指導してくださいます。季節や習熟度に合わせて色々なお点前を稽古することができるので、皆熱心に練習しています。
 華道は月に一回、季節の花で作品を作ります。クリスマスにはリースを作りました。お茶やお花に触れることで、落ち着いた気分になり、行儀作法も身に付きます。これからも、部員全員で仲良く、様々な行事に参加していきたいです。

ページ先頭へ


  書道部

 書道部は現在、2年生2人、1年生1人の計3人で活動しています。毎月の書道誌への出品に加えて、総合文化祭・書の甲子園への出品・文化祭展示の企画・準備など、活発に活動しています。「書道」と聞くと堅い、難しい…といったイメージを持っている方も多いと思いますが、決してそんなことはありません! 私たち書道部は真剣に、そして何よりも楽しく書道に取り組んでいます。部員は皆仲良く、書道教室にはいつも3人しかいないとは思えないほどの笑い声が溢れています。
 毎年部員数は少ないですが、最近の5年間で4人の先輩方が全国総文や近畿総文に出品するという実績をあげています。また、今年度は近畿総文が姫路市で開催され、皆交流会の責任者や係となって、運営に携わりました。その時には近畿圏内の他校の人たちと共同作品を作り、交流を深めました。こんな私たちと一緒に書道をしませんか? 初心者の方も兼部の方も大歓迎! 南館1階、書道教室で待っています!!

ページ先頭へ


  美術部

 美術部は現在、3年生2名、2年生3名の計5名で自由に楽しく活動しています。主に4月の文化祭に向けて絵を描いていますが、西高の美術部には、様々なコンクールのお話が持ち込まれるので、それへの挑戦も可能です。
 美術部というと、キャンバスに向かって黙々と絵を描いたり、上手に絵を描けないといけないんじゃないか、というイメージがあると思いますが、そんなことはありません。上にも書いたように、絵のうまさに関係なく、楽しい雰囲気で、それぞれ好きなものを描いています。今まであまり絵を描いたことがない人でも大歓迎です!美術部は個性的なメンバーぞろいで、どこか抜けた暖かい雰囲気で、笑いが絶えません。兼部もOKです!(現在半分以上が兼部をしています。)
 水彩、油絵、イラスト、なんでも大丈夫なので、あなたもぜひ私たちと絵を描いてみませんか?

ページ先頭へ


  音楽部

音楽部  私達音楽部は、現在男子4名と女子15名で活動(合唱)しています。「最小限の練習時間で最大限の力を」をモットーとし、週3回の活動を原則として、日々練習に励み、楽しみながら、よりよい合唱を目指しています。今年の1月には高校生ふるさと貢献活動事業のひとつとして、姫路西高校音楽部と姫路市立広嶺中学校コーラス部の合同主催で10回目となるジョイントコンサートを開催しました。出演者を含めて約400人の来場があり、多くの方に楽しんでいただける記念すべき10回目のコンサートになったことに、私達も喜びを感じています。また、コールダムール(音楽部OB会)の方々と合同ステージの機会を持てることも楽しみの一つとなっています。
 また年間2回行っている姫路医療センターミニコンサートでは多くの患者さんが足を運んでくださり、楽しいひとときを過ごすことができました。この訪問は、患者さんたちとより近い距離で交流でき、私達にとっても大変良い経験となっています。平成29年8月には宮城県で開催される全国高等学校総合文化祭に参加させていただくことになりました。これからも私達は音楽の持つ力を合唱という形で伝えられるよう、日々の練習を大切にしていきたいと思います。

ページ先頭へ


  吹奏楽部

吹奏楽部 私たち吹奏楽部は現在、70回生21名、71回生20名、計41名で顧問の照井先生、安藤先生、秋山先生の熱心なご指導のもと、「気づき・気遣い・感謝の心」の3Kをモットーとし、演奏の技術面はもちろん、精神的にも成長していくべく、日々楽しく活動しています。
 昨年は吹奏楽コンクールで西播地区大会銀賞という悔しい結果に終わってしまい、自身の未熟さ、二年連続で県大会へ行っていたことに対しての驕りを痛感するとともに、次の夏のコンクールではもう一度県大会へという目標を持つことができ、練習の励みとなりました。また、様々な地域行事、演奏会など年間を通じてたくさんの演奏機会をいただき、地域の方々と触れ合ったり、他校の演奏・立ち居振る舞いなどを見たりと、様々な良い経験を積むことができました。他にも、合同バンドを結成し、他校と交流を深めたりもしました。
 このような貴重な機会に恵まれたのは、保護者の皆様、OB・OGや白城会の皆様、地域の皆様のご理解・ご協力のおかげです。いつもご支援くださり、本当にありがとうございます。今年も、聴いて下さる方々の心に響く音楽をお届けできるよう、より一層練習に励みたいと思います。

ページ先頭へ


  室内合奏部

室内合奏部 室内合奏部は、4月の文化祭、9月のたそがれコンサート、11月の西播中学高校器楽連盟定期演奏会、兵庫県高等学校総合文化祭器楽管弦楽部門演奏会を主たる演奏発表の場として活動しています。第69回文化祭では、弦楽合奏として、ヨハン・シュトラウスの「雷鳴と稲妻」、「情熱大陸」「『カルメン』よりハバネラ」「君をのせて」「Summer」「A WHOLE NEW WORLD」「オペラ座の怪人」のメドレー、吹奏楽部有志とのオーケストラで、エルガーの「威風堂々」を演奏しました。文化祭が終わり、4名の新入部員を迎えることになりました。
 11月の西播中学高校器楽連盟定期演奏会と兵庫県高等学校総合文化祭器楽管弦楽部門演奏会では、ブリテンの「シンプル・シンフォニー」より第1.4楽章を演奏しました。2月28日に行われた卒業式では、卒業生入場音楽として、ハイドンの弦楽四重奏曲「皇帝」を演奏しました。これからも、「音楽を楽しむこと」を目標に、弦楽器の持つ本来の美しい音色が引き出せるように練習を続けていきます。

ページ先頭へ


  箏曲部

箏曲部 こんにちは、箏曲部です!突然ですが、皆さんはお箏と聞くとどのようなイメージを持ちますか?箏は日本に古くからある伝統的な楽器ですが、どこか小難しく見えたり、聴いていると眠たくなったりするかもしれません。私たちも、箏で演奏される古典曲を聴いていると眠気が…なんていうこともあります。 しかし、この曲かっこいい!弾きたい!と思える曲に出逢った瞬間には、言葉で表しがたい感動とワクワクがあること間違いなしです。箏の世界には、昔の偉人が作曲した古典曲だけでなく、リズムに乗って楽しく聴ける現代曲、誰でも知っているポップスまで、様々な曲があるのです。また、箏の楽譜は漢数字で書かれていて分かりやすく、初心者でもすぐに弾けるようになります。
 私たちは現在、男子1名、女子3名で活動しています。部員の大半が高校から箏を始めました。文化祭2日目のステージに向けて、大好きな曲を楽しく練習しています。箏に触れたことがないあなたも、ぜひ1度見学に来てみて下さい!

ページ先頭へ


  ギターマンドリン部

ギターマンドリン部 私たちギター・マンドリン部は、70回生9名、71回生15名の計24名で日々練習に励んでいます。部員の大半はマンドリン、ギター、コントラバスについて初心者でしたが、その美しい音色と部活動の雰囲気に惹かれて入部しました。
 昨年度は「たそがれコンサート」に出演したり、定期演奏会を開催したりと、とても充実した1年を過ごすことができました。7月の全国高等学校ギター・マンドリン音楽コンクールでは「狂詩曲『海』」を演奏し、しっかりと実力を発揮して、69回生の先輩との最後の演奏を満足のいくものにすることが出来たと思います。3年生が引退して初めてのコンクールとなる11月の兵庫県ギター・マンドリンフェスティバルでは「彷徨える霊」を演奏し、「連盟奨励賞」を獲得することができ、29年度全国高校ギター・マンドリン音楽コンクールへの出場権を得ました。
 これからも、音楽を楽しみながら、より美しい音色、より多彩な表現を目指し、聴く人を魅了する演奏ができるよう日々練習に取り組んでいきたいと思います。

ページ先頭へ


  写真部

 写真は日々を記録します。写真部では、日々の生活の中で写真を撮りためることをまずは大切にしています。そして、2週間に1度集まって自分の撮りためた写真のセレクトをしたり、それをコンテストに出せるように画像処理をしたり、プリント作業をしたりしています。また、数ヶ月に1度は、撮影会を実施しています。平成28年度も数回実施して、そこで互いをモデルにしたり、町並みや風景を撮影したりしています。今年はその撮影会で撮影した写真が秋のコンテストでは多く入選しました。また、体育大会などの学校行事では、腕章を着け、カメラ片手に歩きまわる写真部員が見られます。行事の写真を撮ることも写真部の大事な仕事です。そのようにして撮りためられた作品群からセレクトし、丁寧に処理した作品を、高文連のコンテストを中心に出品しています。
本年度は大きな賞をいくつかいただきました。特に秋のコンテストでは上村みきさんが兵庫県で最優秀賞を受賞し、来年度夏に宮城県・仙台で行われる全国総文に出品が決まっています。写真部の活動は部員の自主性によって支えられています。個性的な部員も多いですが、みんな優しく癒し系です。ぜひ、一緒に写真を撮りませんか。

ページ先頭へ


  ESS部

 私たちESS部は、現在20名の部員で、楽しく和気あいあいと活動を行っています。定例の活動日は毎週水曜日ですが、行事の前には他の日にも活動します。普段はLL教室で、ALTや顧問の先生方と英語で会話やゲームをしたり、洋画を鑑賞したりしています。4月の文化祭では、「白雪姫」をアレンジした英語劇を自作自演し、ムービーの形で上映しました。また従来通り、1年間のさまざまな活動をポスターで紹介もしました。夏休みには、2年生の東君が「第2回 兵庫グローバルリーダーキャンプ」(於:兵庫県立教育研修所)に参加しました。県下から集まった高2生との交流をはかりながら、All Englishの環境のもと、さまざまなワークショップやアクティビティを通して英語でのコミュニケーション力の向上に取り組みました。
 10/30には「第21回 ひめじ国際交流フェスティバル」にボランティアスタッフとして参加し、異文化交流を楽しみました。12/10の「小・高連携いきいき学習」では、今年もボランティアスタッフとして活躍しました。近隣の小学5~6年生を対象にした英語の授業の計画・準備から実施までを自分たちの手で行い、英語を通して小学生との交流を楽しむことができました。2/5に行われた第10回兵庫県高校生英語ディベートコンテストに、東君が他の4名の2年生とともに出場し、英語による白熱した議論をくりひろげました。
 この他、ALTの先生方が企画するHalloween Party やChristmas Partyなど、楽しい行事もたくさんあります。新入部員大歓迎なので、外国文化や英語に少しでも興味のある方、是非ESS部を覗いてみて下さい。

ページ先頭へ


  文芸部

 文芸部では「邂逅」をモットーに、文芸部誌「LEGION」によって読者のみなさんに多彩な「めぐりあい」をして頂こうと努力しながら、「LEGION」を発行しています。また、高文連主催のコンクールや、文学賞などにも応募しています。 これからも文芸部の歴史として、「LEGION」を制作していきますので、是非手に取って読んでみて下さい。

ページ先頭へ


  囲碁・将棋部

 平成28年度の囲碁将棋部は、3年生3人と2年生4人と1年生6人で、北館3階の理科探究室で練習しました。学校での主な活動内容は対局と検討中心ですが、部内の雰囲気はとても和やかです。大会はだいたい休日に行われ、年間10日程度です。
 文化祭では、囲碁や将棋の自由対局を行っています。腕に覚えのある方や興味のある方、ぜひ一度お越しください。 

ページ先頭へ


  生物部

 生物部では植物を育てたり、フィールドワークへ出かけたりと充実した活動を行っています。また、今年からは新しくウーパールーパーがやってきました。現在は、その飼育にも精を出しています。 少しでも興味を持った人、ウーパールーパーに癒されたい人は是非、見学に来てください。かわいいメダカも待っています。

ページ先頭へ


  競技かるた部

競技かるた部 私たち競技かるた部は、念願叶って、今年から部に昇格しました。現在の部員は、69回生3名、70回生5名、71回生8名で、顧問の日高先生、松浦先生のご指導のもと、仲良く楽しく活動しています。普段から試合形式での練習を行っていますが、今年は他校との練習試合を何度も行い着実に実力をつけてきました。
 7月に近江神宮他で行われた全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会に11名が参加し、入賞者を出しました。また、11月の県高総文祭に参加し、入賞者を出したほか、近畿高総文祭の県代表にも選ばれ参加しました。今年は近畿高総文祭が兵庫県での開催でしたので、その運営補助としても参加しました。全国大会にも多くの者が出場・入賞し、4名が初段、2名が2段を獲得しています。
 これからも、楽しいだけでなく、厳しい練習を行い、実力をつけていきたいと思います。競技かるたに少しでも興味のある人はぜひ百周年記念館2階の和室まで!!           

ページ先頭へ


 
 
〒670-0877 兵庫県姫路市北八代2-1-33 Tel:079-281-6621 Fax:079-281-6623
Copyright(C) Himeji Nishi Senior High School