みなみんの教え 〜偏差値20アップする魔法の習慣〜 
                                     (作なおみん
)        
毎週木曜更新

英語オールインワン勉強法

中間テストの結果が返ってきた。紗保里は240人中140番の成績表を眺めながら、実に微妙だと思った。

「みなみん。変なの。」

現われたみなみんに成績表を見せると、みなみんは「褒めもつっこみもできない、微妙な順位だみん。でも、英語がものすご〜く悪いみん。偏差値32なんて初めて見たみん。」と言った。

「そうねぇ。英語がよかったら100番以内に入ったのに・・。英語がすごく苦手なのよね。でも私、心を入れ替えてこれからがんばるわ。見て、『チャート式英語総合』と、『英単語DATA BASE3000』と、『英熟語必勝トレーニング』と、『楽しい英文法』と、『英作文基本300選』をそろえたの。これから毎日こつこつやるわ。」「そんなにあるの?ちょっと見せてみん。スマホ画面の右下のボタン押してみん。」

こんなボタンあったっけと思いながら紗保里がボタンを押すと、6cmくらいのみなみんが画面から立体になって出てきた。

「げっ!きも!」

「きもってなんだみん!こんなかわいいのに。」

「どうなってるの?」

R2D2がレイア姫のホノグラムを出すみたいなものだみん。実態はないみん。」紗保里は、みなみんをつかもうとして「スカッ」とすり抜ける感覚を試しながら、「レイア姫って誰だ?」と思っていた。

Dみなみんはひょいと机に飛び乗ると、並べてあった参考書をじっくりと見て歩いた。「いきなりこれを全部やるつもり?この校章をかけてもいいけど、さぼりちゃんは3日以内に投げ出すみん。」と頭の校章を指しながらみなみんが言うので、紗保里は「ほー。3日後にその黄色い頭から校章を思い切りひっぺがしてやろうか。」と心の中で毒づいた。

「英語の教科書見せてみん。」と言うので、「次はここからだけど。」と紗保里は「Chpter2 One day Reuben, my eldest son, came home with a puppy he got from his friend. The dog a female ,had only three legs:two fully developed hind legs and a deformed left front leg.」を開いて見せた。

「じゃあ、まずその英文を読んでみて。」紗保里がたどたどしく読むと、「次は、辞書を引いて訳してみん。」と言う。「英文書かなくていいの?」と言いながら苦労して日本語訳をノートに書くと「今度はその日本語訳を見ながら、英文を書いて、教科書と答え合わせをしてみん。」と言う。

「えー!そんなのできないよ。」

「さっき訳したばかりの英文だからできるはずだみん。」みなみんは机の上でくるりと回ると、「サタデーナイトフィーバー!」と言って右手を上げていつものポーズを決めた。「はぁ?今日は木曜だけど?フィーバーって何?」紗保里の疑問をよそに、みなみんは得意げに続ける。

「みなみんの教え7
『英語のオールインワン勉強法。使うのは教科書だけ。教科書を読んで、日本語に訳して、訳を見ながらもう一度英文に直して、教科書と答え合わせをする』
これをやると、英語を読む、訳す、英文を書く、文法を覚える、単語を覚える、熟語を覚えるが一気にできるみん。しかも安上がりで、定期考査もばっちり。教科書を完璧にすれば、みなみんの教え6で言ったように東大にも行ける。参考書や問題集もいいけど、まずはこれをやってみるみん。」

「ふーん。そうなんだ。Chpter2 の犬の話はおもしろそうだし、とりあえずやってみる。まあ、私は銀時朗(ぎんじろう)王子猫をこよなく愛する猫好きだけど。」

第7回