TOPICS & EVENTS 平成26年10月〜  
 このページは平成26年10月からの分です。
(過去の分は、トップページの更新履歴からご覧ください)


15.03.22〜15.04.01  ヴァッション・ハイスクール訪問





15.03.23  3学期終業式・表彰式など
学校長訓話 表彰式 退職される校長先生に、生徒会から
感謝の花束などが贈られ、拍手で
お見送りしました。





15.03.17  1学年バリアフリー体験学習会

1.実施日:3月17日(火)1〜4限
2.場所:体育館(高齢者疑似体験)、特別教室棟(アイマスク)、南館周辺(車椅子)
3.指導目標:アイマスクや車椅子・高齢者疑似体験などを体験して、障害者や高齢者への理解と
        共感を深め、バリアフリーについての意識を高めていく。
注意事項の説明 車椅子体験 アイマスク体験 高齢者擬似体験





15.03.06  防災避難訓練実施

 訓練の目的
  (1) 火災による避難訓練を行うことにより防災意識を高める。
  (2) 生徒は指示された避難順路に従って、所定の場所に安全に早く避難できるように訓練を行う。
  (3) 避難、防災の為の組織を点検し、実際にスム−ズに動くかどうかを確認する。






15.03.05  後期球技大会

 男子・・・バスケットボール・サッカー
 女子・・・キックベース・バスケットボール・ドッジボール






15.03.03  2学年 クリーンアップ作戦(地域貢献事業)

 2年生が約90分間、日頃お世話になっている周辺地域のゴミや空き缶拾い・落ち葉拾い等を
実施しました。
 大きな溝の中にゴミが落ちていて拾うのに苦労した班もありました。
 また、グランドの側溝に溜まっている大量のドロをすくい、一輪車などで運搬しました。

 A班:正門〜山陽天満駅周辺
 B班:正門〜JRはりま勝原駅周辺
 C班:正門〜西土井交差点〜マックスバリュー周辺
 D班:正門〜イオン南公園周辺
 E班:正門〜宮田ポンプ場前
 F班:正門〜小松交差点
 G班:学校周辺の溝・学校グランドの溝






15.02.26  3年生(64回生)の記念品贈呈式及び学校表彰

卒業生から学校へ
 ひな壇
PTAから卒業生へ
 印鑑
同窓会から卒業生へ
 CD付き卒業証書ホルダ
学校表彰
 皆勤賞
学校表彰
 ユーカリ賞
j受賞記念撮影
注:ユーカリ賞
  同窓会から部活動などで顕著な成績をあげた生徒に贈られる賞です





15.01.29  1学年 百人一首大会 (7時間目 於:体育館)
       毎年恒例の、1年生クラス対抗百人一首大会が実施されました。
       クラス表彰と個人表彰をかけて、白熱した戦いが繰りひろげられました。





15.01.18  地域合同防災訓練が本校グランドで実施されました。
         地域(五反長)・イオン大津店の方々と一緒に
         南高の生徒会も、各班に分かれて訓練に参加しました。
         訓練後、アルファ米と豚汁を試食しました。

消火訓練 AED講習 簡易担架訓練 アルファ米など試食





15.01.16  3学年センター試験 壮行会

受験上の諸注意 担任によるエール 健闘を誓い合いました





15.01.14  1学年 小論文指導 5時間目 (於:体育館)
        講師をお招きして、小論文指導をしていただきました。






15.01.08  3学期 始業式・表彰式

【表彰された部】
 男子バレーボール
 吹奏楽
学校長式辞 表彰式





15.01.08  空手道部 近畿大会の壮行会

【近畿大会】
1月24・25日
兵庫県立文化体育館
(神戸市長田区)
部員紹介&部長挨拶 学校長激励の言葉 生徒会長激励の言葉





14.12.24 2学期 終業式・表彰式など

【表彰された部】
 コーラス
 写真
 陸上
 空手道
 書道

男子バレー
女子バレー
野球
人権ポスター
読書感想文コンクール
学校長式辞 表彰式 表彰の詳細をみる





14.12.18  薬物乱用防止教室  4時間目  於:体育館
  テーマ:『薬物乱用の実態とその対策』
  講師 :姫路南少年サポートセンター 兵庫県警部補






14.11.27  1学年 職業人による講話会

目的 (1)健全な職業観の育成を図る。
(2)職業人の話を聞き、自己の将来像をイメージする。
(3)自己のキャリアプランへの意識を高め、意欲的に高校生活を過ごす。
内容 (1)現在の仕事を選んだ理由
(2)職業に必要な資質、資格
(3)高校時代にしておくべきこと
(4)仕事をする中での喜び、悩み、苦しみ・・・その他
  対象および受講方法
 第1学年の各生徒が、予め希望した2種類の講話を指定された時間帯に受講する。
  分野 企業名
 流通 (株)イオンリテール イオン姫路大津店
 製造業 三菱電機株式会社 姫路製作所
 研究・化学系 ヤヱガキ醗酵技術株式会社
 保育 社会福祉法人 勝原保育園
 消防 姫路市消防局 網干消防署
 建築 兵庫県建築士会姫路支部
 法律 兵庫県司法書士会姫路支部
 看護師 製鉄記念広畑病院
 福祉・医療系 医療法人社団 石橋内科 センチュリー病院
10  保険 ソニー生命保険(株) 姫路支社
11  金融 但陽信用金庫 勝原支店
12  物流 JFE物流株式会社
13  教育 姫路市立八幡小学校





14.11.20  2学年 人権LHR『留学生との交流会』

  目的:留学生と交流することにより、相手国と日本の文化・考え方の相違点、留学生活で特に
     困ったこと、外国人から見た日本の現状、外国語学習の楽しさ・難しさ等について話を聞く
     とともに意見交換を行い、異文化理解や多文化共生社会に対する視野・関心を高める。






14.11.13  芸術鑑賞会
        会 場: 姫路市文化センター 大ホール
        演目・出演者: シュガー・スタイル・スピリッツ アカペラコンサート






14.11.11  第87回選抜高等学校野球大会「21世紀枠」推薦校表彰式 (於:本校体育館)
       来賓
        毎日新聞社 神戸支局長
        兵庫県高等学校野球連盟 理事長、副理事長

毎日新聞社より
「21世紀枠」推薦校表彰
毎日新聞社
神戸支局長様より挨拶
県高野連
理事長様より激励の挨拶
学校長
挨拶と話 


【学校の歴史資料:本校の玄関に飾ってあります】

第40回1958年(昭和33)全国高等学校野球選手権に出場

甲子園に出場した姫路南の選手写真 兵庫大会優勝盾





14.10.30  2学年大学模擬講義

1.目  的 大学レベルの授業を受けることで、学びへの関心や進路意識を高める。
2.日  程 平成26年10月30日(木) 14:05〜15:55(講義は14:15〜15:25)
No. 開設講座 大学 テーマ
1 語学・文学系 甲南大学
 文学部
『映画「ライオン・キング」の英語表現
“A monkey’s uncle”とは何か』
2 法学系 関西大学
 法学部
『とっても身近な知的財産権
(携帯電話、アニメ、音楽から)』
3 経済・経営系 甲南大学
 経営学部
『誰もが知っている身近にある企業の
事例から学ぶ経営と戦略』
4 教員養成系 就実大学
 教育学部
『桃太郎像の変遷』
5 理学系 岡山大学
 環境理工学部
『生物の数の変化を数字で考える』
6 工学系T 兵庫県立大学
 工学部
『超電導技術』
7 工学系U 兵庫県立大学
 工学部
『電流の正体』
8 食物・栄養系 兵庫県立大学
 環境人間学部
『管理栄養士のお仕事と研究紹介』
9 看護系 関西福祉大学
 看護学部
『職業としての看護師とは』
10 医療系 神戸総合医療専門学校
『科学の力で多くの人の「いのち」を
支えている医療の仕事を体験しよう!』
11 保育・幼児教育系 神戸親和女子大学
 発達教育学部
『最近の保育・幼児教育について』
12 スポーツ系 びわこ成蹊スポーツ大学
 スポーツ学部
『スポーツキャリア』





14.10.23 人権教育啓発ビデオ鑑賞会 (7時間目)

 テーマ 『ほんとうの空』(兵庫県教育委員会作成)

 目的
 誤解や偏見に気づき人と深く向き合うこと、他者の気持ちを我がこととして思うこと。
 すべての人権課題を自分に関ることとしてとらえ、日常の行動につなげるように意識する。






14.10.21  地元自治会の秋祭り 『姫路南高校前』交差点を通過 【13時30分頃】






14.10.08  大津小学校から施設見学に来校

   2年生の児童60名と引率の保護者10名が、生活科「もっと 町を知りたいね」の学習で
  施設見学に来校されました。本校の教頭先生が、小さなお客様たちをご案内しました。





14.10.06  教育講演会 〜インスパイア・ハイスクール〜
        (南高版『ようこそ先輩』です)





14.9.30〜14.10.03
     9月30日(火)〜10月3日(金) 65回生修学旅行のページ 





14.10.02  第1学年進路講演会

  1 日 時 平成26年10月2日(木)7時間目 15時05分〜16時05分
  2 場 所 本校 体育館
  3 講 師 代々木ゼミナール
  4 対 象 第1学年の生徒及び保護者
  5 内 容 進路を見据えて
      (1)1年次からの学習の取組をいかにすべきか
      (2)文系・理系選択の判断をどのようにすればよいか
      (3)大学入試の仕組み
      (4)新教育課程に対する入試情報