終業式

 7月20日(金)、平成30年度第1学期の終業式が行われました。

終業式

■学校長 式辞
昨日、防災訓練を行いました。このように皆が、当り前のように1学期の終業式を無事に迎えられたことを改めて有り難いと思います。

1 1学期の振り返りについて
・1学期の終業式を迎えました。自分が思い描いていた学校生活が送れましたか。
・自分の成長は、自分では気がつくことは難しいですが、それを考えることが自分を見つめていることになり、大切なことです。一度見つめて下さい。

2 夏休みの生活について
・明日から夏休みです。補習や部活動等で学校に来る日は多いと思います。また3年生は進路を定めるために学校に来る日は更に多いと思いますが、自由になる時間が増えることは確かだと思います。
・この長期の休みは自分を試すことができる期間でもあると思います。「生活を律する期間」それとも「自由に自分勝手にできる期間」と思うか。どちらを選択するかは、自分自身の判断にかかっています。自分で決めて下さい。

3 自信をつける
・1学期にやってきた全てのことを思い出してみて下さい。言えることは「やればできる」ではなく「やればできた」「これまでは、やってなかっただけのこと」ということではないかと思います。自信を持って、何事にもチャレンジして下さい。
・そして、自分の隠れた力に気づいて下さい。

4 部活動の目立たない活躍
・昨日、表彰式や壮行会を行いました。ほとんどの生徒が何らかの部活動に取り組み頑張っています。
・その中でも、あまり目立たない新聞部を取り上げてみたいと思います。私は、新聞部が取材し発行している新聞が楽しみです。部員は、少ないかもしれませんが自分たちで現地に行きインタビューをして、文章としてその時の感激や表情を表しています。そして、その新聞を読めば本校の最近が解ります。
・近頃は、情報機器が発達しスマホやインターネットを常に使っている時代です。解らないことは打ち込めばすぐに解る。意外と楽な生活になってしまっている。そして、文章を書くということが苦手な時代になってきています。
・しかし、新聞部が発行している新聞を読むと、その先にある景色を見ることができます。素晴らしい表現力だなと感心しています。
・皆さんも是非この夏休み中でもいいですから、誰宛にでもなく手紙を書いてみて下さい。気持ちや景色を文章で表現することが、どれほど難しいか解ると思います。
・豊かな表現ができる人間になれる夏休みを過ごして下さい。

5 体調管理について
・自分の体は、自分でしか解らない。甘えるのではなく、無理なときにはしっかりと休むなどして下さい。また、この季節、食中毒にも気をつけて下さい。
・この度の西日本大水害など甚大な被害をもたらすような災害や事故等に巻き込まれない。災害を受けそうなときにも適切な対応ができる心構えを作って下さい。

 最後に、8月10日の全校登校日や9月3日の始業式には、自分の甘えた心に打ち勝ち、成長した元気な顔を見せて、「心身ともに明るく元気な学校」を共に目指して下さい。

 

 校歌斉唱時などにピアノ伴奏をしてくれていた生徒が3年生から2年生に交代し、それぞれの生徒の紹介がありました。
 
 

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111