離任式

 4月14日(金)、本校体育館で昨年度までお世話になった先生方の離任式が行われました。お一人お一人全校生徒に向けてお話をしていただいた後、生徒会長挨拶と応援団によるエールが贈られました。
■離任される先生方からの挨拶
伊藤教頭先生
 姫工のみなさんは本当に素晴らしいと思っています。胸を張って学校生活を送ってください。ものづくりというのはこれから着々と進化していきますし、技術もどんどん新しくなってくると思いますが、普遍的なものは変わらないと思います。しっかり技術を身に付けて社会に羽ばたいていってください。楽しい2年間でしたありがとうございました。
田中宏明先生
 10年間姫工でお世話になりました。私の座右の銘は「成功の反対は失敗ではなくて何もやらないことだ」です。なので失敗を恐れず、色々なことに挑戦してそれらの経験を大事にしようとやってきました。みなさんも少ない高校生活の中で色々な目標、夢を達成するためには日々頑張れる理由を見つけて実現させて欲しいと思います。
三輪先生
 みなさん、校歌をどんな気持ちで歌っていますか。校歌は10年20年たっても自分に元気をくれます。心を熱くさせてくれます。私は校歌を3つ持っています。最初に赴任した学校の校歌・姫路工業の校歌・そして母校の校歌です。今日は僕にとっての元気をくれた姫路工業の校歌を歌ってくれるというので、聞けるのを楽しみにしています。
樋口先生
 「ケセラセラ」という言葉をみんなに送りたいと思います。スペイン語で「明日は明日の風が吹く」という意味で、自分を見失わずに事実をしっかりと受け止めて進んでいこうという言葉なんです。
 みなさんはこの先一人一人違った人生を歩んで行きます。その中で悩んだり困ったりすると思いますがそんな時はこの言葉を思い出してください。
そして、この先色々あると思いますが、必ず幸せになってください。簡単そうで簡単ではない課題だと思います。諦めずに自分の選んだ道を進む努力をすればいつか幸せを感じる日がやってきます。ありがとうございました。
左納先生
 姫工の「あ(挨拶をしよう)・ひ(人の話を聴こう・る(ルールを守ろう)」を実践する必要性をよく考えてください。これからの長い人生の中で絶対大きな武器になります。そして自分が普通に生活出来ているのは当たり前ではないということ、とても幸せなことだと考えてみてください。毎日の生活に感謝して欲しいと思います。姫工の活躍、頑張りを精一杯応援したいと思います。
富浜先生
 色々な人との出会いを大切にして、日々疑問を持ちながら生活をして欲しいと思います。
 工業高校を卒業するみんながものづくりの世界に飛び込んで、いつか素晴らしい製品を作ってくれたらなと思っています。
 色んな物を吸収して、生かせる場面が出るまで頑張ってください。

下先生
 1年間ありがとうございました。私がこの学校に来てすごいと思ったのは、まず目標を立てて、それに対してしっかり計画をたてて改善をしながら達成できるまで努力を惜しまず生徒が取り組むというのが凄いなと感じました。これから色々なことが起こると思いますが、何に対しても努力を惜しまず全力で突き進んでいってほしいと思います。本当にありがとうございます。陰ながらみんなのことを応援しています。
田中良東先生
 みなさんに伝えたいことは先生方とたくさん会話をする力を付けていって欲しいということと、自分自身はもとより、友達や家族を大事に、命を大事にということを大切にして欲しいと思います。
 姫路工業で勉強させていただいたことに感謝しています。10年間本当にありがとうございました。
高見先生
 1年間お世話になりました。
 短い間でしたが、みんなから色々学んで楽しかったこと、悩んだことなどありましたがこれからの教員生活に生かして実践していこうと思います。
 本当にありがとうございました。
小谷先生
 15年間お世話になりました。非常に多くの生徒が全国レベルで活躍している学校だなという印象があります。こういった経験はなかなか他では出来ないのではないかと思います。私は「一つ一つの作業に根拠を持ちなさい」ということを常に言ってきました。手順通りに作業する際になぜその手順が必要なのか、分かっている人と分かっていない人では同じ時間を過ごしていても変わってきます。これは日々の様々な場面で言えることではないかと思います。みなさんがこれから色々な場面で一つ一つ根拠を持って行動して自分自身の成長に繋げていって欲しいと思います。
松隈先生
 私はこの学校が母校です。多くの優秀な後輩諸君に恵まれて大変嬉しく思っています。これから末永くこの姫路工業が健在で、兵庫県を代表する工業高校であることを切に願っています。後輩諸君、志は高く。思いは強く。絆は熱く深く持ちましょう。運命は自分自身の手でつかみ取る。そして心の眼を磨いて心の豊かな人生を歩むように努力してください。校訓である自律・創造・敬愛、そして校歌を胸に刻んでください。
西村邦生先生
 12年前にこちらに来たときに、出会った生徒全員が挨拶してくれました。挨拶だけはしっかり、伝統を引き継いでください。挨拶が自然に出来る君たちは素晴らしい強みを持っているということを覚えておいてください。そして資格を取ってください。資格を持つことで自分で勉強していく力が身についていくのです。これが身につけばどこの世界でも通用します。それだけ君たちは能力が高いのです。今やっていることは自分のためにやっていることなのだと早く気づいてこれからも頑張ってください。
吉田先生
 みなさんは他の学校から目標として見られている人たちです。君たちを追い越そうと頑張っている。学校の目標として、毎年毎年ステージを上げていって欲しいと思います。そして何事についても素直であって欲しいと思います。素直な態度でいれば、色々な人に構ってもらい、コミュニケーション能力が高くなると思います。ぜひこれらのことを実行に移して欲しいと思います。3年間ありがとうございました。
事務室 斉藤さん
 みなさんは3年間で色々な事を学んだと思います。登下校、自転車で移動する際には特に交通ルールはしっかりと守って欲しいと思います。みなさんは色々な勉強をして日本の中心になってもらいたい人たちばかりなので、元気な体で日本を支える人になって欲しいと思います。是非とも立派な大人になってください。ありがとうございました。
代表生徒挨拶(生徒会長)
 離任される先生方、今までたくさんのご指導をありがとうございました。
 先生方に教えていただけなくなるのは非常に残念ですが、先生方の思いを胸に先生方が誇りに思えるような姫路工業高校を作り上げます。どうか、離任されても私達のことをあたたかく見守っていてください。
 お世話になった先生方への花束贈呈と、応援団がエールを贈られ、全校生徒が作る花道を通って体育館から退場されました。
 離任される先生方、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。新しく着任される学校でも、先生方がご活躍されることを祈念しています。
 
 
 

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111