卒業式

 平成29年2月28日(火)第69回卒業証書授与式を挙行しました。各クラス担任の先生から呼名されると、それに応える生徒の大きな返事が体育館内に響きました。多くの先生方、後輩たち、保護者の皆様に見守られる中、263名の生徒が本校を卒業しました。

式次第
1 開式のことば
2 国歌斉唱
3 卒業証書授与
4 校長式辞
5 来賓祝辞
6 来賓紹介
7 祝電披露
8 在校生代表送辞
9 卒業生代表答辞
10 仰げば尊し斉唱
11 蛍の光斉唱
12 校歌斉唱
13 閉式のことば

■学校長式辞

 吹き渡る風にも春の気配が感じられる佳き日に、葆光会会長小林様をはじめ、多数のご来賓のご臨席を賜り、兵庫県立姫路工業高等学校第69回卒業証書授与式を挙行できますことは、卒業生はもとより教職員・生徒一同、誠に光栄であり心から感謝申し上げます。
 今日の良き日を迎えるにあたり、子どもたちを陰に日向にと支えていただきました保護者の皆様には、お喜びも一入のこととご拝察申しあげます。お子様のご卒業誠におめでとうございます。皆様のお子様は高校生活を経て、心身ともに大きく・逞しく成長致しました。この間、本校の教育活動のために多大なご支援とご協力を賜りましたこと、教職員を代表し改めて厚くお礼申しあげます。
 卒業証書を授与しました263名の皆さん、卒業おめでとう。
 今、皆さんの脳裏にはどんな思い出が巡っているでしょうか。青春のエネルギーを燃やしたクラブ活動のことでしょうか。それとも新しい知識、技術技能の習得や資格取得を目指し励んだ勉学のことでしょうか。あるいは団結と友情を深め合った体育大会や姫工祭、修学旅行、本校の歴史に新たな年輪を刻んだ創立80周年記念式典などの学校行事の事でしょうか。
 いずれにおいても皆さんは一所懸命に取り組みました。昨日執り行った表彰式でも皆勤賞65名、精勤賞76名、計卒業生の半数以上となる141名もの生徒が受賞しました。素晴らしい努力の一つの証だと思います。君たちの姿は「無言の教育」として後輩や教職員の心に響いていると確信しています。そして、君たち自身の素晴らしい思い出として残ることでしょう。
 その陰には、深い愛情を持って見守って下さった家族の方々や、先生方、友達など多くの人たちの励ましや支えがあったことを心に刻むとともに感謝を忘れないで下さい。
 これから皆さんを待ち受ける社会は、かつてないスピードで変化をしており、私たちの学びの礎でもある「ものづくり」の世界においても、産業構造の変化や多様な価値観、利益優先などにより「ものづくり」の大切さが薄れてしまう恐れがあるのではないかと懸念されています。このような時代こそ、不易と流行をしっかりと見極め、現状を打ち破る新しい叡智と若いエネルギーが必要とされます。それだけに、これからの産業社会を担うリーダーとなる皆さんの今後の活躍への期待が高まるのは当然のことだと思います。
 そのような社会に漕ぎ出す皆さんに次の話を贈ります。
 パナソニックの前身である松下電器の創始者、松下幸之助氏の「春が来た」に次のようなことが書かれています。「春が来た。夏が来て秋が来て、冬が来てまた春が来た。同じことの繰り返しのように見えるけれども、樹々は一回り大きくなった。人生には、日とともに高まりはあっても繰り返しはない。繰り返しと思ったとき、進歩への道を自ら閉ざす。繰り返しではないのである。」とあります。
 また、明治天皇がお詠みになった詩に「大空にそびえて見ゆる高嶺にも登ればのぼる道はありけり」という詩があります。ご存じのとおり、明治天皇は江戸時代の世の中から近代日本の足がかりを創生した天皇です。 “空に届きそうなほどの高い山であろうとも登ろうとする想いさえあれば、道は見つかるものだ”どんなに困難なこと、どんなに険しい道でもまずは一歩踏み出してみること、そして一歩一歩踏み出していけば、必ず道はあり、道は必ず開けてくるとお示しいただいているのだと思います。
 本校でいろいろな力を鍛錬してきた皆さん。自らの力を信じ、これからも一所懸命に歩み続けてください。そして、学ぶ心を忘れず、絶えず知性を磨き、社会のために力を尽くしてくれることを期待しています。
 最後となりましたが、皆さんにいつも言うように、「自分の身体は、自分にしか解りません。」健康に十分留意して、自分の人生を大切にして下さい。

 本日ご臨席を賜りました保護者の皆様、ご来賓の皆様、子どもたちは卒業を迎えましたが、まだまだ未熟です。これからもどうか温かいまなざしで見守っていただきますようお願い致します。さらに、引き続き本校に対しましても皆様方の多大なるご支援をお願いいたしまして式辞といたします。
 体育館での式典の後、各教室に戻って最後のホームルームがあり、担任の先生から一人ずつ卒業証書が授与されました。
 第69回生のみなさん、ご卒業本当におめでとうございます。これからは本校で学んだ3年間を胸に、それぞれの新しい場所でもご活躍されることを願っています。
戻る

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111