始業式

1月10日(火)平成28年度3学期始業式が行われました。

開会のことば

学校長式辞

校歌斉唱

閉会のことば

■学校長式辞

2017年・平成29年を迎え、おめでとうございます。 はじめにお礼とお願いです。 年末に体育館の窓ふきや掃除をしてくれたバドミントン部、ステージ上までワックスがけをしてくれたバレーボール部の皆さん有り難うございました。日頃使っているところを美しくすることは当たり前のことですが、お陰で清々しい新年を迎えることができました。 次に、1月4日に韓国の国際機能オリンピックで優勝した学生や指導教師の方々約50名が、本校を訪問してくれました。その時、お世話になった生徒諸君また先生方、有り難うございました。 生徒の実習などを見学し大変喜んで帰国されました。中でも、世界文化遺産の姫路城を臨みながら勉強できることを羨ましがっていました。 言葉は通じなくても関わっていただいた全ての人たちの目に見えない「思いやりの心」が通じたと思います。 次に、校歌斉唱についてです。2学期の終業式では、1番から4番まで元気な校歌斉唱でした。やはり君たちは、裏切らない。期待通りでした。これからも続けて下さい。

年頭に当たり3つのことを話します。
1 目標を持つこと
・新年を迎えましたが、皆さんは目標を持っているでしょうか。目標を持つことにより、思いもよらない力が発揮できます。
・私の目標は「大きな声で気持ちのこもった挨拶をする」ということです。「挨拶は誠の先手」といわれますが、気持ちのこもった挨拶は、する方もされる方も気持ちの良いものです。頑張って続けたいと思います。
・そして、何事にもチャレンジして下さい。何度も君たちに伝えてきたと思いますが、小説家のマーク・トウェインは「やったことは、例え失敗しても二十年後には笑い話にできる。しかし、やらなかったことは二十年後には後悔するだけだ」と言っています。まさにその通りだと思います。目標を持って、何事にもチャレンジして下さい。

2 健康に気をつけること
・学生として「勉強すること」「知識をつけること」は、「当たり前のこと」そして自分のために「当然やらなければならないこと」です。しかし、それを支えるためには「心身ともに元気」でなければできません。
・学校生活では、それを支えているものの一つに、部活動があります。運動部・文化部それぞれありますが、いずれも心を元気にするものです。
・部活動にも一生懸命に取り組み、心身を元気にして勉学に励んでください。

3 時間を大切にすること
・「うるう年」は聞くことがあると思います。4年に1回、オリンピック開催年にありますが、「うるう秒」はあまりなじみがありません。今年の1月1日にはその「うるう秒」がありました。
・普通午前8時59分59秒の次は9時00分00秒ですが、今年の1月1日には午前8時59分60秒がありました。
・「たかが1秒、されど1秒」で、今のデジタル時代にはさまざまな影響が出る恐れがあります。その影響をなくするために多くの機関で努力をされています。
・「たかが1秒、されど1秒」です。皆さんも1秒を大切にして下さい。

3点を話しましたが、全て当たり前、知っていることばかりです。しかし、知っているだけでは何の役にも立ちません。実行してこそ意味のあることです。 期待しています。 本年もよろしくお願いします。

戻る

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111