スケアード・ストレイト交通安全教室

HOME > 新着情報 > 平成28年度2学期>スケアード・ストレイト交通安全教室
 1学年を対象に自転車の交通安全指導を実施しました。兵庫県交通安全室の方や姫路警察署の方、そしてスケアード・ストレイト委託業者(株式会社ワーサル)の方々に講師として来校して頂きました。自転車の交通事故防止を図るため、スケアード・ストレイト(スタントマンを使った疑似交通事故により、交通ルールを遵守することの大切さを体感させる教育手法)等を実施し、交通安全意識を高める機会となりました。今回は午前中が雨だったため、241教室と体育館での実施となりました。体育館でのスケアード・ストレイトでは跳び箱を車と見立て、スピードが出ている自転車が自動車にぶつかった場合の危険性や、傘差し運転の危険性、見通しの悪い交差点や歩行者優先道路での危険性などをスタントマンの方が身をもって見せて下さいました。生徒は、もし自分がその自転車に乗っていたらということを考えながら真剣に見入っていました。
今回のお話は改めて交通安全を意識するたいへん良い機会となりました。事故に遭わないように注意して自転車に乗り、万が一事故に巻き込まれたり、近くで事故があった場合は110番、119番をするようにしましょう。指導して下さった講師の皆さん、本当にありがとうございました。
戻る
 

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111