平成28年度 入学式

HOME > 新着情報 > 平成28年度1学期> 平成28年度 入学式
 桜の残る4月8日(金)、平成28年度の入学式が挙行されました。担任の先生の先導で体育館に1年生が入場しました。国歌斉唱では、生徒伴奏のピアノに合わせて大きな声が体育館に響きました。
■式次第■
 開式のことば
 国歌斉唱
 入学許可
 入学生徒宣誓
 学校長式辞
 来賓祝辞
 来賓紹介
 祝電披露
 閉式のことば
 

■入学許可

入学生は緊張の入学式を迎えました。担任の先生から一人一人呼名され、そのたびに大きな返事が聞こえました。今年度の1年生256名が入学を許可されました。

■代表生徒宣誓
「私たち新入生256名は兵庫県立姫路工業高等学校の教育方針に従い、心身を鍛え勉学に励むことを誓います。」

■校長式辞

 新緑の中、純白に包まれたまばゆい白鷺城を仰ぎ見ながら、今日の佳き日に入学を許可されました

新入生の皆さんご入学おめでとうございます。また、保護者の皆様にはお子様のご入学を心からお喜び申しあげます。
 更に、式を挙行するにあたり、ご臨席を賜りました同窓会長小林様を始めご来賓の皆様には、ご多用の中お祝いに駆けつけていただき誠にありがとうございます。高い所からではございますが、厚くお礼申し上げます。
 さて、新入生の皆さん入学式を迎えられた今の心境はいかがでしょうか。中学校までの義務教育を終え、少し広い海原に一歩踏み入れました。本日より始まる高校生活に期待とともに、多少の不安も感じていることでしょうが、教職員や2・3年生の先輩とともに皆さんの入学を心から歓迎しています。「初心忘れるべからず」ということわざがありますが、今自分の心の中にある新鮮な気持ちを大切にして高校生活を過ごして下さい。
 本校は今年創立八十周年を迎えます。その記念すべき年に同窓会の方々のご尽力により本校西側に立派な正門が完成しました。本年11月には記念式典も盛大に開催される予定です。皆さんはこの記念すべき節目の年に入学されました。このことも大きな思い出となることでしょう。
 本校は、創立以来、工業の専門分野や資格取得、部活動等において優れた成果を挙げています。例えば、昨年高校生ものづくりコンテスト旋盤作業部門で日本一になるなど、それらの実績は、兵庫県内のみならず全国的にも注目を浴びている歴史と伝統のある工業高校で、全国に「姫路工業ここにあり」を実証してくれています。
 「自律・創造・敬愛」の校訓のもと「ものづくりを通した人づくり」を目指し「人づくりの教育」を通して社会を担う一員としての自覚を養っています。また、技術革新の進展に対応し、施設設備の充実を進め、地域とともに成長する地域に根ざした魅力ある工業高校づくりを推進しています。創立以来培われた「本校の教育精神」を礎に「基礎・基本の確実な定着」と「活用する力」を育成し、自ら学ぶ意欲と職業倫理を身につけ、3年後には希望する進路実現を果たし、社会の変化に柔軟に対応できる人材として本校を巣立っていくことを願っています。
 本校には、高校生活を送る上での基本スローガンとして「アヒル」を「マモレ」という言葉があります。「挨拶をしよう・人の話をしっかり聴こう・ルールを守ろう」「マナー・モラル・礼儀、礼節」に心がけ、守っていこうという精神を示しています。生徒たちはこれらの言葉を心に刻み、毎日の学習活動や部活動等に一生懸命に取り組んでいます。当たり前のことを当たり前にする。簡単なようで、なかなか難しいことです。新入生の皆さんも先輩を見習って「高い志と目標」「やる気」を持ち、お互いに仲良く励まし合い、友情の絆を深めて下さい。
 ここで皆さんに実行してほしいことを3つ述べます。
 1つ目は、健康に気をつけて今日から一緒に高校生活を送る友と語り合い、良き「絆」を作って下さい。人は多くの人と出会い成長していきます。お互いに感謝の気持ちを忘れずに親交を深めて下さい。
 2つ目は、誰とでも明るく元気に大きな声で挨拶をして下さい。「挨拶は誠の先手」と言われます。明るく大きな声で挨拶をすれば、お互いの心が和み、打ち解けることが出来ます。
 3つ目は、学習にしっかり取り組み、各学科の技術・技能をしっかりと身に付け、日本を支える工業人となることと、部活動に参加すること。何事も続けることは難しいものです。仲間や先輩たちと一緒に目標に向かって突っ走って下さい。今、このときにしかできない熱い思い出が一生残るはずです。
 この3つを心がけて、自分を信じ元気に生活して下さい。 未来を切り開くのはあなたたち自身です。ぜひ、この恵まれた環境を生かして、皆さんが気づいていない隠れた能力や才能を大きく開花させ、人生の基礎作りになる三年間にして下さい。
 そのためには、多くのことを体験することが大切だと思います。臆することなくさまざまなことにチャレンジして下さい。
 小説家マーク・トウェインは「やったことは、例え失敗しても二十年後には笑い話にできる。しかし、やらなかったことは二十年後には後悔するだけだ」と言っています。また、教育哲学者の森信三先生のことばに「ローソクは火を点けなければ、明るくならない。それと同様、志に火が点かなかったら、その人の持ち味は発揮できない」まさにその通りだと思います。
 保護者の皆様、私たち教職員一同はお子様の教育に全力で取り組んでまいります。学校と保護者との強い絆が、学校を支える大きな力となります。PTA活動などに積極的にご参加いただき学校を側面から支えていただけましたら幸いです。
 また、本日ご臨席を賜りましたご来賓の皆様、この新入生が過ごす姫路工業高校に対して今後ともご指導ご鞭撻、またご支援の程よろしくお願い申し上げます。
 最後に新入生の皆さん、高校生活で何か困ったことがあれば、何でも先生に相談してください。先生は常に君たちの応援団だということを忘れないでください。また「命は宝」という言葉がありますが、何よりも健康が大切です。病気やケガに気をつけて楽しく充実した高校生活を送って下さい。
平成28年4月8日
兵庫県立姫路工業高等学校長
三輪 智英

■来賓祝辞
(同窓会会長)
■来賓祝辞
(PTA会長)
■来賓紹介
教頭先生から来賓紹介、祝電が披露されました。応援団による校歌の紹介では、姫工新入生に校歌が披露されました。
■職員紹介 
学年団・各部長・各科長の紹介があり、閉式となりました。
 1年生はこの後、担任の先生とホームルームに入るために、退場しました。
 
 
 

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111