終業式

 12月24日(火)終業式を行いました。校長先生の式辞の後、校歌を斉唱しました。
学校長式辞
(※概略抜粋)

12月 師走は1年の締めくくりの月です。 一昨日、12月22日は、二十四節気の冬至。冬至を過ぎると、日は徐々に長くなるが、寒さはこれからが本番。インフルエンザ等にも注意し、体調面・健康面の維持管理をしっかりと。冬至の頃は、夏至の頃と比べて、日の出、日の入りの時刻が2時間以上も違う。(昼が一番短い)

今年も残り、1週間。 平成26年は、どんな一年だったでしょうか。
・1年生は、高校入試(受検)、高校生活のスタート、そして 9ヶ月経過(実力は、ついたか)(自信は、ついたか)
・3年生は、進路決定(就職・進学)に向けて(受検)現在進行中、高校生活 2年9ヶ月経過 (次のステージに行く覚悟)
・2年生は、「インターンシップ」や「修学旅行」といった高校生活における大きな行事を経験。(心・技・体の充実) 各学年、それぞれが大きな区切りの1年であった。

さて、 2学期 始業式 に伝えたこと。年度当初から言っていること。
①「安全・安心」・・・交通安全・学校安全・実習安全等
・交通安全:登下校の交通マナー(交通安全)、(ルールを守る)。
・ブログ、ネット犯罪、危険薬物等:安易な行動をとらない、犯罪に巻き込まれない。(身近に危険は潜んでいる)
・学校安全・実習安全:授業・部活動・行事等で、自身の安全確認、周りの安全確認、集中力、(気の緩みが大きな事故)
・天災、気象警報、防災:地震、火災、台風、落雷、大雨・洪水等  危機管理、危険予知、危険回避、身を守る行動。

②「進路実現」「学校生活・学習活動の充実」
・「基礎・基本の充実」(基礎学力をしっかりつける)、「専門性の深化」(専門教科・普通教科ともステップアップ)
資格取得、検定試験、コンクール・コンテスト(腕前を上げる)(自信をつける)
・学校行事・・・行事を通して、役割を通して、チ-ムワーク・積極性・意欲・感性等 が養われる。(リーダーとなる)

学校の教育目標、 育てるべく要素(資質・能力・心)
<校訓> 自律・創造・敬愛
・規範の確立と自己実現を図る 
・英知を磨き、創意・工夫に努める
・自他を尊び、慈しみの心を育てる
「心・技・体」・・・「確かな学力」、「豊かな心」、「健やかな体」
 「気力」を充実させ、「体力」を付け、「学力・創造力・考える力」を向上させる。
基本は、いつも言っている「ア・ヒ・ル」の精神
 学習環境を整えること。出会う人に気持ちの良い挨拶をする。しっかり勉強に取り組  む。文武両道。

・2学期の学習成績の報告があった。
 よく頑張っている人。 学習面・資格取得、コンクール・コンテスト等も粘り強く取り組み、成果をあげている。反面、成績不振・成績不調・科目を保持している人も目立つ。 良い面は、さらに伸ばし、不調な面は、必ず克服するように。  努力不足の者、懸命に努力せよ。手抜きは、絶対アカン。

*PTA会報 五彩の雲(ごしきのくも)
 <PTA進路広報部> 皆の頑張りが満載。部活動、資格取得、コンクール・コンテスト等や「地域との交流活動」、「本校の学校PR」に力を注いでくれた。成果を上げてくれている。校門前に6本の懸垂幕(全国大会出場) 地区、県、近畿、全国大会と上をめざしてステップアップ。

「目標と実行」、「成果と課題」
自分にとって、今年どうだったか。また、年度を締めくくる(12月)、1、2、3月でやりきること。今年を振り返り、多くの人との出会いを通して学んだこと、感銘を受けたこと。思いどおりにいったこと。いかなかったこと。 成功したこと、失敗したこと、失敗から学んだこと。 年度終了の3ヶ月の頑張りが大きな力の差となって出てくる。

本を読む 知識を得ること。考える力。創造する力。等々
・先日の 芸術鑑賞・・・日本の文化、古典芸能(狂言) もう少し調べよう、知識を増やそう
・今年の姫路市 全国から注目された。 国宝 姫路城の平成の大改修工事。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
興味を持つこと、何かを調べてみようと思うこと、本を読むこと。

「冬季休業中の生活について」をよく読んでおいてください。 
3学期始業式に全員が元気で登校できるように、生活面・体調面・交通安全等に、十分気をつけて、良い新年を迎えてください。

 生徒のみなさん、今日で2学期が終わりました。明日から15日間の冬休みが始まります。新年を迎えるにあたり、気持ちを新たにして新学期を迎えて下さい。3学期の始業式は、1月8日(木)です。
戻る

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111