職員カウンセリングマインド研修会が実施されました。

HOME > 新着情報 > 平成26年度1学期>職員カウンセリングマインド研修会が実施されました。
 5月22日(木)午後、姫路特別支援学校 安達セツ子先生によるカウンセリングマインド研修~発達障害を理解する~ が実施されました。高等学校における発達障害生徒の理解と支援という題目で100分間という短い時間の中でしたが、大変有益な研修となりました。
 支援のポイント10か条
①指示は簡潔に、はっきりと
②活動の見通しを示す
③課題は短く、こまめに評価
④最後まで取り組む経験を
⑤目標はわかりやすく掲示
⑥不要な刺激はできるだけ排除
⑦一つ一つ具体的に、粘り強く
⑧ヒントや手がかりを多用
⑨役割を持たせて存在価値(自尊感情高める)を
⑩どうすればよいかを伝える
 具体的でわかりやすい「言葉かけ」の例
     
・「何回言ったらわかるの?」
→「今は○○を練習するんだよね」
・「ちゃんと」「きちんと」
→「筆箱は右に置いて、教科書は机の中に片付けるよ」
・「休み時間なくなるよ」
→「あと5分で休み時間だからもう少しやろう」
  発達障害生徒への支援について、大学入試センター試験の受験特別措置の事例から始まり、多くの社会でなされている事例を具体的にわかりやすく説明していただきました。また、自閉症スペクトラム障害(ASD)、学習障害(LD)、注意欠陥/多動性障害(ADHD)について、具体的に該当生徒達は視覚としてどのように捉えているのかやどのように障害に対して向き合っているのか等を画像やビデオでわかりやすく説明をして頂き、よく理解できました。多くの周囲の人たちが正しく理解し、具体的な支援や対処が行えるようにするためにも、研修の機会を多く持ち、広く社会に正しい情報を広げていく必要性を強く感じました。
戻る
 
 
 

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111