ミニインターンシップ出発式

HOME > 新着情報 > 平成25年度3学期>ミニインターンシップ出発式
 1月22日(水)放課後、ミニインターンシップ出発式が行われました。1学年の生徒全員が1月23日(木)に、84社の企業に1日就業体験でお世話になります。出発式の後、学年の担当の先生から諸連絡がありました。
■教頭先生からのお話
 1日間、84社分かれてミニインターンシップに行きます。
 君たちはたった1日だけども就業体験をしに行きます。得ることはいっぱいあると思います。就業体験はなぜやるのか、自分が将来こういう仕事に就きたいと考えてもらうためです。自分の仕事は自分に課せられた使命かなといつか考える時期が来ます。将来のために、少しでも自分に合っている仕事かなと意識できるよう体験してきてください。
 1番大事なことは、感謝することです。感謝をする気持ちがあれば、自然と言葉や態度に出ます。今回の就業体験でそれを感じてください。企業の方々、学年の先生方のご協力のもと体験出来ること。また、企業に行っていろんなことを教えてくれる方々に感謝の気持ちを忘れないように。
 明日1日しっかりと、良い経験ができたなと言える日を過ごしてください。君たちは世界を支える期待を背負っています。どうかその期待に応える1日にしてください。

■生徒代表挨拶
 私たち生徒一同はこのミニインターンシップを通して、社会人と高校生の違い、社会の厳しさを学び、直接専門的な企業に関わることも多くあること、今後の就職先を決めるときに役に立てて行きたいと思います。
■学年主任のお話
 明日は校章、制服に誇りをもって臨んでください。1年生が84社の企業にお世話になれる学校は他に無いと思います。3年生が4月からお世話になる企業もたくさんあります。1日だけですが、実際の社会の現場でお世話になれる体験をさせてもらうということに感謝してください。それは、君たちの先輩たちが築き上げてきた成果の上に立っているのだと思います。心から感謝してもらいたいと思います。また、君たちは後輩として誇りを持っていってきてください。
 1年生に何ができるんだろうと思っている人がいるかもしれません。高校生活で当たり前にできないといけないこと、時間を守る・ルールを守る・挨拶をする。企業の方々が、1日君たちの就業体験を受け入れてくださるということは、きっと期待されているのではないかと思います。積極的な気持ちがあれば、質問したいことやアイデアも湧いてくる。エネルギーを持って臨んでほしい。君たちに今出来ることは、爽やかで元気な空気を持ち込むこと。君たちは企業の厳しさをしっかりと学んできてください。
 得るものばかりではいけない。明日の健闘を祈ります。
■インターンシップ担当の先生より
第一印象のこと。第一印象は非常に大事です。企業の方々は即戦力になるかもしれない子たちが就業体験にくるんだと期待して、就業体験の準備をしてくださっていると思います。企業の扉を入ったところから見られています。
日頃の生活態度が大事です。さりげなく毎日気をつけていることだと思います。企業の方は快いおもてなしの中で、厳しい目線で見てくださっていると思います。明日はそういうことを忘れずに第一印象から気をつけてください。
■副主任のお話
 ミニインターンシップの目標、安全ということ。まず交通安全。行くときや帰るときに無事に行ってもらわないと、良い体験になりません。気をつけて行ってきてください。そして、余裕を持って行動することです。もう一つ、各事業所の中での安全。企業の方々は君たちを受け入れるにあたって、君たちを無事に学校に返すことが大事だと思ってくれていると思います。
くれぐれも事業所の中での安全に気をつけてください。しっかりお世話になる先での話を聞いてください。勝手な行動をしない。ミニインターンシップは授業の一環です。君たちが明日家を出る瞬間から始まっています。しっかり学んできてください。マナーを守ってください。一つ一つを心がけた上で今回のミニインターンシップの目標を達成してください。
戻る

新着情報

MENU
お問い合せ
  • お問い合せは
    himeji-ths@hyogo-c.ed.jpまでお寄せ下さい。
  • 各種証明書は事務室まで電話でお問い合わせ下さい。
    TEL:079-284-0111